HRプロ編集部取材×注目人事トレンド25,000人の大規模調査から、人手不足を解消する画期的な研修プログラムを実現〜テクノロジーを活用し集合研修同等の価値を生む〜 | 採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • HRサミット2017 アフターレポート&講演レジュメ公開中!
HRプロ編集部取材×注目人事トレンド

25,000人の大規模調査から、人手不足を解消する画期的な研修プログラムを実現〜テクノロジーを活用し集合研修同等の価値を生む〜

東京大学 大学総合教育研究センター 准教授 中原 淳/
株式会社パーソル総合研究所 取締役執行役員 ラーニング事業本部長 岩崎 真也
2017/05/24

2012年以降、日本の景気は少しずつ回復してきたにもかかわらず、それと引き換えに、慢性的な人手不足に悩まされる企業が増え続けている。2020年の東京オリンピックに向けて、さらに人手不足の高まりが予測され、業界を問わず長期にわたって働いてもらえる人材が求められているが、特に外食、運輸、小売等の非製造業を中心に人手不足はますます深刻化している。
そんな中、パーソル総合研究所は、企業の人材育成を研究する東京大学の中原淳准教授の監修のもと、外食・小売・運輸の大手企業7社の協力で25,000人を対象とするアルバイト・パート領域の大規模調査を実施。その調査から課題を打開するための店長・職場マネージャー向けの研修プログラムを共同開発した。

アルバイト・パート社員の働きたい気持ちを高め、離職を防ぎ育成するこのプログラムは、どのようなものか。
開発を手がけた中原淳准教授とパーソル総合研究所 岩崎氏に話をうかがった。

アルバイト・パート採用の課題とは。穴の開いたバケツに水を入れる支援ではなく、穴を防ぐ支援を

―― アルバイト・パートにおける現状の課題、また今回行った大規模調査についておうかがいします。

中原  外食・小売り産業などを中心に日本を支える大規模なアルバイト・パート領域の人手不足はますます深刻化しています。パーソル総合研究所さんの未来推計によると2025年には583万人の人手不足が予測されています。

岩崎  パーソルグループとして、企業の採用のお手伝いしていく中で、ニーズにお応えしきれていないという、歯がゆい思いがありました。例えば、広告料をいただいているのに、採用ができない状況がある。一方で、せっかく採用できても、どんどん辞めていくことも見えてきています。いわば、穴のあいたバケツに水を入れる支援ばかりしてきたのですが、穴をふさぐ支援はできないのか?ともやもやしていました。しかし、今までアルバイト・パート領域の人手不足の状況を科学的・多面的に分析されたものは存在せず、お客様にも曖昧な説明しかできなかったため、ここで明確にしたいと考え、中原先生にご相談したのです。

パーソルグループはこれまで「企業と人をマッチングする」ビジネスモデルがメインでしたが、「人と組織の成長創造インフラへ」というグループビジョンを掲げたところ、マッチング支援だけでなく、働いている人と組織がともに成長するための支援の必要性を感じました。
まずは現状の課題認識をすべく、お世話になっている外食・小売・運輸の企業様に声をかけたところ、プロジェクトへ参画いただけることになり、今回の大規模調査が実現したわけです。

中原  面白いことに、参画いただいた企業は競合同士なんです。でも、人手不足の点においては呉越同舟。ひとつのテーブルで人材の話をしている様子は興味深いものでした。人手不足は日本の課題であり、それに対するソリューション提供はまさに「世直し」です。

岩崎  今回のアルバイト・パート領域25,000人大規模調査の概要は次の通りです。

一般求職者調査:これから働きたい人が何を求めているのか知る調査(高校生からシニアまでが対象)
離職者調査:参画企業におけるアルバイト・パート社員が対象 なぜ離職したのかその理由
マネジメント調査:参画企業の現場で働く店長・マネージャー
面接担当者調査:参画企業におけるアルバイト・パート社員の面接担当者
アルバイト・パート・一般事従業員調査:参画企業における現役の一般従業員

様々な調査をしました。通常の調査では、辞めた人の調査まではしませんが、アルバイト・パート領域の実態に迫るために多角的に調査をしたかったのです。

中原  この調査から分かったことは、面接と日々の職場づくりが非常に重要だということです。アルバイトやパートの5人に1人は、働いてから1か月未満でやめていることが分かりました。また、面接をして採用されても、そのうち4人に1人は辞退することが分かっています。

岩崎  職場の雰囲気が良ければ入社し、働き続けるけれど、悪ければ辞める。例えば店舗の場合は、面接を受ける前に49.8%が下見に店を訪れているという結果が出ました。つまり、面接は面接する場だけでなく、お店全体で評価されているのです。採用する側がアルバイト・パートを選んでいるつもりが、実は逆に選ばれていることに着目する必要があるんですね。

中原  アルバイト・パートは職場の雰囲気を非常に重視しています。この職場で働いて大丈夫なのか、ブラックではないのか、面接の前にすでに見られています。「選ぶ面接から選ばれる面接へ」というのが私たちの知見ですが、面接はすでに電話がかかってくるところから、もっと言えば日々の店舗づくりから始まっているのです。

プロフィール

東京大学 大学総合教育研究センター 准教授 中原 淳/
株式会社パーソル総合研究所 取締役執行役員 ラーニング事業本部長 岩崎 真也


東京大学 大学総合教育研究センター准教授/東京大学大学院 学際情報 学府(兼任)/東京大学教養学部 学際情報科学科(兼任)/大阪大学 博士(人間科学)
中原 淳(上)

北海道旭川市生まれ。東京大学教育学部卒業、大阪 大学大学院 人間科学研究科、メディア教育開発センター(現・放送大学)、 米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員等をへて、2006年より現職。 「大人の学びを科学する」をテーマに、企業・組織における人々の学習・コミュニ ケーション・リーダーシップについて研究している。専門は経営学習論 (Management Learning)。

株式会社パーソル総合研究所 取締役執行役員 ラーニング事業本部長
岩崎 真也(下)

1997年テンプスタッフ株式会社入社。2007年テンプスタッフラーニング株式会社・代表取締役社長に就任。以来、数多くの企業における人材育成に関わるとともに、人材・組織開分野の専門家とのパートナーシップにより、新しい研修プログラムの開発に携わる。アルバイト・パート成長創造プロジェクトでは、中原淳氏監修のもと研修プログラム開発を担当。2017年1月より現職。

12/5開催 働き方改革とHRTech最前線

関連リンク

  • 「プロ・リクルーター」が変える日本の採用の未来

    第2回 プロ・リクルーターによる採用変革が日系企業で加速「ダイレクト・リクルーティング・アワード2016」

    即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」を運営する株式会社ビズリーチでは、2016年11月21日(月)、「ダイレクト・リクルーティング・アワード2016」の表彰式を開催しました。企業が主体的・能動的に求職者へのアプローチを行う採用手法、ダイレクト・リクルーティングに積極的に取り組む企業を表彰する同アワードでは、これまで外資系企業やベンチャー企業が受賞企業に名を連ねていましたが、第3回となる今年は、日系大手企業も多数受賞。また、ダイレクト・リクルーティングを推進する採用スペシャリストを対象とした「プロ・リクルーター賞」が新設されました。激化する人材獲得競争の中、企業間に広がってきたダイレクト・リクルーティングとプロ・リクルーターの“今”が見えてくる、同アワードの詳細をレポートします。

  • これからの採用を変える「採用マーケティング」

    第3回 攻めの採用を国内・海外で展開する楽天

    激化する人材獲得競争に勝ち抜くため、先進的な採用戦略を推進する多くの海外企業が取り入れている「採用マーケティング」。日本企業の中でも、消費者マーケティングの考え方を採用に応用する採用マーケティングを実践し、攻めの採用を積極的に行っているのが、インターネットサービスを中心に多様な事業をグローバルに展開する楽天です。 注目されるこれからの採用手法、採用マーケティングを掘り下げてきた3回シリーズ最終回の今回は、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」や若手向けレコメンド型転職サイト「キャリアトレック」を運営する株式会社ビズリーチの執行役員、関哲氏をインタビュアーとして、楽天株式会社のグローバル人事部採用推進課アシスタントマネージャー、田平和之氏にお話を伺いました。

  • 「プロ・リクルーター」が変える日本の採用の未来

    第1回 キャリア採用市場で「採りたい人材を採る」ために、今、企業に必要なプロ・リクルーターとは

    HR総研が2016年に実施したアンケート調査によると、企業の人的資源管理における課題のトップは「キャリア採用・中途採用」。しかも、昨今の求人倍率はリーマン・ショック以前の数字を超えており、どの企業にとっても採用の困難さは増してきています。では、変化し続ける採用市場で、企業は人材獲得競争にどのように打ち勝っていけばよいのでしょうか。その切り札として期待される施策の一つが、自社の採用を成功に導く専門職、「プロ・リクルーター」の養成、強化です。 これからの企業の採用力強化について考える6回シリーズの第1回となる今回は、企業の組織・人事の専門家である慶應義塾大学大学院の小杉俊哉特任教授と、多くの企業に各種人事・採用支援サービスを提供している株式会社ビズリーチの取締役、多田洋祐氏にご対談いただき、「採りたい人を採るための採用」に向け、企業には何が求められるのかを掘り下げていただきました。

  • これからの採用を変える「採用マーケティング」

    第2回 求職者=お客様と捉える「採用マーケティング」がもたらす効果

    人材獲得競争が激しさを増す中、これからの採用手法として海外で注目を集め、日本でも取り組む企業が現れ始めているのが「採用マーケティング」です。 オンラインでの口コミの影響など、インターネットの普及が消費者の行動を変えたように、就職・転職を考える人々の行動もかつてとは様変わりしています。進化してきた最近の消費者マーケティングの考え方やプロセスを採用に応用することは、その変化への有効な対応策の一つとなります。 3回シリーズの第2回となる今回は、採用マーケティングの考え方やプロセスについて、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」や20代のためのレコメンド型転職サイト「careertrek(キャリアトレック)」を運営する株式会社ビズリーチのキャリアトレック事業本部マーケティング部部長、青山弘幸氏に伺います。

  • HRプロ 寺澤康介が斬り込む キーパーソン・インタビューシリーズ

    成果を上げる組織づくりのプロが語る「今のメンバーで飛躍的に成果を出す組織変革メソッド」

    業績が上がらず、「組織に問題はないのか」と経営から対処を求められているものの、本当に実効性がある打ち手が見つからないという人事の方々は少なくないようです。そんな中で、これまでに導入した企業のほぼすべてが業績を伸ばし、「半年で経常利益約280%増」、「1年で累損が数億円圧縮」といった結果を出しているのが、株式会社Kronikaの提供するタレントフォーカス(Talent Focus)。「成果を上げる組織づくりのプロ」として800社以上の企業に関わってきた同社の代表取締役、星山裕子氏に、日本企業の組織が抱える課題や、その実効的な解決策について、ProFuture代表の寺澤康介がお聞きしました。

  • これからの採用を変える「採用マーケティング」

    第1回 欲しい人材を「採りにいく」ための「採用マーケティング」とは?〜採用難時代に成功するための新しい考え方〜

    求める優秀な人材の獲得が企業にとっての重要課題となり、その困難さも増している中、突破口を開く新たな切り口として注目されつつあるキーワードが「採用マーケティング」です。 その考え方や今後の可能性などについて、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」や若手向けレコメンド型転職サイト「キャリアトレック」を運営する株式会社ビズリーチの執行役員、関 哲氏にお聞きしました。 3回シリーズの第1回となる今回は、採用マーケティングが注目されている背景について、お考えを伺います。 (インタビュアー:HRプロ編集部)