戦略実行力で組織を変える -「実行の4つの規律」(4Dx)は、予測不可能な環境変化に左右されない強い組織を作り上げ、社員の行動変容を促します。
「実行の4つの規律」(4Dx)はこのような課題を抱える組織におすすめです
  • POINT01

    組織構造と文化の両面から“組織の根幹”を整えたい

  • POINT02

    目標や戦略を立てる人とそれを実行する人が異なり、意識や責任感のレベルに差が生じている

  • POINT03

    設定した目標が高すぎて諦めてしまい、「達成できなくて当たり前」の姿勢で臨んでいる

  • POINT04

    戦略を立てたものの内容がはっきりせず、目標もメンバーへの期待も元から明確でない

  • POINT05

    日々の多忙な業務や目先の成果に追われ、本来の目標やあらかじめ立てた戦略を見失う

  • POINT06

    戦略を立てたが実行の途中で状況が変わってしまい、その変化に対応できなくなる

これら組織が抱える課題を解決するのが、「実行の4つの規律」(4Dx)です!
「実行の4つの規律」(4Dx)が提供する価値
第1の規律
最重要目標に
フォーカスする

できる限り少ない数の目標(1-2個)を選択し、具体的なフィニッシュライン(いつまでに、どんなことからどんなことまで)を設定します。

第2の規律
先行指標に
基づいて行動する

最重要目標に向けて、もっとも効果が大きい先行指標を策定します。「3kgやせる」ではなく、「1日2km歩く」といった毎日・毎週の行動を、実行することが結果につながります。

第3の規律
スコアボードを
つける

スコアをつけるとプレーが変わります。最重要目標に取り組むためのスコアボードを作成し、目標達成に向けた意欲を引き出します。

第4の規律
アカウンタビリティの
リズムを生み出す

定期的に実績を報告し、スコアを動かす計画をたてる循環的なプロセスを定着させます。

組織・チームが遂行すべき重要戦略を明確に捉え、フォーカスし、実行するための「4つのルール」を示した「実行の4つの規律」(4Dx)プログラム。
私たちは、これら4つの規律を組織・チームに導入し、掲げた目標を達成するために、半年間に渡り継続的に取り組むコンサルティング形式で提供しています。
プログラムは、フランクリン・コヴィーのコンサルタントが介入し、エグゼクティブやマネージャーとともに最重要目標の策定から、それらを推進するためのリーダーの育成まで行います。
また、チームメンバーにも「実行」文化を根付かせていき、組織の抱える課題を解決に導きます。

「実行の4つの規律」(4Dx)の実績
創業から20年以上、多くのクライアント様をご支援してきた実績導入企業は全世界で3000社以上
創業から20年以上、
多くのクライアント様を
ご支援してきた実績
導入企業は全世界で3000社以上

企業の人材開発、組織開発を20年以上にわたり支援してきた私たちが提供している「戦略実行ソリューション、“実行の4つの規律”」。すでに全世界3000社以上に導入され、生産性向上、顧客満足度・従業員満足度向上等の卓越した成果を上げ続けています。

私たちのサービスは大手・有名企業中心に、多くのお客様に導入されております。
(以下抜粋)

国内

  • ・NEC
  • ・パナソニック株式会社
  • ・日本オラクル株式会社
  • ・シーメンス・ヘルスケア株式会社
  • ・西松建設株式会社

国外

  • ・Marriott Hotel
  • ・Dell Computer Corporation
  • ・ASTRAZENECA
  • ・TRIUMPH GROUP
  • ・VOLVO TRUCKS

導入事例
公益社

最重要目標に「満足・感動指数の向上」を掲げた公益社。半年間の取組みで最重要目標だけでなく、チームワークやクレーム件数削減、従業員満足度向上にも大きな成果をもたらしました。

株式会社マルハン

人財育成においても極めて高いレベルを提供するため策定した「マルハンイズム」をより一層、浸透・ビジネス成果につなげるため、「実行の4つの規律」を導入したマルハン。顧客満足度・従業員満足度の向上に大きな成果をもたらしました。

お役立ち情報

インタビュー

講演録・調査データ

その他、サービスに関するお役立ち資料は
こちらからダウンロードしてご活用ください。
資料一覧はこちら
  • 7/5(火)

    VUCA時代、多くの企業では今後中長期に渡ってビジネスを牽引するための戦略案を策定/実行されている最中かと思います。 一方で、働き方が変化し続ける世の中にあって、人と人とのつながりが薄くなり、改めて「帰属意識」や「理念の浸透」など、企業カルチャーの見直しをされている企業様からのお問い合わせが急増しております。 フランクリン・コヴィーでは「企業カルチャー」を、 「人々に共通して見られる・・・・

  • 7/5(火)

    <このような課題をお持ちの人材育成担当の方にお勧め> ● 新任のリーダーたちが自己流リーダーシップやマネジメントに走りがちで、部門によって成果や育成に差が見られる。 ● 組織として1on1を根付かせたいが、なかなか定着しない。 ● メンバーに仕事をデリゲーションできず、プレイングマネージャーに徹してしまう。 ● 個人としては優秀だが、チームをまとめて率いる力が弱い。 ● 心理的安全性が低・・・・

  • 7/6(水)

    なぜ、多くの組織は重要な戦略を「実行」できないのでしょうか。 結果を出し続けるためにリーダーが影響を与えられるものは、基本的に2つしかありません。 それは「戦略を立てること」、そして「立てた戦略を実行すること」です。 ビジネススクールや専門書等で「戦略」に関して学ぶ機会は比較的多いかと思いますが、「実行」について体系的に学ぶ機会は少ないのではないでしょうか。 戦略と実行は切っても切・・・・

  • 7/19(火)

    <こんな課題をお持ちの人材育成担当の方にお勧め> ● 期初に目標は立てるが、確認をするのは中間レビューの時やその直前に見返して帳尻合わせになっている ● 「やったらいいと思っていることが、なかなか実施されない」という言葉を現場からよく聞く ● トップダウンで目標が降りてくるけど、抽象的なメッセージにとどまってしまうため、行動に繋がらない。 ● 評価基準が成果ではなく、「遅い時間まで頑張・・・・

  • 7/21(木)

    <このような課題をお持ちの人材育成担当におすすめ> ● 心理的安全性の高いチームをつくるリーダーを育成したい ● テレワーク下でも高い信頼関係に基づいたチームを築き上げて欲しい ● コロナ禍とその先を思い描いたビジョン構築力を身に付けさせたい ● 管理型マネージメントではなく、部下の潜在能力を引き出すコーチング力を身に着けて欲しい。 ● リーダーシップ教育を目に見えるビジネスインパク・・・・

  • 7/21(木)

    <こんな課題をお持ちの人事担当者様にお勧め> ● リモート下でも社員間の結びつきを強固にしたい ● 組織におけるコミュニケーションを改善し、離職率や生産性を改善したい ● 組織全体のエンゲージメントレベルを高めたい ● 「ついていきたい」と思われるリーダーシップ育成を実現したい <セミナー概要> 危険/恐怖/リスクを伴う/苦痛/充実感がない/生産的でない/やる気が失せる/イ・・・・

  • 8/4(木)

    なぜ、多くの組織は重要な戦略を「実行」できないのでしょうか。 結果を出し続けるためにリーダーが影響を与えられるものは、基本的に2つしかありません。 それは「戦略を立てること」、そして「立てた戦略を実行すること」です。 ビジネススクールや専門書等で「戦略」に関して学ぶ機会は比較的多いかと思いますが、「実行」について体系的に学ぶ機会は少ないのではないでしょうか。 戦略と実行は切っても切・・・・

  • 8/17(水)

    <このような課題をお持ちの人材育成担当におすすめ> ● 心理的安全性の高いチームをつくるリーダーを育成したい ● テレワーク下でも高い信頼関係に基づいたチームを築き上げて欲しい ● コロナ禍とその先を思い描いたビジョン構築力を身に付けさせたい ● 管理型マネージメントではなく、部下の潜在能力を引き出すコーチング力を身に着けて欲しい。 ● リーダーシップ教育を目に見えるビジネスインパク・・・・

  • 9/6(火)

    なぜ、多くの組織は重要な戦略を「実行」できないのでしょうか。 結果を出し続けるためにリーダーが影響を与えられるものは、基本的に2つしかありません。 それは「戦略を立てること」、そして「立てた戦略を実行すること」です。 ビジネススクールや専門書等で「戦略」に関して学ぶ機会は比較的多いかと思いますが、「実行」について体系的に学ぶ機会は少ないのではないでしょうか。 戦略と実行は切っても切・・・・

  • 9/7(水)

    <こんな課題をお持ちの人事担当者様にお勧め> ● リモート下でも社員間の結びつきを強固にしたい ● 組織におけるコミュニケーションを改善し、離職率や生産性を改善したい ● 組織全体のエンゲージメントレベルを高めたい ● 「ついていきたい」と思われるリーダーシップ育成を実現したい <セミナー概要> 危険/恐怖/リスクを伴う/苦痛/充実感がない/生産的でない/やる気が失せる/イ・・・・

  • 9/14(水)

    VUCA時代、多くの企業では今後中長期に渡ってビジネスを牽引するための戦略案を策定/実行されている最中かと思います。 一方で、働き方が変化し続ける世の中にあって、人と人とのつながりが薄くなり、改めて「帰属意識」や「理念の浸透」など、企業カルチャーの見直しをされている企業様からのお問い合わせが急増しております。 フランクリン・コヴィーでは「企業カルチャー」を、 「人々に共通して見られる・・・・

  • 10/5(水)

    <このような課題をお持ちの人材育成担当におすすめ> ● 心理的安全性の高いチームをつくるリーダーを育成したい ● テレワーク下でも高い信頼関係に基づいたチームを築き上げて欲しい ● コロナ禍とその先を思い描いたビジョン構築力を身に付けさせたい ● 管理型マネージメントではなく、部下の潜在能力を引き出すコーチング力を身に着けて欲しい。 ● リーダーシップ教育を目に見えるビジネスインパク・・・・