「長期的によいキャリアを歩むために」 〜節目はキャリア・デザイン、節目と節目の間はキャリア・ドリフト〜

HRソリューションフォーラム 講演録

◆「キャリア・デザイン」と「キャリア・ドリフト」
講演タイトルに「キャリア・デザイン」と「キャリア・ドリフト」という言葉を入れた。おそらく「キャリア・デザイン」はご存じだろう。耳に心地よすぎる言葉だが、よく使われる。
 もうひとつの「キャリア・ドリフト」はそれほど普及している言葉ではないだろう。「drift」を英和辞典で引くと「漂流する」という訳語が出てくる。1970年代から80年代にかけて絶大な人気を誇ったザ・ドリフターズというグループがあった、ドリフトする者たちという意味だ。

この先は、会員の方だけがご覧いただけます。会員の方はログインを、会員でない方は無料会員登録をお願いします。

HRプロ会員の方はこちらから

まだ会員でない方はこちらから

登録無料!会員登録された方全員に 「人材育成マニュアル」をプレゼント!

HRプロとは

著者プロフィール

HRプロ 株式会社 HRソリューションフォーラムレポート

HRサミット2019/HRテクノロジーサミット2019 アフターレポート公開中

関連リンク