OJTとOFF-JT

「OJT」とはOn the Job Trainingの略で、職場の上司や先輩が、部下や後輩に対して、実際の仕事を通じて指導し、知識、技術などを身に付けさせる教育方法のことです。

OJTが生まれたのは第一次世界大戦中のアメリカです。当時、アメリカの造船所では大幅に人員を増やす必要が生じていました。そこで、大量の人材をいち早く教育する方法として、職場における実地訓練が提唱され、その方法として「4段階職業指導法」が考案されました。これは「やってみせる(Show)」「説明する(Tell)」「やらせてみる(Do)」「確認、追加指導(Check))」という4つからなるものです。さらに第二次世界大戦中、この「4段階職業指導法」を発展させた「TWI研修(Training Within Industry for supervisors ― 監督者のための企業内訓練)」が生まれ、高度成長期になり日本に輸入されて、現在のOJTへと発展しました。

OJTは新入社員教育で用いられることが多く、1人の新入社員に1人の先輩社員が付く形が一般的です。経験を通じて学ぶため、より実践的なノウハウや知識を身につけることができる点が特徴です。しかし、先輩社員に指導力が伴わない場合、思うような効果が得られないこともあります。そのため、OJTを行う前に先輩社員を対象にした研修を実施したり、OJT期間中に先輩社員同士のミーティングを実施したりして、教え方の情報共有を図るなどの工夫している企業が多く見られます。

一方、Off-JTはOff the Job Trainingの略で、職場を離れて行う人材教育のことを指します。

人事など社内で考案したプログラムや外部の研修会社が作成したプログラムを、対象となる社員に受講させ、必要な知識やスキルを習得させます。新入社員から管理職まで階層別に実施する企業が多く見られるほか、特定の専門知識を身につけさせるために行うケースも多いようです。

このキーワードに関するサービス情報