お問い合わせ
組織のライフイベントを変革のきっかけに 周年、新ビジョン/中期経営計画発表など組織にも人と同じように様々なライフイベントがあります。この場を、ただのイベントではなく組織変革の‘きっかけ’にしませんか。リンクイベントプロデュースが「モチベーションエンジニアリング」のノウハウを結集し、従業員エンゲージメントを醸成する変革ストーリーを企画・提案いたします。
  • 組織のライフイベントがなぜ組織変革に有効か
  • イベントフォーカスマネジメント
  • 組織変革事例
  • 開催中のセミナー

組織のライフイベントがなぜ組織変革に有効か

企業を取り巻く市場の変化

「商品市場」の変化

  • 商品市場の短サイクル化
  • 競争優位のソフト化

競争優位の源泉が「ビジネスモデル」から
「HRマネジメント」へと変化

労働市場で選ばれる
「重要度」が高まっている

「労働市場」の変化

  • 年功序列・終身雇用の崩壊
  • 人材の流動化
  • モチベーションの多様化

選ばれる
「風土づくり」が求められる

労働市場で選ばれる
「難易度」が高まっている

企業は変化を求められている!

でも、企業=組織は変わりたくてもなかなか変わりにくい

なかなか変われない要因「4つのバイアス」

  • 01現状維持
    バイアス

    環境が変わっても
    以前と同じやり方をしてしまう

  • 02近視眼
    バイアス

    長期的な目標ではなく
    目先の目標を優先してしまう

  • 03同調性
    バイアス

    周りの人がやっていることは
    自分も同じくやってしまう

  • 04参照点
    バイアス

    成果の低い他者と比べて
    自分は大丈夫だと思ってしまう

これらのバイアスが組織の中に
「変われない理由=言い訳」を生み出してしまう

イメージ:言い訳する社員

組織は、変わる「きっかけ」がなければ現状が維持されていくもの

「きっかけ」となり得る組織の「ライフイベント」を活用し、
従業員エンゲージメントの向上、組織変革を実現しませんか?

変化を生み出す力が組織のライフイベントにはあります!

「組織のライフイベントをきっかけにした支援」に
ご興味をお持ちいただきましたらお気軽に資料をご請求ください。

資料請求はこちら

イベントフォーカスマネジメント

組織のライフイベントを
変革のきっかけとして活用し続けることが重要

組織変革を成功させるにはライフイベント単発(点)ではなく、
変革のストーリー(線)を描き実行することが大切です。

陥りがちなパターン

一時的に組織成果が高まったとしても、組織の拡大に伴い、機能分化を進め複雑性が増し、生産性が下がっていきます。

望ましい状態

組織成果を最大化し、組織がレベルアップし続けるためには、ライフイベントで高めた熱を冷めさせず持続させるよう、一貫したストーリーを描き、実行することが大切です。

「変革のストーリーを描き、実行し続ける組織のライフイベントって具体的に何があるの?」
と思ったら、お気軽に資料をご請求ください。

詳細は資料をダウンロード

組織変革事例

  • シェアリングイベント

    決算の共有だけではなく、会社の理念やビジョン、新年度の方針を共有し、社員の気持ちを束ねます。

    佐竹食品株式会社・株式会社U&S様(総合食料品スーパーマーケット)

    ‘日本一楽しいスーパー’を目指し、企業理念である「ありがとう」のさらなる浸透とメンバーの一体感醸成を年次総会で実現しました。その効果は、取引先から「何をしたのですか?」と聞かれるほど、社員一人ひとりの行動が変わったのです。イベントを戦略的に活用し、社員のモチベーションアップにより売上も順調に向上しています。

    詳細は資料をダウンロード
  • 周年記念

    「これまで」を振り返り、「これから」の未来に向け、「いま・ここ」を節目として、DNAの継承、長期ビジョン実現に向けた変革推進、一体感の醸成を行います。

    株式会社野村総合研究所様(証券会社)

    2015年度に創立50周年を迎えた株式会社野村総合研究所様。今まで歩んできた歴史を振り返るとともに、創立以来のDNAを継承し、更なる発展につなげるため、準備期間を含め3年間かけて様々な取り組みを実施しました。

    詳細は資料をダウンロード
  • 表彰

    名誉を授けるだけの表彰から、求められる基準・社員像を示す表彰へ。さらには全社員のモチベーション向上につながる表彰制度の設計と表彰式を支援します。

    トレンドマイクロ株式会社様(IT・セキュリティ)

    激変するビジネス環境のなかで、市場での優位性や競争力を高めたい。全社員のモチベーションアップをはかるために「表彰制度」を一新し、企業力の向上を目指しました。組織を超えた‘クロスファンクション’での成果を讃える「チームアワード」を新設。「誰が」「なぜ」受賞したかを見える化し、多くのメンバーが目標とするアワードになりました。

    詳細は資料をダウンロード
  • 社員旅行

    慰労や親睦で終わらせない、個人と組織の絆を深める旅行へ。旅行という非日常の場を通じて組織が変化をしていくきっかけを創出します。

    スターバックスコーヒージャパン株式会社様(外食サービス)

    優秀成績を収め表彰された全国の選抜店長に対して、金銭的な報奨ではなく、成長の機会となる報奨をご提供するインセンティブツアーの事例です。

    詳細は資料をダウンロード

そのほか多数の成功事例をぜひダウンロードしてご覧ください!

その他の成功事導入例などダウンロードはこちら

開催中のセミナー

セミナーでは、各種イベントの成功事例を多数ご紹介。定期開催中!

  • 6/25(月)

    東京都

    先が読めない、あいまいな時代(=VUCA)と言われる今日、 「中期経営計画」(以下、中計)の達成の難易度はより高まっています。 さらに、中計は対外に示す「約束」であり、 その「約束」を確実に果たしていくことで、ステークホルダーからの信頼を獲得し、より企業発展成長させるものです。 つまり、大切なのは、 計画策定ではなく、計画の実行力を高めることです。 経営陣が何度も議論を重ねて策・・・・

    詳細

    無料

  • 7/10(火)

    東京都

    【経営者/部門責任者クラス(課長以上)限定セミナー】 先が読めない、あいまいな時代(=VUCA)と言われる今日、 「中期経営計画」(以下、中計)は無意味なものにも思えます。 しかし、中計は対外に示す「約束」であり、 その「約束」を確実に果たしていくことで、 ステークホルダーからの信頼を集め、企業存続を図る必要があります。 つまり、大切なのは、 計画の作りこみ、ではなく「計画の・・・・

  • 7/12(木)

    東京都

    本セミナーは、混沌、複雑の絶対解の持てない時代に 「トップダウン型」で限界を感じている管理職層の皆さまに向けて、 メンバーやチームの力を引き出し組織成果につなげる 「ファシリテーター型」リーダーシップへの転換と職場での実践法をまとめた新書籍 『なぜ、あのリーダーはチームを本気にさせるのか −内なる力を引き出すファシリーダーシップ−』 同文舘出版刊行 の発売記念として開催される特別なセミ・・・・

    詳細・申込

    事前に本書籍をお求めください。

  • 7/25(水)

    東京都

    ※本セミナーは、部門責任者クラス(課長以上)限定開催です。 ※2019年に周年を迎えられる企業様、または設立年数50周年以上の企業様のご参加をお勧め致します。 市場環境の変化、生存競争の激化が進んでいる今日、 環境への適応力を高め、ますますの飛躍や発展を願わない企業はないでしょう。 企業・組織としての環境適応力を高め、持続可能性を高めていきたい一方で、 下記のような声もよくお・・・・

  • 8/2(木)

    東京都

    【経営者/部門責任者クラス(課長以上)限定セミナー】 市場環境の変化、生存競争の激化が進んでいる今日、 外的要因に左右されず“成果を上げ続ける組織”にしたいということは、 誰しもが思考していることと思います。 そのような中、表彰式は”成果”にスポットライトをあてることができるので、 昔から多くの企業で取り入れられている手段です。 しかしながら弊社には、 「受賞される人や部・・・・

  • 8/28(火)

    東京都

    【経営者/部門責任者クラス(課長以上)限定セミナー】 先が読めない、あいまいな時代(=VUCA)と言われる今日、 「中期経営計画」(以下、中計)は無意味なものにも思えます。 しかし、中計は対外に示す「約束」であり、 その「約束」を確実に果たしていくことで、 ステークホルダーからの信頼を集め、企業存続を図る必要があります。 つまり、大切なのは、 計画の作りこみ、ではなく「計画の・・・・