女性向けのライフキャリア支援サービスを展開する株式会社LiBは2020年7月8日、新型コロナウイルス感染症拡大にともなう「働く女性のキャリア観の変化・転職活動への影響」についての調査結果を発表した。本調査は、キャリア女性向け転職サイト「LiBzCAREER」の会員600名から回答を得たもの。この結果から、働く女性たちの意識や行動の変化が明らかになった(調査期間:2020年6月24日〜6月28日)。

「キャリア観が変化した」と感じている女性は8割に及ぶ

新型コロナウイルス感染症拡大を受け、子どもの有無に関わらず働き方の変化を余儀なくされた女性は多い。このような状況の中で、女性のキャリア観はどのように変化しているのだろうか。

最初に、新型コロナの影響で「キャリア観に変化があったか」を尋ねた。その結果、「大きく変化があった」が28%、「多少変化があった」が52%となり、合計で8割の女性がキャリア観に変化を感じていることがわかった。

「自律的なキャリア形成の必要性」を9割以上が認識

キャリア観に変化があったとする女性に対し、「企業に依存しない、自律的なキャリア形成は必要だと思うか」と聞くと、「思う」が53%、「どちらかと言えば思う」が39%で、9割以上の女性が「自律的なキャリア形成」が必要だと回答している。

「スキルや資格取得に時間を割く必要がある」と91%の女性が回答

次に、キャリア観に変化があったとする女性に、「新たなスキルや資格取得のために時間を使う必要性はあると思うか」と聞くと、「思う」が54%、「どちらかと言えば思う」が37%の回答だった。こちらも9割超の女性がその必要性を感じていた。

「自身の強みの理解」がキャリア形成のポイントだと捉える女性が多数

また、「どこでも活かせる、自身の強みを理解する必要はあると思うか」と尋ねた。その結果、「思う」が76%、「どちらかと言えば思う」が22%で、合計は98%に。ほぼ全ての回答者が、業種を超えて活かせる「自身の強みの理解を深めること」の重要性を意識していた。

回答者の6割以上は「何らかのアクション」を起こしている

さらに、「キャリア観の変化により、具体的な行動を起こしたか」と聞いたところ、「実際に行動を起こした」が66%となり、過半数を大きく超えた。具体的には、「自身の価値観や強みについて、考え始めた」、「転職活動を始めた」、「資格取得に向けた勉強を始めた」などの声があがった。

「転職への意欲」が高い女性は5割強。現在の職場環境により差も

最後に、新型コロナ感染症拡大の影響により、「転職意欲の変化」があるかについて聞いた。「ますます意欲が高まった」(42%)、「転職意欲が高まった」(11%)の合計は53%となり、半数以上の女性が意欲に変化があったようだ。検討しているという女性からは、「リモートワークや在宅勤務といった柔軟な働き方ができる企業に転職したい」、「テレワークが許されれば、地方都市に住みながら東京の企業で働けそう」などの声も聞かれた。

一方、転職に関して「今は様子を見たい」という声は37%だった。また、「新型コロナ以前も、今も検討していない」という回答は11%で、現時点で転職を考えていない人は全体の48%だった。検討していない女性からは、「テレワーク環境が整った企業で働いているので、今の企業でやれることをやりたい」、「会社環境が変わり、今の職場のまま働き方も変化させられる」などの声が寄せられた。
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、多くの女性が「キャリア観」の変化を感じていることが明らかになった。また、その変化に乗じて、自身のキャリア形成のために行動を起こし始めている様子も見えてきた。転職意向については、現在の就業環境により意見が大きく二分していることが垣間見える結果となった。

女性の活躍が企業の発展に欠かせない時代において、企業には、自律的なキャリア形成に向けての環境面の支援や、ライフステージに応じて柔軟に働き方を選択できる制度の構築などが求められそうだ。