なぜ、あなたの組織では重要な戦略が実行できないのか?
組織の実行力を高める「4つの規律」
トピックス
日本企業に求められているのは、
実行サイクルのスピードを上げ
適材適所で勝てる組織をつくること
株式会社people first 代表取締役/株式会社ICMG 取締役 八木 洋介氏
フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社 取締役副社長 竹村 富士徳氏
詳しくはこちら
【組織づくりとリーダー育成を、スピード感を
持って推進する】
〜やらなくていいことをやめ、未来をつくる仕事に取り組む〜
株式会社アスクレップ 代表取締役社長 矢作 友一 氏 ほか
詳しくはこちら
「実行の4つの規律」導入企業実績(抜粋)
事例ダウンロード
・株式会社ノーリツ
・アトラスコプコ株式会社
・日本オラクル株式会社
・太陽油脂株式会社
・日清紡ブレーキ株式会社
・シーメンス・ヘルスケア株式会社
・セイケムアジア株式会社
・Ivoclar Vivadent株式会社
・株式会社三好不動産
・株式会社宅都ホールディングス
 他
・Marriott Hotel
・Dell Computer Corporation
・Nucor Corporation
・Verizon Wireless Incorporated
・Verizon Communications Inc
・ASURION
・TYCO ELECTRONICS
・ASTRAZENECA
・Eli Lilly & Company
・Boeing Company        
・TRIUMPH GROUP
・VOLVO TRUCKS
・ENDRESS & HAUSER
・COX COMMUNICATIONS
・SHIRE PHARMACEUTICAL
・GBW SERVICES
・Comcast Cable
・WEGMANS
・MOOREHEAD COMMUNICATIONS
・SOUTHWIRE COMPANY
 他
導入企業結果レポート
「xQ」とは、組織の実行力を測る指標
「xQ サーベイ」は、下記の6つの原則に分類して分析を行い、組織における実行力を測定することによって、その組織の課題を顕在化させることができるツールです。

[6つの原則]
原則1:明確さ
原則2:コミットメント
原則3:行動に落とし込む
原則4:成果を上げる環境整備
原則5:相乗効果
原則6:アカウンタビリティ
白書ダウンロード
3分で「組織の実行力」を診断
今まで判断することが難しかった、個人・組織における行動力の実態
(戦略を実行に移す上で、組織内にある壁)を「実行指数」として定量的に
数値で捉えることが可能です。
診断してみる
戦略を実行できる自走式組織への変革
“竜巻”の中にあっても一人ひとりが効果的、効率的に重要戦略の実行を果たせるようになるには?
現実的な実行は、個々人の行動変容にかかっています。 組織・チームの重要戦略を策定し、目標達成へ向けたメンバーのコミット メントとアカウンタビリティを高めながら、確実に実行していくための 原則が、“実行の4つの規律”です。
導入事例:“公益社”
最重要目標に「満足・感動指数の向上」を掲げた公益社。
半年間の取組みで最重要目標だけでなく、
チームワークやクレーム件数削減、従業員満足度向上にも
大きな成果をもたらしました。
第1の規律
最重要目標にフォーカスする
できる限り少ない数の目標(1-2個)を選択し、具体的なフィニッシュライン(いつまでに、どんなことからどんなことまで)を設定します。
第2の規律
先行指標に基づいて行動する
最重要目標に向けて、もっとも効果が大きい先行指標を策定します。「3kgやせる」ではなく、
「1日2km歩く」といった毎日・毎週の行動を、実行することが結果につながります。
第3の規律
スコアボードをつける
スコアをつけるとプレーが変わります。最重要目標に取り組むためのスコアボードを作成し、
目標達成に向けた意欲を引き出します。
第4の規律
アカウンタビリティのリズムを生み出す
定期的に実績を報告し、スコアを動かす計画をたてる循環的なプロセスを定着させます。
詳しくはこちら
Facebook
セミナーのご案内
竹村富士徳
竹村富士徳
フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社取締役副社長、国立大学法人筑波大学 客員教授
フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)にて28歳の最年少で取締役に就任。米国本社との折衝はじめ、日本国内における同社事業の再構築の指揮を執り、2000年取締役副社長に就任。
2001年までに日本法人での利益率を大幅に改善し、インターナショナル部門でトップレベルの業績達成に貢献した。著書は『タイム・マネジメント4.0 ― ソーシャル時代の時間管理術』、『実行の4つの規律』など。
  • 11/5(火)

    東京都

    ■女性活躍推進におけるジレンマ■ 企業の取り組みの多くは、制度や仕組みの改革など「外側」からのアプローチ。 しかし… 女性社員を取りまく外部環境を改善しても、女性社員自身の思いや意識が変わらなければ活かしきれません。 実績に繋げるためには、まず女性社員自身の働き方に対する意識転換からスタートする必要があります。 ■「ビジョナリー・ウーマン」とは■ 女性の自立マインドを・・・・

  • 11/11(月)

    東京都

    ■目的・課題■ 「学生」から「社会人」ではなく、「組織人」への意識変革を目指す ビジネスにおける組織には、お客様、パートナー、地域・社会、株主など利害関係者と呼ばれる方々が深く関わっています。私たち組織の存在価値は、そういった利害関係者の「期待・ニーズ」に応えて「成果」を出すことで初めて生じます。 フランクリン・コヴィーでは、同じ社会人でも組織の一員としての役割と責任を自覚し、「プロフェ・・・・

  • 11/11(月)

    東京都

    ※通常2-3日間のコースを2時間にまとめた、人事様・役員様向けの説明会となります。 ■目的・課題■ <組織変革は個々人の行動変容から始まる> 技術革新やグローバル化、価値観・ニーズの多様化など、企業を取り巻く環境は急激に変化しています。個人やチームの成功はもとより、組織が継続的に成果を出していくことがますます困難な時代にあり、とりわけ「組織変革」を経営課題の最重要テーマに掲げる企・・・・

  • 11/11(月)

    東京都

    ■目的・課題■ <多くの業務がプロジェクト化している> 本プログラムでは、『プロジェクト』を次のように定義しています。「独自のサービス・製品・成果を生み出す為に行われる開始と終了のある一時的な取り組み」。例えば、営業目標の達成。Softwareの開発。コスト削減目標の達成。採用活動。つまり、ほとんどの業務の仕事が『プロジェクト』化していると言えます。そして、各プロジェクトには、それらをまと・・・・

  • 11/13(水)

    東京都

    なぜ、多くの組織は重要な戦略を「実行」できないのでしょうか。 結果を出し続けるためにリーダーが影響を与えられるものは、基本的に2つしかありません。 それは「戦略を立てること」、そして「立てた戦略を実行すること」です。 ビジネススクールや専門書等で「戦略」に関して学ぶ機会は比較的多いかと思いますが、「実行」について体系的に学ぶ機会は少ないのではないでしょうか。 戦略と実行は切っても切・・・・

  • 12/5(木)

    東京都

    ■目的・課題■ 「学生」から「社会人」ではなく、「組織人」への意識変革を目指す ビジネスにおける組織には、お客様、パートナー、地域・社会、株主など利害関係者と呼ばれる方々が深く関わっています。私たち組織の存在価値は、そういった利害関係者の「期待・ニーズ」に応えて「成果」を出すことで初めて生じます。 フランクリン・コヴィーでは、同じ社会人でも組織の一員としての役割と責任を自覚し、「プロフェ・・・・

  • 12/5(木)

    東京都

    ※通常2-3日間のコースを2時間にまとめた、人事様・役員様向けの説明会となります。 ■目的・課題■ <組織変革は個々人の行動変容から始まる> 技術革新やグローバル化、価値観・ニーズの多様化など、企業を取り巻く環境は急激に変化しています。個人やチームの成功はもとより、組織が継続的に成果を出していくことがますます困難な時代にあり、とりわけ「組織変革」を経営課題の最重要テーマに掲げる企・・・・

  • 12/12(木)

    東京都

    なぜ、多くの組織は重要な戦略を「実行」できないのでしょうか。 結果を出し続けるためにリーダーが影響を与えられるものは、基本的に2つしかありません。 それは「戦略を立てること」、そして「立てた戦略を実行すること」です。 ビジネススクールや専門書等で「戦略」に関して学ぶ機会は比較的多いかと思いますが、「実行」について体系的に学ぶ機会は少ないのではないでしょうか。 戦略と実行は切っても切・・・・

  • 12/17(火)

    東京都

    ■デジタル革命は私たちの「生産性」に革命をもたらしたのか■ 私たちを取り巻く環境は大きく変化しました。情報技術の急速な発展で、どこでも誰とでもコンタクトが取れるようになり、多くの知識や情報にも容易にアクセスができるようになりました。それは、かつては想像もつかなかった成果を創出できる可能性が高まったことを意味します。普通に考えれば、「生産性がはるかに向上した時代」のはずです。 しかしなが・・・・