少し先の未来に向けて、人事部門に求められるもの

HRサミット2017/HRテクノロジーサミット2017講演録

今や「ビジネスパートナー(HRBP)」や「センター・オブ・エクスパティーズ/エクセレンス(COE)」といった形式的な肩書を持つことは、重要でなくなりつつあります。人事として経営に対しどういう付加価値を提供していくのか――それが何より問われ始めているのです。変化が激しい時代の中で、人事部門を取り巻く環境や、人事部門が担うべき役割も大きく変わってきています。そこで今回は、学習院大学の守島基博教授をお招きし、少し先の未来に向けて、人事部門が考えるべきこととは何なのかを解説いただきました。


講師

  • 守島 基博 氏

    守島 基博 氏

    学習院大学 経済学部経営学科 教授

    p>86年米国イリノイ大学産業労使関係研究所博士課程修了。人的資源管理論でPh.D.を取得後、カナダ国サイモン・フレーザー大学経営学部Assistant Professor。慶應義塾大学総合政策学部助教授、同大大学院経営管理研究科助教授・教授、一橋大学大学院商学研究科教授を経て、2017年より現職。厚生労働省労働政策審議会委員などを兼任。著書に『人材マネジメント入門』、『人材の複雑方程式』(共に日本経済新聞出版社)、『人事と法の対話』(有斐閣)などがある。


この先は、会員の方だけがご覧いただけます。会員の方はログインを、会員でない方は無料会員登録をお願いします。

HRプロ会員の方はこちらから

まだ会員でない方はこちらから

登録無料!会員登録された方全員に 「人材育成マニュアル」をプレゼント!

HRプロとは

著者プロフィール

HRサミット2017/HRテクノロジーサミット2017 講演録

2017/9/19-9/22開催

HRサミット2017 アフターレポート一一覧はこちら

関連リンク