積水ハウス、「男性社員1ヵ月以上の育児休業完全取得」を宣言。「キッズ・ファースト企業」として子育てを応援

政府は、「日本再興戦略2016」(平成28年6月閣議決定)において、2020年までに男性の育児休業取得率を13%とする目標を掲げており、育児休業取得促進に取り組む企業を後押ししている。
国内の勤労者世帯の過半数が共働き世帯となっている中、男性も子育てができる環境づくりが求められている。

そうした背景を受け、積水ハウス株式会社は「男性社員1ヵ月以上の育児休業完全取得」を宣言。2018年9月1日より推進する。

実施項目は以下の通り。
■対象男性社員全員が1ヵ月以上の育児休業を取得し、最初の1ヵ月は有給とする
■全社をあげた取り組みにより、完全取得を推進(毎年進捗率を開示)
■円滑な導入ができるよう社内サポート体制を整備、上司と当事者の研修を実施

同社は、2006年に人事基本方針として「人材サステナビリティ」を宣言し、これまで多様な人材が活躍するための職場環境づくりに向けて「ダイバーシティ経営」を推進してきた。

育児休業取得については、女性社員のみならず男性社員全員の取得を推奨してきたが、平均取得日数は2日に留まっていた。

そこでこうした全社をあげた取り組みにより「男性社員1ヵ月以上の育児休業完全取得」を推進し、「キッズ・ファースト企業」として子育てを応援する社会を先導する構えだ。

その実現に向け、3歳未満の子を持つ男性社員全員が子の誕生から3歳に達する日までに1ヵ月以上の育児休業を取得し、最初の1ヵ月は有給とする。分割での取得も可能とし、業務との調整が図りやすい制度となっている。進捗率も毎年開示する模様。

また、本取り組みへの理解と円滑な導入が図れるよう社内サポート体制を整備し、その一環として、対象社員やその上司が育児休業取得に向けて、具体的な計画を立てられる研修なども実施していくという。

◇「キッズファースト企業」が生み出す価値と効果
本人:家族のきずな、豊かな経験、無形資産の構築、仕事の見直し
会社:企業理念「人間愛」、家族の安心、人材採用・定着と育成
職場:仕事分担等の仕組変革、助け合う職場風土の醸成、チームマネジメント力向上
お客様:提案力(共働き・子育て等)の向上、安心の住まいづくり

著者プロフィール

HRプロ編集部

「採用」「教育・研修」「労務」「人事戦略」など、人事がイマ知りたい情報をご提供します。 押さえておきたい基本知識から、最先端のニュース関連情報、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届け。

HRサミット2018 アフターレポート公開中