人事・労務全般・その他

約6割がオフィスワークのムダに「通勤時間」と回答

株式会社ビズヒッツは、「オフィスワークのムダに関する意識調査」の結果を2020年8月6日に発表した。調査期間は2020年7月15〜29日。リモートワークを経験した全国の男女1,004人から回答を得た。これにより、リモートワークとオフィスワークそれぞれのメリットやデメリットなどが明らかになった。

6割以上が「リモートワークのほうがよい」と回答

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、リモートワーク(テレワーク)が急速に普及する中、働く人々はリモートワークや従来のオフィスワークに対し、どのような意識を持ったのだろうか。まず、「リモートワークとオフィスワークのどちらがいいか」を聞いた。すると、「リモートワーク」が32.5%、「どちらかというとリモートワーク」が34.9%という結果に。合計で67.4%がオフィスワークよりも「リモートワーク」を支持していることが明らかになった。

オフィスワークのムダは「通勤時間」がトップに

次に、「オフィスワークでムダだと思うこと」を尋ねた。その結果、「通勤時間」が664人と、およそ6割の人がムダであると感じている結果に。次いで「会議・朝礼」が456人と、全体の4割強、「雑談」が89人、「紙の資料」が82人などとなった。

通勤時間をムダと回答した人からは、「毎日の通勤時間が浮く分、家事に時間を割けるなど、時間を有効に使える」(20代女性、事務職)、「通勤時間がない分、朝をゆっくりすごせる」(40代男性、エンジニア)などの声があがった。また、「会議・朝礼」と回答した人からは、「無駄に長い会議は省略しても成り立つことが証明された」(30代男性、 営業職)や、「定例会議はWebで十分」(30代 男性)などの声があった。

オフィスワークのメリットはダントツで「コミュニケーションがスムーズ」

次に、「リモートワークを経験して感じる、オフィスワークのメリット」を尋ねると、「コミュニケーションがスムーズにとれる」が657人と圧倒的に多くの回答を集めた。回答者からは、「すぐに質問・相談してその場で解決できるため、仕事がスムーズに進む」、「面と向かって話すことで、相手の思いを深く理解できる、相手の理解度がわかる、誤解が生じにくいといったメリットがある」などの声があがった。4位「息抜き・気分転換になる」(83人)や、5位「連帯感が生まれる・励みになる」(33人)も、対面でコミュニケーションが取れる、オフィスワークならではのメリットといえるだろう。
リモートワークという新たな働き方の実践によって、従来の働き方を客観的に捉えられるようになったことは、企業や働く人々にとって、大きな気づきになっただろう。「どちらかだけ」を選択するのではなく、それぞれの良さを活かした柔軟な選択が、今後の働き方では重要になりそうだ。

著者プロフィール

HRプロ編集部

採用、教育・研修、労務、人事戦略などにおける人事トレンドを発信中。押さえておきたい基本知識から、最新ニュース、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届けします。

戦略立案から実務面まで一気通貫で対応する【採用代行・PROサービスをご提供】(リデラ)