HRサミット2013講演レポート「教えることを科学する」〜研修開発の際の7つのポイント〜 | 採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 大学と企業の合同相談会2018<2018.6.18開催>
HRサミット2013講演レポート

「教えることを科学する」 〜研修開発の際の7つのポイント〜

HRプロ 事務局 セミナーレポート
2013/07/01

主役は講師ではなく学習者。教えるとは学習者に考えさせ、変化させること。

「教えること」の大切さが忘れられている

経営学習論の分野で「『大人の学び』を科学する」をテーマに研究しているが、今、書いている本のひとつに「研修開発入門」というものがある。執筆にあたって、近年の学習研究の知見を総括して「教えること」の7つのポイントをまとめたので、今日はこれをお話ししたい。

 まず、「教えること」とは何か。「教える」というと、「いまさら『教える』なの?それよりOJTでしょ?ワークショップでしょ?」と言う方が多いかもしれないが、あえて、ここに原点回帰したいと最近強く思っている。なぜなら、いま、人材育成の「振り子」が2つの極に揺れすぎていて、「教えること」の大切さが忘れられていると感じるからだ。1つ目は研修でなんか学べない、全ては業務経験しかないという「OJT・経験極」。2つ目は教えちゃだめ、気づかせることが大事だという「ワークショップ極」。しかし、OJTもワークショップも「学びの偶発性」に依存していて、要するにとても時間がかかる。効率を考えるならば「教えること」を躊躇する必要はない。
 また、社会的な文脈から見ると、企業の人材育成では、リーマンショック以降、コスト削減のなかで「研修の内製化」が進み、社内で研修開発を行う動きが高まっている。だが、講師になる社員は、「教えることなんて簡単。誰でもできるよ。しゃべっときゃいいんでしょ」というように考えていることが多いようだ。本当にそうだろうか?

 そこで、皆さんに、今「いくつかの問題」を考えて欲しいと思う。教える方法として、どちらかが適切だろうか? どちらの学習効果が高いだろうか

 (参加者は解答を考え、ディスカッション)

 人は誰もが被教育経験を持っているため、教えること、学ぶことは知っていると思っている。だが、学術の世界では、よく教えること、よく学ぶことのためにはこうすればいいといった科学的研究を行っている。その成果を知ると、皆さんの研修もよりよくなるのではないかということだ。
 前段が長くなったが、「教えること」とは何か。通常の「教える」イメージは、講師が話し、学習者が聞くこと。いいイメージはあまりない。しかし、ここで考えておきたいのは、「教えること」のためには、大切にしたい「2つの軸」があるということだ。手法は何でもいい。聞く、話し合う、活動するなど、多様な学習方法を現場に合わせて活用すればいいが、1つ目の軸は、学習者に「考えさせること」、2つ目の軸は、そのことで学習者に「変化」をもたらすこと。どういう意味かというと「学習者中心主義」、すなわち、教えることの主役は「教師」ではなく「学習者」だということだ。考えさせること、変化させることが大事なのだから、考えさせるための「情報伝達」はOK 。教えるときは自信をもって教えていい。ただし、教師が教えたつもりでも、学習者が考えず、変化しなかったら、教えたことにはならない。だから、実は、教えたかどうかは教え手には決められない。こういう考え方が、いま一番ホットな考え方になっている。

プロフィール

HRプロ 事務局 セミナーレポート

関連リンク

  • 特別読み切り

    【日本マイクロソフト主催】「働き方改革」におけるチェンジマネジメントとは〜現場のやる気と自主性を引き出すビジネスチャット「Microsoft Teams の最前線」〜

    企業の働き方改革を支援し、チームの働き方を劇的に変えるMicrosoft Teams。その活用に関するセミナーが2018年2月2日、日本マイクロソフト品川本社にて開催されました。導入を成功させるポイントや活用事例などをご紹介いたします。

  • 特別読み切り

    戦略人事の第一人者、八木氏登壇 ── 第2回HeForSheセミナー「マインドセットは自分で決める」開催

    2018年3月8日、国連が定めた「国際女性デー」に合わせて、PwC Japanグループ、文京区、ユニリーバ・ジャパン、UN Women日本事務所が、女性の活躍とジェンダーダイバーシティについて考える、第2回HeForShe(ヒーフォーシー)セミナーを文京シビックホールで開催した。近年の日本は政府を挙げて女性活躍推進に取り組み始めた。しかし世界経済フォーラムの報告書(2017年版)によると、日本のジェンダーギャップ指数は世界144ヵ国中114位であり、前年よりも後退している。本セミナーでは、女性が真に輝き、誰もが自分らしい生き方・働き方が実現できる社会に向けて、戦略人事の第一人者でありダイバーシティ推進に取り組む八木洋介氏らが登壇し、意見を交わした。

  • 特別読み切り

    女性活躍推進を目指すビジネスカンファレンス『MASHING UP』セッションレポート「会社員かどうかではなく。枠にとらわれない働き方を考える」

    2018年2月22日〜23日、TRUNK(HOTEL)(東京都渋谷区)にて、株式会社メディアジーン主催、女性活躍推進を目的とした学びとネットワーキングイベント「MASHING UP」が開催された。「誰もが強くしなやかに活躍できる社会創出を目指す」というスローガンのもと、時代をリードするスピーカー陣が集まり、多彩なセッションやワークショップが繰り広げられ、働き方のダイバーシティに関するセッションも複数開催された。今回はそのなかから、「会社員かどうかではなく。枠にとらわれない働き方を考える」についてリポートする。

  • 特別読み切り

    筋肉質な営業組織はこう作る!営業部門に特化した「セールス・イネーブルメント」という人材開発の仕組み

    売上のトップラインを伸ばすために、営業人材の採用を強化する企業は多いでしょう。その場合、計画的・組織的に、かつ営業現場のニーズに即した人材育成施策を講じる必要があります。そこで世界的に注目されているのが、営業人材に特化した人材開発の仕組み「セールス・イネーブルメント」です。今回は、CRM プラットフォーム「Salesforce」を提供する、株式会社セールスフォース・ドットコム Sales Enablement(営業人材開発部)部長 山下貴宏氏に、セールス・イネーブルメントの組織機能や具体的なアプローチ、そしてその前提となるSFA/CRMの活用方法などについてお話しいただきました。

    【講師】
    山下貴宏氏
    株式会社セールスフォース・ドットコム Sales Enablement(営業人材開発部)部長
    福岡県大川市生まれ。日本ヒューレット・パッカードにて法人営業、その後、船井総合研究所、マーサージャパンで組織・人材マネジメントコンサルティングを経験したのち、2012年2月にセールスフォース・ドットコムに入社。

  • ワークスアプリケーションズが主催する日本最大級のビジネスカンファレンス 『COMPANY Forum 2017』 講演録

    “働き方改革”の向かう先〜事例に見る働き方の根本的課題と解決の道のり〜

    政府主導の“働き方改革”が社会現象となって久しい中、企業による各社各様の“働き方改革”には、終わりが来ることはない。さらにはIoTやAI等、情報技術の発達によるビジネス変革によって、企業だけでなく個人に求められる働き方も大きな転換を余儀なくされている。そんな時流に乗って、企業文化として社員一人ひとりに浸透する“働き方改革”を成功させている企業がある。その取り組みと成功までの道のりから、各社に共通する課題や成功要因を分析し、”働き方改革“の先にある未来で、企業が、個人が、一体何を目指すべきか議論を行った。

    --------------

    藤江 太郎 氏
    味の素株式会社 常務執行役員

    遅野井 宏 氏
    株式会社岡村製作所 未来企画室 室長
    WORK MILLプロジェクトリーダー/編集長

    宮下 尚 氏
    日本ユニシス株式会社 人事部長

    松本 耕喜 氏
    株式会社ワークスアプリケーションズ ソリューションプランニング部 部長

    --------------

  • HRサミット2017/HRテクノロジーサミット2017講演録

    「ななつ星 in 九州」を生んだ人事の力〜「夢みる力が“気”をつくる」〜

    「気」とは、「万物が生ずる根元」、「生命の原動力となる勢い、活力の源」。この「気」を呼び込み、「気」を満ち溢れさせることが、成功の鍵です。日本初のクルーズトレイン「ななつ星in九州」。運行開始以来、多くの方に愛され、今でも予約の最高倍率は166倍となっています。その完成には、多くの技術者、職人、匠、JR九州の社員の並々ならぬ「気」が車両やサービスの隅々まで込められました。「気」の結晶である「ななつ星」。だからこそ人を感動させるのです。「ななつ星」プロジェクトを成功に導き、挑戦を続けるJR九州の「気」をつくる働き方について、九州旅客鉄道株式会社の唐池恒二氏にお話いただきました。


    講師

    • 唐池 恒二氏

      唐池 恒二氏

      九州旅客鉄道株式会社 代表取締役会長

      1953年4月2日大阪府生まれ。1977年京都大学法学部を卒業後、日本国有鉄道に入社。1987年国鉄分割民営化に伴い、九州旅客鉄道(JR九州)に入社。「ゆふいんの森」や「あそBOY」等のD&S(デザイン&ストーリー)列車の運行をはじめ、博多〜韓国・釜山間の高速船「ビートル」の就航に尽力。その後、毎年大幅な赤字を計上していた外食事業を黒字化し、子会社化したJR九州フードサービスの社長に就任。2002年には、炭焼創菜(そうさい)料理店、「赤坂うまや」の東京進出を果たす。
      2009年6月JR九州の社長に就任後、2011年に九州新幹線全線開業、国内最大級の商業駅ビル「JR博多シティ」開業と、2大プロジェクトも成し遂げた。九州を基盤に魅力あるまちづくりを目指す中で、外食事業の海外進出や農業などの新たな事業分野へも果敢に挑んできた。
      2013年10月に運行を開始したクルーズトレイン「ななつ星in九州」は、その企画から運行まで自ら陣頭指揮を執った。2014年6月、JR九州会長に就任。