株式会社働きがいのある会社研究所(Great Place to Work(R) Institute Japan、以下GPTWジャパン)は、2021年版日本における「働きがいのある会社」女性ランキングのオンライン発表会を3月16日(火)に開催した。同ランキングは今年で5回目となる。今回は、2021年版日本における「働きがいのある会社」ランキングのベストカンパニー160社の中から、特に女性の働きがいに優れた企業が各部門別に上位5社選出された。コロナ禍のなか、女性活躍推進に向けて各企業がどのような対応を進めたのか。本記事では、GPTWジャパン代表 荒川 陽子氏による女性ランキング発表・解説や、ランキング上位のモルガン・スタンレー、ディアーズ・ブレインの企業事例講演、荒川氏による事例企業へのインタビューなど当日の様子をレポートしたい。
2021年版日本における「働きがいのある会社」女性ランキングでは、大規模(従業員1000人超)、中規模(同100〜999人)、小規模(同25〜99人)など部門別に、それぞれトップ5社が発表された。評価基準は、「女性従業員のアンケート結果」、「女性従業員の働く環境のための会社施策・プログラム」、「女性従業員比率」の三点となっている。

本記事では、GPTWジャパン代表 荒川 陽子氏よるランキング発表・解説、大規模部門で3位のモルガン・スタンレー、中規模部門で3位のディアーズ・ブレインの事例企業講演、荒川氏による事例企業へのインタビューなど発表会の様子をお届けする。

この先は、会員の方だけがご覧いただけます。会員の方はログインを、会員でない方は無料会員登録をお願いします。

HRプロ会員の方はこちらから

まだ会員でない方はこちらから

登録無料!会員登録された方全員に 「人材育成マニュアル」をプレゼント!

HRプロとは