全国で一斉にテレワークを実施する「テレワーク・デイズ」が 今年も始まる|採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 大学と企業の合同相談会2018<2018.6.18開催>

全国で一斉にテレワークを実施する「テレワーク・デイズ」が 今年も始まる

HRプロ編集部
2018/05/14

2018年4月20日、昨年に引き続き総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府、及び東京都関係団体が連携して展開している、働き方改革の国民運動「テレワーク・デイズ」の参加企業・団体の募集が始まった。本年度のテレワーク・デイズは7月23日(月)〜7月27日(金)の間に実施され、参加企業・団体は7月24日(火)を含む計2日間以上で一斉にテレワークを行う。
この運動は、2012年のロンドンオリンピック・パラリンピックで交通混雑緩和のためにテレワークが呼びかけられた結果、導入企業において事業継続体制の確立、生産性や従業員満足の向上、ワークライフバランスの改善等の成果が見られたことを背景に、日本でも2020年に開催される東京大会を見据えて、テレワーク一斉実施の予行演習を試みようと、2017年に始まったもの。

東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、可能な限り、朝の通勤電車や自家用車等を利用せず、始業〜10時30分まで、テレワークの一斉実施またはトライアルを呼びかけている。なお、テレワークの形態は、在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス勤務のいずれかを、参加企業・団体が業務実態に合わせて採用することとしている。

第一回目となった昨年は、922団体(一部重複あり)・6.3万人が参加。その中には地方自治体や、1,000名以上の規模で実施した大手企業も含まれている。10月6日に行われた報告会では、交通機関の乗客数減少やオフィスフロアの消費電力量減少などの具体的成果に加え、テレワークの実施によって業務効率やワークライフバランスの向上を実感したという声などが紹介された。

2018年度の運動に参加する企業・団体は、専用のフォームから参加登録を行う。何名からでも「実施団体」として参加を受け付けているが、期間中に2日間以上テレワークを実施し、7月24日に100名以上が参加できる企業・団体には「特別協力団体」となり、効果測定に協力することを要請している。

また、テレワークに係る実施ノウハウ、ワークスペース、ソフトウェア等を提供する「応援団体」も併せて募集されている。サービスを提供する団体、内容はホームページ内で紹介され、テレワークを実施する企業・団体は、それらのサービスを利用することができる。

「実施団体」「特別協力団体」についてもすべて社名がホームページ内で公開されるため、テレワーク領域で既に知名度のある企業の取り組みを参考にできるだけでなく、コワーキングスペースやソフトウェア市場における新規事業、または新たな人事制度を導入する企業の発見につながるだろう。参加登録は7月21日(金)まで行える。

プロフィール

HRプロ編集部

「採用」「教育・研修」「労務」「人事戦略」など、人事がイマ知りたい情報をご提供します。 押さえておきたい基本知識から、最先端のニュース関連情報、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届け。

関連リンク

  • 「マインドフルネス」を新入社員向け研修で実践〜リプトン ポジティブアクション

    ユニリーバ・ジャパンの紅茶ブランド「リプトン」は、2018年4月16日、株式会社ガイアックス、株式会社モバイルファクトリー、株式会社オールアバウトの3社が合同で実施する新人研修の一環として、仕事の集中力を高める「マインドフルネス」のセミナーを開催。この合同新人研修は、次世代リーダーの育成を図る複数のベンチャー企業が、2012年から実施しているものだ。一方、リプトンは、紅茶を通じて前向きに頑張る人を応援する「リプトン ポジティブアクション」を2017年から展開。3社の合同新人研修の趣旨に賛同し、セミナーを開催する運びとなった。

  • 副業と残業代・通勤災害の関係

    「副業解禁で生活はどう変わる?」「複業を解禁しなければ人も企業も成長しない」「副業から始める起業のすすめ」…このように巷では、“副業“をキーワードとしたニュースで溢れかえっている。これまで副業は、本業に集中できない等のネガティブな部分が強調されがちであったが、昨今では、副業によって新しい気づきがある等、ポジティブに捉えられているのではないか。終身雇用制度が崩れかけている(すでに崩れているかもしれないが)現在、副業を含め、働き方を自分自身で選択していく時代になったのではないだろうか。ここで、副業(複数の会社で雇用契約を結ぶ場合)の労働法の適用はどのようになるのか、よく問題になりうる「労働時間」と「通勤災害」について整理する。

  • 職場作りのヒントは法律にあり?安衛則のユニーク規定あれこれ

    社長「新年度にあたり、職場の大掃除を実施する!新人を気持ち良く迎えよう!」 社員A「はい!(納期が近いんですけど…)」 社員B「いいですね!(やれやれ、また社長の思いつきが始まった…)」 社員C「やりましょう!(掃除なんて仕事じゃないよな…) 「社内清掃」と聞くと、皆さんはどのような印象を持たれるだろうか。自発的にするものだろうか。それとも仕事の一部だろうか。後述するが、実は、社内清掃の実施は労働安全衛生規則という法律上の義務とされている。この労働安全衛生規則(以下、安衛則)では、この他にも、職場に関する意外な義務が色々と定められており、興味深い法律の一つといえる。今回は、そのうちのいくつかを紹介したい。

  • 経済産業省、理工系人材需要状況に関する調査結果を発表

    経済産業省は、2018年4月20日に理工系人材需要状況についての調査結果を発表した。この結果からわかった「5年後、技術者が不足すると予想される分野」に対する各企業の採用動向についての最新情報と傾向は次の通り。

  • 大学生低学年のキャリア意識調査 8割がインターンシップ経験を希望

    2018年3月、株式会社マイナビは、「マイナビ 大学生低学年のキャリア意識調査」の結果を発表した。同調査は、2018年2月14日〜2月21日、大学1、2年生の男女1,059名を対象に実施されたもの。調査結果からは、大学生低学年のキャリア観に影響を与えているものや、学生が求める企業説明会・インターンシップの在り方などが浮かび上がった。同結果を見ながら、今後の採用活動の在り方について考える。

  • 「小論文試験」で何が分かるのか 第2回

    企業が社員に対して実施する小論文試験に「思考能力」のレベルが測れるという特徴があることは、4月3日付HRプロニュース「『小論文試験』で何が分かるのか」で論じたところである。今回は「ライティング能力(文章力)」のレベルを測れるという、小論文試験のもう一つの大きな特徴について考えてみる。