戦略実行力で組織を変える -「実行の4つの規律」(4Dx)は、予測不可能な環境変化に左右されない強い組織を作り上げ、社員の行動変容を促します。
「実行の4つの規律」(4Dx)はこのような課題を抱える組織におすすめです
  • POINT01

    組織構造と文化の両面から“組織の根幹”を整えたい

  • POINT02

    目標や戦略を立てる人とそれを実行する人が異なり、意識や責任感のレベルに差が生じている

  • POINT03

    設定した目標が高すぎて諦めてしまい、「達成できなくて当たり前」の姿勢で臨んでいる

  • POINT04

    戦略を立てたものの内容がはっきりせず、目標もメンバーへの期待も元から明確でない

  • POINT05

    日々の多忙な業務や目先の成果に追われ、本来の目標やあらかじめ立てた戦略を見失う

  • POINT06

    戦略を立てたが実行の途中で状況が変わってしまい、その変化に対応できなくなる

これら組織が抱える課題を解決するのが、「実行の4つの規律」(4Dx)です!
「実行の4つの規律」(4Dx)が提供する価値
第1の規律
最重要目標に
フォーカスする

できる限り少ない数の目標(1-2個)を選択し、具体的なフィニッシュライン(いつまでに、どんなことからどんなことまで)を設定します。

第2の規律
先行指標に
基づいて行動する

最重要目標に向けて、もっとも効果が大きい先行指標を策定します。「3kgやせる」ではなく、「1日2km歩く」といった毎日・毎週の行動を、実行することが結果につながります。

第3の規律
スコアボードを
つける

スコアをつけるとプレーが変わります。最重要目標に取り組むためのスコアボードを作成し、目標達成に向けた意欲を引き出します。

第4の規律
アカウンタビリティの
リズムを生み出す

定期的に実績を報告し、スコアを動かす計画をたてる循環的なプロセスを定着させます。

組織・チームが遂行すべき重要戦略を明確に捉え、フォーカスし、実行するための「4つのルール」を示した「実行の4つの規律」(4Dx)プログラム。
私たちは、これら4つの規律を組織・チームに導入し、掲げた目標を達成するために、半年間に渡り継続的に取り組むコンサルティング形式で提供しています。
プログラムは、フランクリン・コヴィーのコンサルタントが介入し、エグゼクティブやマネージャーとともに最重要目標の策定から、それらを推進するためのリーダーの育成まで行います。
また、チームメンバーにも「実行」文化を根付かせていき、組織の抱える課題を解決に導きます。

「実行の4つの規律」(4Dx)の実績
創業から20年以上、多くのクライアント様をご支援してきた実績導入企業は全世界で3000社以上
創業から20年以上、
多くのクライアント様を
ご支援してきた実績
導入企業は全世界で3000社以上

企業の人材開発、組織開発を20年以上にわたり支援してきた私たちが提供している「戦略実行ソリューション、“実行の4つの規律”」。すでに全世界3000社以上に導入され、生産性向上、顧客満足度・従業員満足度向上等の卓越した成果を上げ続けています。

私たちのサービスは大手・有名企業中心に、多くのお客様に導入されております。
(以下抜粋)

国内

  • ・NEC
  • ・パナソニック株式会社
  • ・日本オラクル株式会社
  • ・シーメンス・ヘルスケア株式会社
  • ・西松建設株式会社

国外

  • ・Marriott Hotel
  • ・Dell Computer Corporation
  • ・ASTRAZENECA
  • ・TRIUMPH GROUP
  • ・VOLVO TRUCKS

導入事例
公益社

最重要目標に「満足・感動指数の向上」を掲げた公益社。半年間の取組みで最重要目標だけでなく、チームワークやクレーム件数削減、従業員満足度向上にも大きな成果をもたらしました。

株式会社マルハン

人財育成においても極めて高いレベルを提供するため策定した「マルハンイズム」をより一層、浸透・ビジネス成果につなげるため、「実行の4つの規律」を導入したマルハン。顧客満足度・従業員満足度の向上に大きな成果をもたらしました。

お役立ち情報

インタビュー

講演録・調査データ

その他、サービスに関するお役立ち資料は
こちらからダウンロードしてご活用ください。
資料一覧はこちら
  • 11/10(水)

    東京都

    なぜ、多くの組織は重要な戦略を「実行」できないのでしょうか。 結果を出し続けるためにリーダーが影響を与えられるものは、基本的に2つしかありません。 それは「戦略を立てること」、そして「立てた戦略を実行すること」です。 ビジネススクールや専門書等で「戦略」に関して学ぶ機会は比較的多いかと思いますが、「実行」について体系的に学ぶ機会は少ないのではないでしょうか。 戦略と実行は切っても切・・・・

  • 11/10(水)

    人事部門には、単純なオペレーションの効率化にとどまらない高度化が求められつつあり、人材育成、働きがいの醸成、生産性の向上など、持続的な強い企業を実現するための本質的な課題に応えていく必要に迫られています。 昨年8月にHR総研が実施した「人事の課題とキャリアに関する調査」によると「次世代リーダー育成」が現在、そして将来的な最重要課題となっており、 ・バブル採用層が定年に近くなっていく中で、次・・・・

  • 11/11(木)

    東京都

    【人事・役員様必見!!】 「7つの習慣(R)」「信頼構築」「リーダーのための4つの本質的な役割」のエッセンスを盛り込み、 若手リーダーを育成するためのプロセス・ラーニングをご用意しました。 戦略的に設計されたプロセスと、インプットとアウトプットの繰り返しにより、3ヵ月後に参加者のリーダーとしてのマインドセットと行動変容を実現します。 【このプログラムの特徴】 プロセス・ラーニング・・・・

  • 11/11(木)

    東京都

    <こんな課題をお持ちの人材育成担当の方にお勧め> ● 将来の幹部候補を会社としてうまく育成できていない ● 座学の研修だけではなく、アクションプランに落とし込める実践的なプログラムを幹部候補に対して提供していきたい ● 管理職になる前からリーダーシップを発揮できる人材を増やしたい ● ビジョンを語り、チームを鼓舞するリーダーを増やしたい <セミナー内容> ● リーダーシップに必要な・・・・

  • 11/11(木)

    <こんな課題をお持ちの人材育成担当の方にお勧め> ● 研修後の行動変容へとつながらない単発的な教育体系から脱却する必要がある。 ● 毎年同じ研修をルーティーンのように導入しているだけで、本質的な人材開発の課題に向き合えていない。 ● 社員の育成状態を定性的・定量的に分析していきたい。 ● ビジネス上の課題を具体的なトレーニングプロセスへと転換していきたい。 <セミナー内容> ・・・・

  • 11/18(木)

    ◆こんな課題をお持ちの人事担当者様にお勧め◆ ● 過去のやり方や成功体験に固執せず、イノベーティブな見方や発想ができる人材が必要。 ● 指示待ちではなく、自ら考えて働く主体的な人材が必要。 ● グローバル人材として海外でもリーダーシップを発揮できる人材が必要。 ● 次世代のリーダーとしての土台を身につけさせたい対象層がいる ● 形骸化しがちな企業理念やビジョンを全社的に浸透させたい。・・・・

  • 11/18(木)

    【次のような課題はありませんか?】 ●「ダイバーシティ」の施策に取り組んでいるが、目に見える成果に結びついていない ●「女性は〇〇するべき」「部下は〇〇であるべき」といった偏見を社内から減らそうとしているが、管理職層の固定観念が強く、思うように事を進められていない ●従業員のモチベーション、エンゲージメントが低下している ●社内のハラスメントやコンプライアンスを問われそうな言動が組織と・・・・

  • 11/18(木)

    VUCA時代、多くの企業では今後中長期に渡ってビジネスを牽引するための戦略案を策定/実行されている最中かと思います。 一方で、働き方が変化し続ける世の中にあって、人と人とのつながりが薄くなり、改めて「帰属意識」や「理念の浸透」など、企業カルチャーの見直しをされている企業様からのお問い合わせが急増しております。 フランクリン・コヴィーでは「企業カルチャー」を、 「人々に共通して見られる・・・・

  • 11/26(金)

    昨今のリーダーの悩みの1つ、それが「評価」です。 リモートワークを取り入れる企業も増え、部下の仕事ぶりが見えずに困っている上司や、 正しく評価されるか不安な部下。 このような問題はなぜ起こるのでしょうか。それは、“業績評価制度が機能していない”からなのです。 「MBO」「OKR」「KPI」など、様々な業績評価制度があります。 OKRだからうまくいく。 MBOだからうまくいかない。 ・・・・

  • 12/8(水)

    東京都

    【人事・役員様必見!!】 多くの管理職が直面している問題・課題を掘り下げながら、個人の潜在能力を最大限に引き出し、 チーム・組織が継続的に結果を出す為に必要とされるリーダーのマインドとスキルをフレームワークにまとめてご紹介します。 【このプログラムの特徴】 フランクリン・コヴィーでは、2 年以上かけて、組織や企業がリーダーに現在と将来にわたって何を求めているかを調べました。・・・・

  • 12/8(水)

    東京都

    【人事・役員様必見!!】 経営にインパクトを与える!リーダーが実践する信頼構築アプローチ 【このプログラムの特徴】 もし組織において「信頼」がもたらす経済的インパクトを可視化することができたらいかがでしょうか。 自分自身を取り巻く身近な人間関係のみならず、組織の中で、はたまた市場や社会における「信頼」を可視化することで具体的な問題解決を図ることができたらどんな効果が得られる・・・・

  • 12/9(木)

    東京都

    なぜ、多くの組織は重要な戦略を「実行」できないのでしょうか。 結果を出し続けるためにリーダーが影響を与えられるものは、基本的に2つしかありません。 それは「戦略を立てること」、そして「立てた戦略を実行すること」です。 ビジネススクールや専門書等で「戦略」に関して学ぶ機会は比較的多いかと思いますが、「実行」について体系的に学ぶ機会は少ないのではないでしょうか。 戦略と実行は切っても切・・・・

  • 12/9(木)

    人事部門には、単純なオペレーションの効率化にとどまらない高度化が求められつつあり、人材育成、働きがいの醸成、生産性の向上など、持続的な強い企業を実現するための本質的な課題に応えていく必要に迫られています。 昨年8月にHR総研が実施した「人事の課題とキャリアに関する調査」によると「次世代リーダー育成」が現在、そして将来的な最重要課題となっており、 ・バブル採用層が定年に近くなっていく中で、次・・・・

  • 12/15(水)

    VUCA時代、多くの企業では今後中長期に渡ってビジネスを牽引するための戦略案を策定/実行されている最中かと思います。 一方で、働き方が変化し続ける世の中にあって、人と人とのつながりが薄くなり、改めて「帰属意識」や「理念の浸透」など、企業カルチャーの見直しをされている企業様からのお問い合わせが急増しております。 フランクリン・コヴィーでは「企業カルチャー」を、 「人々に共通して見られる・・・・

  • 12/23(木)

    昨今のリーダーの悩みの1つ、それが「評価」です。 リモートワークを取り入れる企業も増え、部下の仕事ぶりが見えずに困っている上司や、 正しく評価されるか不安な部下。 このような問題はなぜ起こるのでしょうか。それは、“業績評価制度が機能していない”からなのです。 「MBO」「OKR」「KPI」など、様々な業績評価制度があります。 OKRだからうまくいく。 MBOだからうまくいかない。 ・・・・

  • 1/26(水)

    東京都

    <こんな課題をお持ちの人材育成担当の方にお勧め> ● 将来の幹部候補を会社としてうまく育成できていない ● 座学の研修だけではなく、アクションプランに落とし込める実践的なプログラムを幹部候補に対して提供していきたい ● 管理職になる前からリーダーシップを発揮できる人材を増やしたい ● ビジョンを語り、チームを鼓舞するリーダーを増やしたい <セミナー内容> ● リーダーシップに必要な・・・・

  • 2/2(水)

    【次のような課題はありませんか?】 ●「ダイバーシティ」の施策に取り組んでいるが、目に見える成果に結びついていない ●「女性は〇〇するべき」「部下は〇〇であるべき」といった偏見を社内から減らそうとしているが、管理職層の固定観念が強く、思うように事を進められていない ●従業員のモチベーション、エンゲージメントが低下している ●社内のハラスメントやコンプライアンスを問われそうな言動が組織と・・・・

  • 2/2(水)

    VUCA時代、多くの企業では今後中長期に渡ってビジネスを牽引するための戦略案を策定/実行されている最中かと思います。 一方で、働き方が変化し続ける世の中にあって、人と人とのつながりが薄くなり、改めて「帰属意識」や「理念の浸透」など、企業カルチャーの見直しをされている企業様からのお問い合わせが急増しております。 フランクリン・コヴィーでは「企業カルチャー」を、 「人々に共通して見られる・・・・

  • 2/16(水)

    東京都

    【人事・役員様必見!!】 多くの管理職が直面している問題・課題を掘り下げながら、個人の潜在能力を最大限に引き出し、 チーム・組織が継続的に結果を出す為に必要とされるリーダーのマインドとスキルをフレームワークにまとめてご紹介します。 【このプログラムの特徴】 フランクリン・コヴィーでは、2 年以上かけて、組織や企業がリーダーに現在と将来にわたって何を求めているかを調べました。・・・・

  • 2/16(水)

    東京都

    【人事・役員様必見!!】 経営にインパクトを与える!リーダーが実践する信頼構築アプローチ 【このプログラムの特徴】 もし組織において「信頼」がもたらす経済的インパクトを可視化することができたらいかがでしょうか。 自分自身を取り巻く身近な人間関係のみならず、組織の中で、はたまた市場や社会における「信頼」を可視化することで具体的な問題解決を図ることができたらどんな効果が得られる・・・・

  • 3/3(木)

    【次のような課題はありませんか?】 ●「ダイバーシティ」の施策に取り組んでいるが、目に見える成果に結びついていない ●「女性は〇〇するべき」「部下は〇〇であるべき」といった偏見を社内から減らそうとしているが、管理職層の固定観念が強く、思うように事を進められていない ●従業員のモチベーション、エンゲージメントが低下している ●社内のハラスメントやコンプライアンスを問われそうな言動が組織と・・・・

  • 3/9(水)

    東京都

    <こんな課題をお持ちの人材育成担当の方にお勧め> ● 将来の幹部候補を会社としてうまく育成できていない ● 座学の研修だけではなく、アクションプランに落とし込める実践的なプログラムを幹部候補に対して提供していきたい ● 管理職になる前からリーダーシップを発揮できる人材を増やしたい ● ビジョンを語り、チームを鼓舞するリーダーを増やしたい <セミナー内容> ● リーダーシップに必要な・・・・

  • 3/9(水)

    VUCA時代、多くの企業では今後中長期に渡ってビジネスを牽引するための戦略案を策定/実行されている最中かと思います。 一方で、働き方が変化し続ける世の中にあって、人と人とのつながりが薄くなり、改めて「帰属意識」や「理念の浸透」など、企業カルチャーの見直しをされている企業様からのお問い合わせが急増しております。 フランクリン・コヴィーでは「企業カルチャー」を、 「人々に共通して見られる・・・・