第13話:吉本興業所属“アキラ・コンチネンタル・フィーバーさん”から学ぶ、海外で活躍するチャレンジ精神

海外進出企業の「人と組織の活性化」〜インドネシアに架ける熱き想い〜

私は、4年半前に今後の日本のグローバル化を見据えてインドネシアに進出した。当時、海外で働いた経験はゼロで不安もあったが、叶えたい夢を実現しようという覚悟と、まだ見ぬ世界に飛び込む冒険心で、気持ちは高揚していた。
私と同じくらいの時期にインドネシアにやってきて、夢を現実にしつつある人物がいる。一風変わった肩書だが、アジア版“あなたの街に住みます”プロジェクト、住みますアジア芸人の、アキラ・コンチネンタル・フィーバーさん(通称:アキラ)だ。(※あなたの街に住みますプロジェクト=「笑いの力で地域活性を」をテーマにした吉本興業100周年記念事業)お互いこちらへ来て間もない頃に出会ったのだが、当初から非常に気が合い、プライベートでも付き合いがある仲間の1人であり、刺激を与えあう仲間でもある。彼の今までの心境や活躍を聞くことで、海外でチャレンジする人に大切なものが見えてきた。

ボロボロの状態でのスタート

稲垣 まず改めてアキラさんがインドネシアに来た経緯を教えてください。

アキラ NSCという吉本興業のお笑い養成学校に2010年に入学し、29歳でデビューして日本で活動していました。しかしデビューが遅く、同期も一回り下で、「自分はこれからどうしたらいいんだろう……」といろいろ悩んでいました。そんな時、吉本がアジアでエンターテインメント事業を展開するため、インドネシア・台湾・マレーシア・タイ・ベトナム・フィリピン・ミャンマーに芸人を送り込む「住みますアジア芸人」という企画があると聞いたんです。

世界で勝負するというのがすごく刺激的に感じられて、直感で「これだ!」と思って応募しました。オーディションは7ヵ月続いて、150人の芸人から13人に選ばれ、見事合格したんですが、なぜかしばらく放ったらかしでした(笑)。ですが、ある時、突然召集されて、「いまからすぐに海外行ってくれ!」と言われ、その2週間後にはインドネシアに来ていました。

稲垣 吉本興業さんって、本当にそんな感じなんですね(笑)。それで、インドネシアに来て、すぐ活躍できたんですか?

アキラ いえいえ、全くダメでした。こちらに来た当初は、言葉や文化の壁で精神的にも安定していなくて、そしていわゆる“吉本あるある”ですが、とにかく給料が超安くて(爆笑)。いろいろ大変な上に、こちらへ来て4ヵ月くらい経った頃に、デング熱にかかったんです。はじめは「ちょっと風邪かな」と思ったんですが、次の日には顔全体が腫れ上がって、体もただれて、40度以上の高熱が2日間続きました。全身けいれんを起こして動くこともできず、さらには声も出ないので助けを呼ぶこともできず、このまま僕の芸人人生、いや人生そのものが終わってしまうかなと思いました。

たまたま吉本のメンバーが気付いて、すぐに病院に運んでくれましたが、持ち合わせのお金がなかったので点滴だけしてもらい、そのまま帰宅しました。でもやっぱり1週間後にまた倒れて。デング熱のウイルス感染だけでなく、腸チフスという細菌感染も重なって、下痢と嘔吐が止まらない状態でした。これは本当にしんどかったですね(笑)。

精神的にも、財布的にも、辛かったです。後に、海外保険で診察代が全て戻った時は、それでお腹いっぱい焼肉を食べました。その頃は気持ちも生活も全てつぶれそうだったんですが、吉本の方々やこちらのPANASという友達にも助けられ、食べられない時にご飯を食べさせてもらったり、励ましてもらったりして、何とか乗り越えました。

アジアズ・ゴット・タレントで掴んだ栄光

稲垣 そうですね、あの時はなかなかの極限状態でしたね……。そして、アキラさんが大きく注目を浴びたのは、何と言っても『アジアズ・ゴット・タレント』のゴールデン・ブザー賞の受賞ですね。これはスーザン・ボイルやポール・ポッツを輩出した「ゴット・タレント」のアジア版で、27ヵ国以上で放送され、視聴者数5億人以上と言われている世界的に有名なオーディション番組です。その中でも特にアキラさんは、アジアで4人だけしか受賞できないゴールデン・ブザー賞を受賞された。あの極限状態から、なぜそのような奇跡が起きたのか。そこに至った経緯を教えてください。

アキラ はい。先ほどお話ししたデング熱から何とか回復し、仕事ができる状態にはなりましたが、相変わらず仕事のオファーはあまりありませんでした。一緒に来た僕以外の4人の芸人は仕事が増えてきてましたけどね。で、そんな時に、あるショッピングモールを歩いていたら、「アジアズ・ゴット・タレント参加者募集」という垂れ幕を見かけたんです。そこでまた「これだ!」と思ったんですね。迷わず申し込みました。幸運にもエントリーの締め切りはその日の夜で、オーディションは翌日、というギリギリのタイミングでした。

僕のゼッケン番号は11万といくつだったので、アジア中から膨大な数のエントリーがあったんだと思います。ここから予選を勝ち抜けるのは、たったの5組です。周りからはオーディションを突破するのは相当難しいと言われ続けていたんですが、僕はとにかく「やってやる」という気持ちでした。当日の会場は、ものすごい人と熱気でした。ネタの持ち時間はわずか2〜3分で、それをプロデューサーに披露するんですが、僕はこのチャンスを絶対に掴もうと全力でパフォーマンスしました。そうしたらラッキーなことにすごくウケて、僕に興味を持ってくれたプロデューサーから質問攻めにされました。

最後に、「なぜあなたはインドネシアに来たのか」と聞かれたので、「人生を変えに来た」と答えました。「自分を追い込み、力を引き出すために、甘えも許されない環境に行きたかった」と。終わった後、正直僕は、イケる気がしたんです。パフォーマンスがウケたということもありますが、片言のインドネシア語でも何だか気持ちが伝わった気がしたんです。それから3ヵ月くらいしたらマレーシアから予選通過の切符が届きました!本当に感動しました。
稲垣 そしていよいよ、マレーシアのステージに進出ですね。

アキラ ここからは世界中継があります。審査員には、インドネシアの歌姫アングンや、マイケル・ジャクソン、セリーヌ・ディオンのプロデューサーを務めてきたデビット・フォスター、韓国の人気アイドルグループ2PMの元リーダー、ジェイ・パークがいました。皆さん世界的に有名な方々です。

僕は失うものが何もないので、ファイナルでも全力でパフォーマンスをして、自分の気持ちを存分に伝えました。笑いもたくさん起きていたので、自分でもかなり手ごたえは感じていたんですが、その時、会場で想定外のことが起こったんです!オーディエンスみんなが立ち上がってゴールデン・ブザーコールを起こしてくれたんです。会場は異様な盛り上がりに包まれました。その熱気に後押しされたのか、アングンがゴールデン・ブザーを“ドン!”っと押してくれました!彼女はステージに上がってきて僕にハグもしてくれました。デビット・フォスターもジェイ・パークも、すごく褒めてくれました。会場に鳴り響いたゴールデン・ブザーと、舞い散った金の紙吹雪の光景は、一生忘れることはできません。

著者プロフィール

株式会社エイムソウル 代表取締役 PT. Bridgeus Kizuna Asia Director 稲垣隆司

1975年大阪生まれ、同志社大学卒業。急成長したベンチャー企業で人事部責任者を務め、年間600名の新卒採用の仕組みを作る。その後人事コンサルティング会社でコンサル部門責任者として年間100社の採用をサポート。2005年株式会社エイムソウルを設立し300社を超える顧客の人事課題解決に取り組む。2014年インドネシアに進出し、現地でPT. Bridgeus Kizuna Asiaを設立。日系企業に特化して人事課題解決に取り組む。毎月日本とASEANを行き来しながら活動中。

●株式会社エイムソウル 概要
「すべての人に、生きがいを」をミッション(理念)として掲げ、採用・教育コンサルティングサービスを行う。
「活躍する外国人を見抜く適性検査」CQI(https://www.aimsoul.com/global/)のβ版を2019年4月にリリースした。また、マインドセット研修「TOP GEAR」やプロジェクト型研修「NEXT GATE」、ASEANローカルスタッフのスキル・マインドセットe-Learning
「Bridgeus」、インターン、選考、研修用グループワークのレンタルサイト「Groupwork.com(https://hr-groupwork.com/)」など課題解決を図るサービスを延べ1万人以上に提供している。
株式会社エイムソウル 公式サイト

関連リンク