職域接種(職場接種)[読み]しょくいきせっしゅ(しょくばせっしゅ)

「職域接種」とは、新型コロナウイルスのワクチン接種を、企業や大学において、職域(学校等を含む)単位で行うことで、「職場接種」とも呼ばれます。

これは、接種の加速化を図ることを目的としたもので、令和3年6月21日より開始されました。自治体による接種に影響を与えないよう、接種会場や医療従事者、スタッフは、企業や大学などの団体が自ら確保することが条件となっています。

実施を希望する場合、厚生労働省の「職域接種会場申請サイト」から申請が必要です。また、申請には1,000人以上×2回(2,000回以上)の接種体制が目安となっており、「企業単独実施」「中小企業が商工会議所等を通じて共同実施」「下請け企業、取引先を対象に含めて実施」「大学等が学生も対象に含める」などの形態で実施が可能です。

このキーワードに関するサービス情報