株式会社学情(以下、学情)は2022年2月3日、「20代の仕事観・転職意識に関するアンケート調査」の中から、「副業」に関する調査結果を発表した。調査期間は2022年1月13日〜20日で、317名から回答を得た。これにより、20代会社員の副業経験の有無や、その仕事内容などが明らかとなった。
20代の“副業経験者”は希望者の約2割にとどまる。「勤務先で認められていない」、「時間を確保できない」などが原因か

副業経験がある20代からは「自身の成長につながっている」という声も

新型コロナウイルス感染症拡大の影響によるテレワークや外出自粛で時間ができたことから、「副業」への関心を持つ人も増えているが、20代における副業経験の実態はどのようになっているのだろうか。

はじめに学情は、「副業を希望する」とした20代を対象に、「副業経験の有無」を質問した。すると、「副業はしたことがない」が77.4%、「現在、副業をしている」が12.2%、「過去に副業をしたことがある」が10.4%となり、実際に副業経験がある人は約2割にとどまることがわかった。

実際に「副業をしている」とした人からは、「収入を増やすことができ、自由に使えるお金や貯金が増えた」や、「本業以外の仕事にも取り組むことで、自身がより成長できていると感じる」といったポジティブな声が寄せられた。

一方で、「終業後や休日に副業の仕事をするので、数ヵ月間休みなしで働いている。本業だけで生活できるのであれば、副業は辞めたい」や、「コロナ禍による収入減で副業をしているが、本業だけで生活できるのが理想」といった切実な意見もあった。
副業経験の有無

副業をしていない理由は「勤務先で認められていない」が最多に

次に同社は、「副業を希望しているものの、副業をしていない」とした回答者に対し、その理由を尋ねた。その結果、「勤務先で認められていない」が41.4%で最多となり、以下、「副業の始め方が分からない」が36.7%、「時間を確保できない」が33.5%などと続いた。
副業をしていない理由

副業での経験職種は「事務作業」が約3割でトップに

最後に同社が、「副業経験がある」とした回答者に対し、「経験したことがある仕事」について尋ねたところ、「事務作業」が30.2%で最も多かった。以下、「ライティング・記事作成」と「SNS運用」、「マーケティング関連」がそれぞれ15.9%、「画像・動画制作」が12.7%などと続いた。
副業で経験した仕事
調査の結果から、「副業を希望するものの、実際に副業経験がある20代は少ない」という実態がわかった。企業としては、従業員の「収入源確保」や「スキルアップ」などを目的とした副業の容認や、戦力としての“副業人材”の活用なども視野に入れてみてはいかがだろうか。