「「強い企業」への変革を支援する人財マネジメントソリューション」 〜企業の成長と発展に向けた人財マネジメントのイノベーションへのIT活用〜

HRソリューションフォーラム 講演録

◆第1回「日本HRチャレンジ大賞」特別賞を受賞
弊社はカシオ計算機の人事関連ソリューションを扱う部署を母体として独立し、2009年の設立以来、多くの企業の人事部門をお客様としてパッケージ製品やサービスをご提供しています。近年、人事部門を取り巻く環境が大きく変化し、強い企業への「変革」を担う役割が人事部門に強く求められています。私どもはこの状況にいち早く着目し、人財マネジメントのイノベーションのためのITによるご支援を強力に推進しています。
今年6月には、この取り組みが評価され、第1回「日本HRチャレンジ大賞」において人材サービス部門「特別賞」を受賞することができました。栄えある賞をいただいたと同時に、今後、日本の企業の方々に貢献すべく重責を担ったという思いを強くしています。

◆今、求められる新しい人財(タレント)マネジメントシステムとは

日頃、さまざまな企業の経営層や人事部門の方々から話をお聞きする中で、頻繁に出てくるキーワードが「変革」です。ビジネス環境が劇的に変化し、従来のやり方が通用しなくなる中で、企業のあらゆる階層で仕事のやり方が見直され、チェンジリーダーが求められています。

弊社が今年9月に行った人材マネジメントに関する意識意識調査でも、人材マネジメントへの関心は非常に高く、特に「人」の育成が重要なテーマ要素として認識されているとの結果が出ています。具体的な課題としては「社員の教育・能力開発」、「組織風土、社員の意識の改革」、「モチベーションアップ」を挙げる企業が多く、これらの面で現状を変えるために手を打つ必要があると多数の企業がお考えであることが見てとれます。

 また、人事部門の責任者の方々とお会いする中では、次世代幹部候補者のリストアップがうまくいっていない、現場の組織風土が活性化しないといったことが頭の痛い課題であるという話を非常に多くお聞きします。と同時に、人事部門の方々が限られたメンバーで従来の業務を行いながらこれらの課題に取り組むことは難しく、悩ましいという声も頻繁に耳にしています。

 こうした状況を打開したいとお考えの企業にご活用いただいているのが、「人財」「組織」「変化(効果)」の3つの「見える化」を切り口とした弊社の人財支援システム『iTICE(アイティス)』です。

◆「人財」「組織」「変化(効果)」の「見える化」の活用例

多くの企業の人事部の方に話をお聞きすると、日々の労務管理に必要な情報は揃っているが、経営陣や事業責任者が戦略を練るために必要な人財情報は、必ずしも体系立てて管理できていない実態があります。例を挙げれば、採用時の適正診断、研修結果、コンピテンシー、多面評価、昇格アセスメントなどの各種データです。
『iTICE(アイティス)』は、散在しがちで継続的に活用されていなかった情報を簡単に統合する仕組みを提供し、短期間で人財マネジメントに役立つ「生きた人財情報」としての活用、「人財」「組織」さらにその「変化(効果)」を「見える化」することができます。これにより職務経験や業績評価など静的な結果情報だけでなく、能力、キャラクター、モチベーションといった変化する情報も一目で把握できるため、人財と組織のポテンシャルを引き出し、企業ごとの戦略に沿った人財マネジメントを行うことが可能となります。

 具体的な活用例としては、まず組織分析があります。各種人財情報のほかに売上等の営業実績データも合わせて活用管理すれば、部門間の比較分析、同一部門での好業績時と現在の比較分析など、さまざまな切り口で分析し、改善の気づきが得られます。また、変革を担う次世代リーダー候補を選ぶ際は、リストアップ要件として従来要素である資格やスキル、業績だけでなく、求められる行動特性などの人財要件に基づき候補者を選出、人財バインダで管理することで、例えば1年間の幹部育成研修を行い、育成するといった継続フォローする仕組みを作ることができます。これ以外にも人財マネジメントにおける活用例は多数あります。

◆人財マネジメントシステム導入のポイントはスモールスタート

人財(タレント)マネジメントシステムの導入には大がかりな投資や準備が必要とのイメージもあり、日本ではまだ導入が進んでいませんが、一方でその必要性を感じられ導入の検討をされている企業が増えています。弊社はこれを考慮し『iTICE(アイティス)』の導入コストを敢えて抑え、稼動準備も簡略化できる仕組みを提供することでスモールスタートを可能としました。「人財」「組織」「効果(変化)」の3つの「見える化」により人財マネジメントを支援する『iTICE(アイティス)』で「強い企業」への変革を支援させていただければ幸いです。

東海/北陸エリア企業 経営者・人事部門責任者様向けセミナー開催(2012年12月7日)

『企業の成長と発展に向けた人事労務管理から人財マネジメントへの変貌とIT活用』のお申込みはこちらから
http://www.hrpro.co.jp/seminar_detail.php?ccd=00244&pcd=5

人財支援システム『iTICE(アイティス)』の「人財」「組織」の見える化を体験できます

体験サイトをこちらから是非ご覧下さい。
http://www.casio-human-sys.co.jp/demo/
  • 1

著者プロフィール

HRプロ 株式会社 HRソリューションフォーラムレポート

関連リンク