ヤンマーホールディングス株式会社は2020年11月10日、ダイバーシティの取り組みに向けた新たなポリシーとして、「Diversity For YANMAR」を制定した。さまざまな考え方や価値観を持つ社員に対して働きやすさと活躍できる職場環境を作り、挑戦しながら社会に価値を提供する組織を目指すという。

多様性に富んだサスティナブルな社会を目指す

世界的に「Diversity(多様性)&Inclusion(融合)」の重要性が増しているなか、ヤンマーではかねてより、外国籍社員の活躍をサポートする取り組みを積極的に行ってきた。しかし近年、社会全体でグローバル化や多様性の受容が加速。これにより、同社は多様な社員が活躍できる職場作りには、更なる職場環境の整備や制度拡充が必要だと考え、ダイバーシティへの取り組み強化を決定した。

具体的な施策としては、ダイバーシティ推進を経営戦略の一環と位置付け、同社人事部直下にダイバーシティ推進グループを設置した。また、ダイバーシティをより推進するためのポリシーとして、「Diversity For YANMAR」を制定。これにより、社員の国籍や文化、年齢、性別、ライフスタイルなど、多様なバックグラウンドからなる考え方や価値観を活かし、挑戦しながら新たな価値の創出を目指すという。

働き方改革や新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、現在の社会では多様な働き方が推進されてきた。ライフスタイルが大きく変化する中で、社員一人ひとりが力を発揮できる環境を作るには、個々のバックグラウンドを含めた理解が必要となってくるだろう。