株式会社七十七銀行(以下、七十七銀行)と国立大学法人東北大学大学院経済学研究科(以下、東北大学)は2022年4月8日、「ビジネスにおけるデータ活用人材の育成」にかかる共同研究の実施に合意したと発表した。七十七銀行の社員を東北大学に派遣して共同研究を行うことにより、AIの専門知識とビジネススキル双方の知見を有し、DXの担い手となるデータサイエンティストの育成を目指したい考えだ。
「データ活用人材の育成にかかる共同研究」を、七十七銀行と東北大学が産学連携により実施。DXを担うデジタル人材の育成へ

七十七銀行から東北大学へ行員を派遣し、共同研究を実施

七十七銀行と東北大学は、業務の生産性向上やデータを活用したサービス提供といった、DXの取り組みを加速させていくため、産学共同で「ビジネスにおけるデータ活用人材」の育成にかかる共同研究を実施するという。これにより、「ビジネス」と「デジタルテクノロジー」双方の知見を併せ持った、DXの担い手となる専門人材の育成を目指す狙いだ。

研究は、2022年4月〜9月の半年間、七十七銀行の行員3名を東北大学へ派遣し、AIやデジタルマーケティング等に関するオンライン講義の受講や、同大学松田教授によるデータサイエンス演習により、行員の育成を行う予定だ。また、東北大学と共同で、七十七銀行が保有するデータを活用した、業務改善策や新たなサービス等を研究するという。

七十七銀行と東北大学は、2022年10月以降においても、将来的な人材の育成やビジネスの創発に向けて、連携を図っていく予定だとしている。また、産学連携を通じ、地域の発展と経済活性化に努めていきたい考えだ。

DXの推進に向けては、産学連携による人材育成も1つの有効手段と考えられる。地域の学術機関等と連携し、それぞれが有するデータや知見を活かし合うような「学びの機会」を設けることも視野に入れてみてはいかがだろうか。