人材サービス3社が協業プロジェクト「ActivateHR」を発足。多様な人材の活躍を促進

2019年8月に株式会社ビースタイル、パーソルテンプスタッフ株式会社、株式会社リクルートスタッフィングの人材サービス3社による、企業の枠組みを超えたプロジェクト「ActivateHR」が発足した。プロジェクト名称である「ActivateHR」には、働く人そのものや働く環境、制度、仕組み、考え方などを「活性化」するためのきっかけにしたいという想いが込められていると言う。
同プロジェクトでは、企業の成長や人と企業の在り方に関する気付きやヒントを提供できるよう、人事担当者等を対象にイベントや勉強会などを積極的に企画していくとしている。また、ホームページ等を通して既存の価値観にとらわれない新しい働き方の提案も行っていくようだ。

多様な働き方を望む求職者数の増加と、受け入れに消極的な企業

同プロジェクトを立ち上げた背景として、多様な働き方を求める求職者の増加と、多様化の受け入れに消極的な企業の現状が影響している。

労働力人口の減少により、2019年6月の有効求人倍率は1.61倍と高い水準で推移しており、企業の採用難が続いている。また副業やフリーランスなど働き方の多様化や、女性の就業者数拡大、新卒採用の自由化など、労働者を取り巻く環境は少しずつ変化していると言える。

求職者有利の状況で、企業が求めるスキルを持った即戦力人材を獲得していくためには、多様な働き方の実現が必要不可欠である。パーソルテンプスタッフの調査によると、「家事や育児などと両立したい」「自身の勉強などと両立したい」「Wワーク希望」などを理由に多様な働き方を希望する求職者数は、5年間で2.4倍にまで増加していることが明らかになった。一方企業では、多様な働き方に「非常に興味がある」人事担当者は1割未満にとどまっている。多様な働き方を受け入れることの前例のなさや心理的なハードルがあるようだ。

なお、同プロジェクトでは、今後第1弾の取り組みとして、2019年9月19日に東京都・中央区のリクルートGINZA8ビルで人事担当者を対象としたイベント『成長企業から学ぶ!“採用難”はウソ?!〜採用・定着をアップデート〜』を開催する。

著者プロフィール

HRプロ編集部

採用、教育・研修、労務、人事戦略などにおける人事トレンドを発信中。押さえておきたい基本知識から、最新ニュース、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届けします。