アプリ制作やWEBシステム開発事業を行う株式会社ファクトリーは2019年10月1日、熊本県八代市と立地協定を締結。その調印式が2019年9月、八代市・芦北町とビジネス連携包括協定を結んだ株式会社MARUKU立会いのもとに行われた。アプリ開発の技術を活かした地方創生や雇用機会創出への取り組みに期待が集まっている。
これまで累計800以上のアプリ制作を行った実績を持つ東京都のIT企業、株式会社ファクトリーが、八代市内の本町商店街に熊本八代オフィスを開設した。熊本八代オフィスでは、アプリ制作業務やアプリ運営業務を行いながら、エンジニアやデザイナーの地方拠点としての役割を果たすと言う。同時に、地域活性化と地方の雇用機会の創出のために、八代市と共に継続的な発展を目指すとしている。

八代市は市内にIT関連企業のオフィスが少ないことで、若者の地元就職が叶わないという課題を抱えている。IT企業への就職を希望する若年層は、県外や市外へ流出せざるを得ない状況にあり、市内の雇用創出と産業活性化に向けた施策を講じる重要度は高かったと推測できる。今回の協定締結を機に、八代市の中心市街地が若者にとって働ける場所、また魅力ある場所となっていくことが期待される。

ファクトリーは、Web制作のコンサルティング・制作・構築事業を行う「MARUKU」と、芦北町と立地協定を結び、Webサイトの企画・制作を行う「WEBTATE」と共に、熊本県南地域を中心にICTビジネスの集積地帯を創ることに注力するとしている。今後も、3社それぞれが県南地域の活性化に向けて、新規雇用の計画や事業を進めることになる。こうした地域と企業が連携した取り組みは、地方創生や新たな雇用創出に繋がる動きとしてますます注目を集めるだろう。