• Column
  • What?/Why?
  • Seminar
  • Archive
  • Solution
ダイレクト・リクルーティング・コラム
「待ち」から「攻め」の採用へ。
これからの人事に不可欠な「ダイレクト・リクルーティング」とは

多くの中小企業は、人事が正しく機能していません。このままでは企業成長はおろか、倒産が射程圏内の場合もあるのです。では一体何が課題で、どのようにすべきなのか。少子高齢化・労働人口減少の社会で生き抜くための、最前線の情報を12回にわたってお伝えします。

vol.4ダイレクト・リクルーティングの活用事例

これまでの連載では、企業が採用力を身につける必要性や経営戦略と人事戦略の関係性、またダイレクト・リクルーティングの具体的な手法について紹介してきました。第4回となる今回は、ダイレクト・リクルーティングに成功した企業の事例を紹介しながら、具体的な活用方法やそのメリットについてご紹介します。

いま、日本の企業に「採用力」が求められています
少子高齢化により、2030年までに労働力人口が約900万人減少

厚生労働省の労働経済白書によると、15歳以上の働く意欲のある労働力人口は1998年の6793万人をピークに減少に転じています。退職した高齢者が増える一方で若い働き手は増えないという傾向に、2012年〜2014年の、団塊の世代の一斉定年退職がさらに拍車をかけました。労働力人口はいま、急速に減少しているのです。
国立社会保障・人口問題研究所の研究によれば、労働力人口は2013年の6577万人から、2030年には5683万人にまで、約900万人も減少すると予想されており、企業間で労働力の獲得競争が激化するのは必至で、労働力の確保は深刻な問題となっています。

世界基準の採用手法「ダイレクト・リクルーティング」

「応募がこない」「いい人を採用できない」といった課題は、ダイレクト・リクルーティングの手法を取り入れることで大部分解決します。採用にコミットする専任の人事を配置し、求める人材要件を定義したうえで、母集団を形成する。その後、属人化しない可視化した面談・面接を実施して求める人材を採用する。こうした「攻め」の手法がダイレクト・リクルーティングです。従来の、ただ応募を待つ・紹介を待つというスタイルではなく、人事が経営層を巻き込んで、転職サイトや人材紹介会社、SNS、外部データベースなど、さまざまな採用ツールを能動的に活用するのです。ダイレクト・リクルーティングは海外では主流の採用手法で、近年日本でも大企業やベンチャー企業を中心に広まりつつあります。

「待ち」から「攻め」の採用へ。「ダイレクト・リクルーティング」で何が変わるのか

その1 求める人材を自ら探して直接アプローチできるため、より早く優秀な人材と会える

その2 会社に採用ノウハウが蓄積され、環境に左右されずにいつでも安定採用ができる

その3 外部に依存しない採用活動の確立により、一人あたりの採用コストが安くなる

詳細を見る
各種セミナー

「ダイレクト・リクルーティング」を導入した企業の成功事例、具体的なノウハウなどが学べる各種セミナーを実施中です。

  • 11/21(火)

    東京都

    ダイレクト・リクルーティングセミナー 【戦略人事×HR TECH】戦略人事の時代 〜ITが変える、人材採用の未来とは?〜 ==================================== 「戦略人事」「HR TECH」に再び注目が集まる中、いま人事が残すべきこと、変えるべきこととは?  日本の人材採用手法はどのように変わるべきでしょうか。 海外と日本の最新動向から人材採用の未来・・・・

  • 11/22(水)

    東京都

    本セミナーは、最近「採用管理システム」とよく聞くけれど、正直どんな導入メリットがあるのかわからない。などとお悩みの人事・採用担当者の方、必見の体感型セミナーです。 株式会社ビズリーチが開発した採用管理システム「HRMOS採用管理」は、ただ採用業務を効率化させるツールではありません。最先端のテクノロジーを駆使し、貴社の採用業務を可視化。様々なデータを分析することで、その結果をレポート機能によっ・・・・

  • 11/27(月)

    東京都

    「採用学」にみる 優秀人材の転職観と成長する企業の採用力、 そこから導き出される採用ノウハウとは 「優秀人材の確保」は、どの企業にとっても大きな課題です。そこで、どのような採用活動が企業に望ましい結果をもたらすのかを明らかにすることが、昨今重要になっています。 こうした背景のもと、採用・人事領域の最先端研究を行うビズリーチHR研究所は、採用学の第一人者である横浜国立大学の服部泰宏准・・・・

  • 12/4(月)

    東京都

    【元採用担当から学ぶ若手層の採用成功3カ条】 求人票やスカウト文の書き方から面談・面接で口説き落とすコツまで教えます 若手層の採用において下記のような悩みをお一人で抱えていませんか? ・今の若手層の志向や特徴がわからない ・採用ツールを導入したものの使いこなせていない ・新たな採用手法を探している 等々 最近まで採用担当として日々採用と向き合い、人材獲得を成功へと導いてきた・・・・

  • 12/6(水)

    東京都

    【ビズリーチ社の代表・南壮一郎が採用ノウハウを公開!】 ビズリーチの採用管理はホワイトボードから始まり、Excel、スプレッドシート、他社管理システムを利用していましたが、対応スピードの遅れや管理することの煩雑さに課題を感じ、自分たちが求める候補者管理をすることが出来ませんでした。そこで、採用管理ツールHRMOS[ハーモス]採用管理を自社で開発するに至りました。 本セミナーでは、HRM・・・・

  • 12/7(木)

    大阪府

    人事のプロフェッショナルによる講演を通じて、人事課題解決の知恵が得られるセミナー「会える人事Premium」。今回のゲストは、東洋紡株式会社 人事部 人材開発グループ マネジャーとして活躍されている、山東尚央氏です。進行役は、HRエグゼクティブコンソーシアム 代表、楠田祐氏が務めます。 ※参加は抽選制で、お申し込み締め切りは11月30日です。 ※抽選結果は12月1日までにメールでご連絡させ・・・・

  • 12/14(木)

    東京都

    ダイレクト・リクルーティングセミナー 【戦略人事×HR TECH】戦略人事の時代 〜ITが変える、人材採用の未来とは?〜 ==================================== 「戦略人事」「HR TECH」に再び注目が集まる中、いま人事が残すべきこと、変えるべきこととは?  日本の人材採用手法はどのように変わるべきでしょうか。 海外と日本の最新動向から人材採用の未来・・・・

  • 12/18(月)

    東京都

    本セミナーは、最近「採用管理システム」とよく聞くけれど、正直どんな導入メリットがあるのかわからない。などとお悩みの人事・採用担当者の方、必見の体感型セミナーです。 株式会社ビズリーチが開発した採用管理システム「HRMOS採用管理」は、ただ採用業務を効率化させるツールではありません。最先端のテクノロジーを駆使し、貴社の採用業務を可視化。様々なデータを分析することで、その結果をレポート機能によっ・・・・

  • 12/19(火)

    東京都

    【悩める採用担当者様必見!】  欲しい人材に ”入社してもらう“ 選考のススメ方 「応募はそこそこあるが、自社に興味をもってもらえない・・・」 「せっかく内定をだしても、辞退されてしまう・・・」 ご存知のとおり、採用は応募を集めるだけでは”成功”にはなりません。採用を”成功”させるには、選考の過程でどれだけ自社の魅力を伝え、「次に働く場所はここしかない!」と思ってもらえるかが重要にな・・・・

  • 12/20(水)

    東京都

    人事のプロフェッショナルによる講演と、講演者を交えた懇親会を通じて、人事課題解決の知恵が得られるセミナー「会える人事Premium」。今回のゲストは、コニカミノルタジャパン株式会社 経営企画本部 人事総務統括部 人財開発部長として活躍されている、酒井之子氏です。進行役は、多摩大学大学院 客員教授の須東朋広氏が務めます。 ※参加は抽選制で、お申し込み締め切りは12月12日です。 ※抽選結果・・・・

ビズリーチ・ソリューション

国内最大級の
ハイクラス人材向けの転職サイト

将来、経営幹部やマネジメントを担う
人材がほしい企業様向け

開設 : 2009年4月
登録者数 : 約18万人
求職者属性 : 経営幹部・管理職・専門職
特長 : 求職者の職務経歴書を検索し、スカウトできる

詳細を見る

キャリア女性のための転職サイト

女性の活躍推進のため、
女性管理職比率を高めたい企業様向け

開設 : 2014年5月
登録者数 : 約2万人
求職者属性 : 20代後半〜40代の女性管理職・管理職候補
特長 : 国内無比のハイクラス女性人材を検索し、スカウトできる

詳細を見る

日本初の若手層向け
レコメンド型転職サイト

20代〜30代前半の若手優秀層が
欲しい企業様向け

開設 : 2013年10月
登録者数 : 約11万人
求職者属性 : 20代〜30代の若手・ポテンシャル層
特長 : 独自アルゴリズムが貴社求人への応募を促進

詳細を見る