NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は2020年10月、株式会社PHONE APPLI(以下、PHONE APPLI)が提供するSalesforce AppExchangeアプリケーション「PHONE APPLI THANKS」の全社導入を決定した。これにより、テレワーク環境における従業員同士のコミュニケーションやエンゲージメントの向上に取り組み、ニューノーマルな働き方を実現していくという。

互いが離れて働くことにより生じる、さまざまな課題を解決する

NTT Comでは新型コロナウイルス感染症拡大以降、テレワーク環境でも社員同士のコミュニケーションを活性化し、社員のエンゲージメント向上とイノベーションの創出を実現させる働き方に取り組んできた。そのような中、上司や同僚とのコミュニケーションが困難なことで生じる課題として、「個々の活動が見えにくくなる」、「孤独感や閉塞感が生まれる」、「スキルやノウハウの共有機会が減る」、「社内での報告レポートが増える」などがあげられたという。そこで同社は、これらの課題解決に向けた新たなソリューションとして、「PHONE APPLI THANKS」の導入を決定した。

「PHONE APPLI THANKS」は、「PHONE APPLI PEOPLE for Salesforce」というコミュニケーションポータル(Web電話帳)のオプション製品だ。Salesforceプラットフォーム上で繋がる社員同士がカードで感謝を伝え合う機能や、カードのやり取りをレポートやダッシュボードで自在に集計/分析できる機能を備えているという。

同社ではこのアプリの利用により、社員間での感謝のやり取りを容易にするとともに、感謝カードをもとにした個人の強みの分析や知識の共有、業務への貢献状況の可視化による、レポートの削減などに取り組む。こうして、離れていることを前提としたニューノーマルな働き方を推進していく考えだ。

新型コロナの流行を機に、テレワークを標準化しようとする企業が増加している。互いの物理的距離を越え、心理的距離を縮めることができれば、より柔軟で働きやすい環境を実現できるかもしれない。