人が育つ実践的な内製研修の 導入戦略について 〜行動変容の視点から内製研修を考察する〜

HRサミット2017/HRテクノロジーサミット2017講演録

近年、育成風土を高めることを前提に研修を内製化したいという声をよく聞きます。しかし、どのように進めたらいいのか、具体的な方法が分からないというご担当者の方も多いようです。そこで、講師ビジョンの島村氏より、研修を内製化することの優位性や効果を説明いただき、その後、実際に育成風土を高めながら、研修を内製化させることに成功している2社のご担当者にその過程を説明していただきました。


講師

  • 島村 公俊氏

    島村 公俊氏

    講師ビジョン株式会社 代表取締役

    2001年、人事系のコンサルティング会社などを経て、2006年ソフトバンク株式会社(旧ボーダフォン)入社。全国の代理店ショップの店長向けにコーチング研修を導入し、退職率低減に寄与。社内表彰される。2007年人事本部人材開発部へ異動。ソフトバンクユニバーシティ設立において研修の内製化を推進し、内製コンテンツの開発および、100名を超える社内講師の育成へ貢献。2013年アメリカの教育団体よりアジア初としてPike’s Peak Awardを受賞。翌年、日本HRチャレンジ大賞人材育成部門優秀賞を受賞。2015年より講師ビジョン株式会社を設立し、教え、学びあう文化をつくることを目的に、内製研修の開発支援や社内講師トレーニングを提供している。


  • 小野 琴理氏

    小野 琴理氏

    株式会社ファンケル ファンケル大学 教育企画部 教育企画運営グループ 課長

    2007年 株式会社ファンケルに入社。電話窓口部門への配属を経て、人事企画部門に3年半従事。
    2013年 社内教育部門(ファンケル大学)の設立とともに、新入社員から役員層までの研修を行う部署の課長として、社内研修の内製化に積極的に取り組む。
    2014年度1,000名を超える従業員を対象に実施した理念研修をきっかけに、従業員の特徴や傾向を把握。
    その後、従業員の傾向に合わせた社内研修の構築を行い、2016年度は80%以上の研修を社内講師で実施し、年間のべ2,900名が受講。
    また、反転教育の導入においても、企画から構築まで全て社内で完結させ、従業員の研修転移に貢献。
    現在は、店舗・窓口部門共通の社内資格制度と教育プログラムの再構築に取り組む。

  • 原田 謙太郎 氏

    原田 謙太郎 氏

    株式会社ビームス 人事本部 人材開発部 係長

    1998年に日本電信電話株式会社(NTT)​へ新卒入社。2000年に株式会社ビームスへ転職。販売職から店舗マネジメントを経て、2011年に人材開発部へ異動。現場での育成実績を活かし、キャリア自律とリーダーシップ開発をリンクさせた年次研修制度や、経験学習に紐づいた5者面談の仕組みなどを構築。2015年には青山学院大学のワークショップデザイナー育成プログラムを修了し専門性を高める。現在は人材開発部の責任者として、大学や他組織との連携など、これまでの研修施策だけにとらわれない、新しい人材育成の可能性にチャレンジしている。



こちらのコンテンツのご利用には会員登録・ログインが必要です。

HRプロ会員の方はこちらから

まだ会員でない方はこちらから

登録するとHRプロポイント100P進呈中

HRプロでできること

著者プロフィール

HRサミット2017/HRテクノロジーサミット2017 講演録

2017/9/19-9/22開催

HRサミット2017 アフターレポート一一覧はこちら

新卒採用フォーラム2018 申込受付中!

関連リンク

MENU