楠田祐の人事放送局

パーソナリティ:HRエグゼクティブコンソーシアム代表 楠田 祐
企画・制作:ProFuture株式会社/制作:Podcast Producer 田島 一希

Vol.2新入社員採用についての潮流

3/29
インターンシップの取組み
4/5
大学若年層からの生き方・学び方・働き方と企業セミナーの連携
4/12
日産自動車における取組み事例
4/19
理系人材採用についての取組み

今回の人事ゲスト

株式会社 経営人事パートナーズ
最高経営責任者(CEO)
(元日産自動車株式会社 日本タレントマネジメント部 担当部長)
山極 毅

1989年入社、機関(エンジン)設計部に配属。車両設計部等開発部門内の複数部署を経験後、2001年からV6エンジンの開発まとめを担当。フェアレディZ復活モデル、GTR用エンジンの初期設計等の開発に従事。2006年より企画部門の次席プログラムダイレクターに着任。セレナ、エクストレイル等の車両収益企画に従事。その後、2010年にグローバル本社人事本部に異動し、国内、海外の人員・労務費マネジメント、海外出向者企画、日本の人事制度・評価報酬制度の改定、春闘団体交渉、人事部門の経費予算策定等を担当。2015年度よりSWP(Strategic Workforce Planning)手法の開発と、採用プロセスの変革プロジェクトを担当。2016年4月より現職。

株式会社 商船三井
常務執行役員(人事部・総務部担当)
八嶋 浩一

1983年大学卒業後、大阪商船三井船舶株式会社(1998年に株式会社商船三井に社名変更)に入社、入社直後には経理部に配属。1986年に北米部トレードマネジメントチームへ異動し、2002年の12月まで、 約17年間に渡り関り、一貫して北米コンテナ船事業に携わる。その間、1992年〜1997年はMitsui OSK Line(America)Inc.で米国シカゴ駐在を経験。また、1998年以降は定航営業部北米グループ輸入課長として、特に輸入食品(冷凍/冷蔵品)や雑貨の輸送に関する営業で手腕を発揮する。 2003年青天の霹靂での異動で、人事部人事グループマネージャーに就き、その後は主として採用・人材育成・グローバル人事等を担当し、2011年に人事部長、2013年には執行役員(人事部担当)に就任し現在に至る。昨年度は、商船三井グループ世界全体を視野に入れた、人材の確保と育成に資する、社員一人ひとりの行動規範、MOL CHARTの発表と普及に尽力した。

キャリアカウンセラー 講師
北條 久美子

大学卒業後、ウェディング司会・研修講師を経て、2007年エイベックスグループホールディングス株式会社人事部にて教育担当に。2010年にキャリアカウンセラー・研修講師として独立。全国の企業や大学などで年間 約2,500人へビジネスマナーやコミュニケーション、キャリアの研修・セミナーを行う。一方でジュエリーブランドBRILLIANCE+を運営する株式会社キューの執行役員とともにネットラジオPodcastのパーソナリティ等も務める。

株式会社ワークス・ジャパン
代表取締役社長
清水 信一郎

1984年大学卒業後、文化放送ブレーンを経て、ウィルソン・ラーニング ワールドワイドへ入社。新卒採用、研修事業部門の執行役員。2010年、同社新卒採用支援部門のMBOを機にワークス・ジャパンを設立し代表取締役に就任。

外部の音声配信サービスで聴取する

アイコンをタップすると外部の音声配信サービスに移動します。

番組一覧

楠田 祐
HRエグゼクティブコンソーシアム 代表

NECなど東証一部エレクトロニクス関連企業3社の社員を経験した後にベンチャー企業社長を10年経験。中央大学大学院戦略経営研究科(ビジネススクール)客員教授を7年経験した後、2017年4月よりHRエグゼクティブコンソーシアム代表に就任。2009年より年間数百社の人事部門を訪問し続け、人事部門の役割と人事のキャリアについて研究。シンガーソングライターとしてもプロ活動している。
◇主な著書
「破壊と創造の人事」(出版:ディスカヴァー・トゥエンティワン)2011年は、Amazonのランキング会社経営部門4位(2011年6月21日)を獲得した。最新の著書は「内定力2017〜就活生が知っておきたい企業の『採用基準』」(出版:マイナビ)

※ 著作権・免責事項はこちらよりご覧ください
※ 本サービスご利用時のインターネット接続に必要な通信料、携帯電話のパケット通信料等はお客様のご負担になります