PR

今求められる「健康経営」最前線。
働く職場環境改善と喫煙対策の現状

Vol.02

健康経営への積極的な取り組みは
組織と働く人の意識を変える
喫煙問題を解決した企業事例

東京都で受動喫煙防止条例が可決・成立し、内閣府では「受動喫煙防止対策強化検討チーム」が立ち上げられるなど、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて受動喫煙防止に関する動きが活発化している。また昨今では、従業員の健康管理に投資することで組織の活性化や生産性の向上を図る「健康経営」の観点から、企業内でも受動喫煙防止が熱心に語られるようになってきている。
そのような中、フィリップ モリス ジャパン合同会社は禁煙・分煙といったよくある対策から一歩進んだ「ハームリダクション」という考え方を推進している。今回は結果的にハームリダクションを取り入れる形につながった「株式会社電通国際情報サービス」と「株式会社ティーガイア」が行った喫煙対策を通して、健康経営における取り組みの最前線をお伝えする。

健康経営と職場環境の改善に寄与する方策
“ハームリダクション”という新たな考え方

ハームリダクションとは「健康に害のある行動習慣をただちにやめることができないとき、その害を可能な限り低減させるための施策を実践する」こと。喫煙に関していえば、煙による人体への害が懸念される“紙巻たばこ”から、人体への影響が少ない可能性があると科学的に裏付けされた“加熱式たばこ”に切替えることがハームリダクションとして注目されている。

この、たばこのハームリダクションについて積極的に情報発信をおこなっているのがフィリップ モリス ジャパン合同会社(PMJ)。同社の加熱式たばこの各種試験データをはじめ、紙巻たばこの喫煙を続けた場合と比べて健康リスクが低減する可能性を示す第三者機関による科学的研究結果を公表している。

PMJ 広報・企業喫煙対策推進本部の設楽国彦氏「たばこの葉を高温で燃焼させる紙巻たばこは、その煙の中に発がん性物質などが多く含まれています。一方、火を使わず燃焼を伴わない加熱式たばこは、煙が出ず、発生する蒸気に含まれる有害性成分の量は紙巻たばこの煙に含まれるそのものと比べて大幅に低減されます。発生する蒸気が屋内の空気環境に悪影響を与えないことや、周囲の非喫煙者に対して、ニコチンやたばこ特異的ニトロソアミンの曝露量が増加するわけではないことも検証し、そのデータを紹介しています」
そう語るのはPMJ 広報・企業喫煙対策推進本部の設楽国彦氏だ。

健康に懸念がある場合、禁煙することが一番良いことであるが、それでも吸い続ける喫煙者に対して、禁煙を無理強いすることなく喫煙者自身が抱える健康リスクを低減させる。また、非喫煙者がたばこに抱く不快感も低減する。ハームリダクションは、働く人の健康と働きやすい環境づくりの両方に直結する取り組みとして、注目度を高めているのである。
今回、オフィスの喫煙環境対策に成功した企業の中から「株式会社電通国際情報サービス」および「株式会社ティーガイア」の事例を、設楽氏に紹介していただこう。

事例1:株式会社電通国際情報サービスの取り組みオフィス改装から喫煙問題に取り組み、ハームリダクションを果たす

株式会社電通国際情報サービス

企業情報
設立:1975年12月
従業員数:2,716名(2017年12月末)
事業内容:コンサルティングサービス、受託システム開発、ソフトウェア製品の販売/サポート(自社開発および国内外ベンダーのソフトウェア)、アウトソーシング・運用保守サービス、情報機器販売 ほか

株式会社電通国際情報サービス(ISID)は、コンサルティング、受託システムの開発、ソフトウェア製品の販売とサポート、アウトソーシングといったサービスを提供するほか、その社名からもわかる通り、電通グループのITソリューション事業において牽引役を果たす立場にある。インターネットはもちろんパソコンすら一般的に普及していない1975年に設立された、システム・インテグレーターの先駆けといえる企業だ。

2017年、ISIDに設置された「ワークスタイルイノベーション室」では、中堅社員が中心となって働き方改革について議論し、さまざまな施策を実践している。そこで議題として取り上げられたのが、喫煙に関する社内環境の実態だった。

この後、株式会社電通国際情報サービスの具体的な取り組みと効果について話が続きます。もう1社の株式会社ティーガイアの事例と合わせて、喫煙対策の成功例をご確認いただけます。喫煙対策に課題をお持ちなら、記事をダウンロードして続きをご覧ください。

資料をダウンロード
PROFILE
設楽 国彦 氏

設楽 国彦 氏フィリップ モリス ジャパン
合同会社
広報・企業喫煙対策推進本部 本部長

フィリップ モリス ジャパン合同会社に入社後、事業開発の要職を経て現職。企業内の喫煙環境の課題解決サポートに取り組んでいる。