KDDIが過去最大となる400名のDX人材を中途採用予定。新卒採用枠も拡大し、「ジョブ型人事制度」の推進へ

KDDI株式会社(以下、KDDI)は2021年12月24日、2022年度の中途採用計画として、昨年度比の約2倍となる、過去最大の400名を採用予定だと発表した。また、2023年度新卒採用計画では、昨年度と同規模の270名の採用を予定しているという。多様な人材を確保し、「5Gを活用した新規事業の創出」や「社内外のDX」など、通信を核とした事業の多角化を加速させたい考えだ。

中途採用枠、新卒採用枠ともに昨年度より拡大。社内外の変革をリードする人材を確保

KDDIは社内外におけるDX推進を目的として、グループ全体のDX人材を2023年度までに約4,000名に拡大する目標を掲げている。

その一環として、2022年度中途(キャリア)採用を、2021年度の190名から過去最大の400名へと倍増する形で実施するという。中途採用計画では、成長領域の事業拡大にあわせ、顧客の経営課題を踏まえた「DX戦略の策定」と「ソリューション開発」を担う人材の採用を強化。特に、プロダクトマネージャーやソリューションエンジニア、コンサルティング営業など、専門性を有する人材の採用を加速する予定だ。

また、2023年度新卒採用は、昨年度の260名から微増の270名を予定している。同社は2020年8月から「KDDI版ジョブ型人事制度」を導入し、2022年度の新卒採用では、初期配属領域を確約するジョブ型採用枠「WILLコース」と、幅広い事業領域や技術領域で経験を積むことを希望する人向けの採用枠「OPENコース」のいずれかでの採用希望を選択できるようにした。2023年度新卒採用では、「WILLコース」で応募する場合に、「OPENコース」との併願が可能な「併願制度」を新たに開始するという。

KDDIは今後も、「Beyond 5G/6G時代」を見据え、社内外の変革をリードする人材採用を強化していくとのこと。また、労働時間ではなく、成果や挑戦、能力を評価・称賛し、処遇へ反映する「KDDI版ジョブ型人事制度」を推進するとしている。それにより、付加価値を生むDXを推進し、通信を核とした新規事業の創出や非通信事業を強化。社会課題の解決やビジネスの変革を加速していきたい考えだ。

新型コロナウイルス感染症の拡大により、社会全体でDXを推進する潮流が加速している。即戦力人材の採用や「ジョブ型人事制度」の導入などにより、社内の人材育成・強化に努めていきたい。