人・組織にかかわる調査報告『人材開発白書』なぜ組織の成果があがらないのか〜組織マネジメントに必要な2つの側面〜 | 採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 第3回HRテクノロジー大賞<締切2018.6.14>
人・組織にかかわる調査報告『人材開発白書』

なぜ組織の成果があがらないのか 〜組織マネジメントに必要な2つの側面〜

富士ゼロックス総合教育研究所 研究室長/首都大学東京 大学院ビジネススクール 非常勤講師 坂本 雅明
2018/05/15

事業成果を上げるために、どの企業も戦略を策定していることでしょう。しかし、戦略を策定するだけでは成果は上がりません。その戦略を実行することが欠かせません。現場のメンバーが実行してはじめてその果実を手にすることができるのです。その際にカギとなるものがミドルマネジャーです。ミドルマネジャーは、どうすればメンバーに戦略を実行させることができるのでしょうか。どのような組織マネジメントが必要なのでしょうか。国内企業27社、2,170 人への定量調査結果をもとに、成果志向の組織のマネジメント方法を説明します。

ケース1

奥本充は、オフィス向けの事務機器を扱う販売会社の営業マネジャーである。あるエリアを任されている支店長で、支店には4人の部下がいる。中道雄介、岸本満、中島恵子の3人は営業を担当している。いずれも20歳代後半から30歳代前半の、ちょうど油が乗っているころである。この3人に加えて、アシスタントの安田京子が奥本の部下である。

事務機器を売るのは第一線で戦っている部下である。そう考えている奥本は、部下に最大限の配慮をしている。部下が仕事で行き詰っているように感じたときには、自分の仕事を差し置いてでもすぐにかけより、一緒に解決策を考える。動機づけも忘れない。悩んでいる人がいたら食事に誘い、ポケットマネーでご馳走している。部下本人だけでなく、家族のことも気にかけている。奥さんの誕生日にはプレゼントを贈り、お子さんが病気になれば早退を勧め、仕事を肩代わりしてあげている。
こうした奥本に対し、部下は全幅の信頼を寄せている。誰もが“この上司のために頑張ろう”と思っており、自発的に色々なことに取り組んでいる。

これまでは何とか売上予算を達成してきたが、今年に入って状況が変わった。明らかに競合企業に負ける商談が増えてきたのである。こうした状況を察知した3人の営業担当は、自発的に行動を起こした。

中道は提案の質の向上に取り組んだ。事務機器には様々な種類があり、そしてあまり知られていないような機能もある。顧客企業の業務特性にあった機器を提案し、効果的な使い方をアドバイスすれば、競合他社に勝てると考えたからである。
岸本は訪問件数を増やす努力を始めた。シェアを奪回するためには、新規顧客や離反顧客へのアプローチが重要である。とにかく会わない限りは提案機会をもらえない。そう考えた岸本は、それまでの1.5倍の訪問件数目標を自らに課した。
中島は考えを大きく変えた。営業担当が3人しかいない中では、いくら頑張っても限界がある。プッシュ型からプル型に変えて、顧客から問い合わせが来るようにすべきだと考えた。そして、支店のホームページを刷新し、製品紹介だけでなく使い方の説明も加えた。投資が必要だったが、中島の熱意に押された奥本が本社にかけあい、最小限ではあるが確保してくれた。

しかし、売上は一向に回復しない。それどころか以前よりも悪化してきている。

中道は提案の質を向上するために頑張っている。その中道に対して、奥本もできる限りのアドバイスをしている。しかし、なかなか良いアイデアがでず、特に競合A社の提案内容の足元にも及ばない。聞くところによれば、A社は営業担当全員で提案検討会を開いており、成功事例やちょっとした勘所を共有しているらしい。
岸本も、朝から晩まで顧客訪問をしている。目標訪問件数に達しない場合は、飛び込み訪問も辞さなかった。どんなに岸本の帰社時間が遅くなったとしても、奥本は必ず待っており、その努力をねぎらった。しかし、どんなに岸本が頑張っても、競合B社のカバー率には及ばなかった。B社ではアポ取りと初回訪問だけをする契約社員を3人程度雇っているようである。
中島も、慣れない中でホームページでの情報発信を続けている。新製品情報のアップデートを怠らず、また“便利な使い方コーナー”を設けて、3日に1回の頻度で新しい情報を掲載している。ネタがなくなりそうなときもあるが、奥本のアドバイスもあって、これまで一度も飛ばしたことがない。しかし、競合C社のホームページに比べるとかなり見劣りする。見やすさや使いやすさの違いも歴然としている。また、C社では商品やその使い方を動画で紹介しており、SEO(検索で上位表示させる)の取り組みも進めている。支店横断のホームページ担当部門が力を発揮しているらしい。

手を抜いている部下は一人もいない。それどころか、他の支店よりもはるかに努力している。それなのに支店の成果があがらないのは、何がいけないのか。

プロフィール

富士ゼロックス総合教育研究所 研究室長/首都大学東京 大学院ビジネススクール 非常勤講師 坂本 雅明

1969生まれ。1992年にNEC入社。NEC総研を経て2006年より現職。戦略策定・実行プロセスの研究に従事。また、戦略策定の研修・コンサルティング、戦略策定合宿の企画・ファシリテーションを担当。一部上場企業の顧問として中計策定や新事業開発、子会社の経営支援にも携わる。首都大学東京では社会人学生向けに戦略策定コースを担当。一橋大学大学院修了(MBA)、東京工業大学大学院博士後期過程修了(博士(技術経営))。
主要著書に『戦略の実行とミドルのマネジメント』(同文舘出版、2015)、『事業戦略策定ガイドブック:理論と事例で学ぶ戦略策定の技術』(同文舘出版、2016)
富士ゼロックス総合教育研究所『人材開発白書』

関連リンク

  • 特別読み切り

    ハラスメント防止の鍵は思いやり

    総務省の「労働力調査年報」によると、2016年の労働力人口は6,648万人。これに、翌2017年の厚労省による「将来推計人口」の結果を交えて勘案すると、2065年には2016年時点より、労働力人口が、約4割減少する見通しだ。
    労働市場が衰退していく中で、今後必要とされるのは、女性の活躍や、病気や介護者を抱えていても働ける就業環境であろう。多様な人々が、多様な働き方で、幸せに生きていける社会を目指す中、最近、巷で話題となっている、パワハラ・セクハラ事件。こうしたハラスメントは、多様性、生産性はおろか、仕事にも人生にも、何一ついいことはない。その防止対策は、日本社会において重大なテーマである。

  • 人材育成コラム-プロが教えるコツとポイント-

    働き方改革の担い手でもある「管理職」を「成果を出せるリーダー」へ

    明確なビジョンをもってリーダーシップを発揮し、個人ではなく組織として成果を出すことができる人材が管理職のあるべき姿。分かってはいても、なかなか思い通りの人材を確保できないのが実情です。今回は、組織の成果を担う管理職の育成に役立つ「管理職研修」についてご紹介します。

  • 94歳現役人事コンサルタント、梅島みよが行く

    第9回 日本企業の「女子教育」に失望、米国企業視察旅行を企画

    女性講師の有能な働きぶりを見て、機を見るに敏な社長が「ウメさん、女性講師をもっと増員しよう」と言い、早速、募集を始めました。女性教育コンサルタントは、会社での勤務経験や、社会人としての十分な良識が必要です。若過ぎても不相応なので、対象年齢は28歳以上としました。すると思いがけず素晴らしい人達から数多くの応募があり、その中からまず4名を採用し、講師として教育しました。

  • 人材育成コラム-プロが教えるコツとポイント-

    新入社員育成の在り方を考える

    当社では毎年約1,000社のクライアント企業に新入社員研修を提供し、受講者である新入社員にアンケートにご協力いただいています。今回は、新入社員4,000名のアンケート結果から浮かび上がる傾向と対策についてご紹介します。

  • 働き方改革 実現への切り札とは? 〜インセンティブ制度がもたらす企業と社員のWin-Winの関係〜

    第5回 インセンティブ導入のポイント(その1)

    前回は、改めて裁量労働制の意義を問うと同時に、その導入や賞与の調整などで、インセンティブの原資を確保する方法を会社側の視点で記述した。無論、会社側の視点だけでインセンティブを導入しても、それで社員の満足が得られるかどうかは、また別の話である。社員のモチベーションを向上させるには、どれだけ成果をあげればどれだけの報酬が得られるかを、明確に公表することが大前提となる。
    もちろん、公表されたものが魅力的な内容でなければ、社員のモチベーションは逆に下がってしまうリスクも発生する。社員側から見た魅力的というのは、目標値に対する達成度に応じた支給額を公表する「支給テーブル」に記載されるインセンティブの支給額に他ならないが、会社側は予算との兼ね合いで十分に検討する必要がある。これには、支給額導入前の給与体系がどのようなものであったかも考慮する必要があるが、おおむね次のように考えるのがいいだろう。

  • 94歳現役人事コンサルタント、梅島みよが行く

    第8回 株式会社マネジメント・サービス・センター創立

    山口で順調に「一人教育コンサルタント業」をしていたある日、米軍時代の友人が「東京で一緒にコンサルタントの会社を創ろう」と誘いの電話を掛けてきました。その頃思いがけず、夫には本社へ転勤の話があったので、私は迷わず彼らと一緒に会社の創立に加わると決めました。