新卒採用

ヒューマネージ、「エンゲージメント」を科学的に予測する ジョブ・クラフティング適性検査『Q1』リリース

ヒューマネージは、新しい適性検査『Q1』をリリースすると発表した。“エンゲージメント”が注目を集めており、『Q1』は、個人のエンゲージメントを高めるカギ=“ジョブ・クラフティング”を科学的に測定する。

【2021年7月15日 株式会社ヒューマネージ

〜エンゲージメント向上のカギとなる“ジョブ・クラフティング”を測定、採用と育成の精度を向上〜

エンゲージメントの高い人材を採用したい。
カギを握るのは、その人の志向や行動の傾向=ジョブ・クラフティング

近年、組織の離職率や企業業績に影響する要素として“エンゲージメント”が世界的にも注目を集めている。我が国においても、経済産業省が推進する健康経営優良法人認定制度の選定・認定基準において、エンゲージメントサーベイが推奨する取り組み事例として挙げられている。

ヒューマネージは、2010年に、業界で初めて、個人のジョブ・エンゲージメントタイプに着目したエンゲージメント適性検査『T4』をリリースした後も、同社の顧問である川上 真史氏(ビジネス・ブレークスルー大学大学院 教授)、種市 康太郎氏(桜美林大学 リベラルアーツ学群 領域長(人文)、教授(臨床心理学))らと共同で、個人のエンゲージメント開発に関する調査研究を続け、その結果、個人が「自らの仕事を面白くする」特性である“ジョブ・クラフティング”に着目、その尺度の開発に成功した。2021年4月に、組織改善だけでなく人材開発のためのエンゲージメントサーベイ『Qraft』をリリース、このたび、人材採用向け適性検査として『Q1』のリリースに至った。

入社後、確実に成果をあげてもらうために。
ジョブ・クラフティングの傾向を、採用と育成に活用する

ワーク・エンゲージメント(個人の「働くこと」へののめり込み)に影響する要素は、主に4つ。組織の要素(会社・組織)だけでなく、個人の要素(仕事・職務)も大きく影響する。“ジョブ・クラフティング”とは、たとえば、仕事のやり方を自分自身で工夫したり、関係者とメリットを交換し合える関係を構築するなど、自分自身で仕事を「手づくり」する力を指す。ヒューマネージの研究では、ジョブ・クラフティングの高い人材ほど、ストレス状態が良好となり、エンゲージメントも高まることが判明している)。採用向け適性検査である、ジョブ・クラフティング適性検査『Q1』では、個人の要素である“ジョブ・クラフティング”と“ジョブ・エンゲージメントタイプ”を測定する。

ジョブ・クラフティング適性検査『Q1』でわかること;
@ その人の、仕事を手づくりする力=ジョブ・クラフティングの傾向がわかります。
A その人がエンゲージしやすい仕事のタイプ=ジョブ・エンゲージメントタイプがわかります。
B 周囲がみえなくなったり、最終的に燃え尽きてしまうなど、ネガティブな結果を引き起こす
パーソナリティ要因を確認できます。

ダイバーシティ、価値観の多様化、人材の流動化、テレワークによるコミュニケーションの変化――現在、「組織」と「個人」の関係は、変化の局面を迎えている。そのようななか、入社後の育成において、知識やスキルの習得以上に、仕事や働くことに対する意識改革を課題と感じている人事担当者は多い。会社から与えられることを一方的に求めるのではなく、自律的・自発的に成果創出に取り組むために、個人の「働くこと」へののめり込み=“エンゲージメント”は欠かせない概念といえる。ジョブ・クラフティング適性検査『Q1』は、入社後、高い“エンゲージメント”で仕事に取り組んでもらうために、採用時に“ジョブ・クラフティング”と“ジョブ・エンゲージメントタイプ”を正確に把握し、採用と育成の精度をあげるためのアセスメントツールである。

ジョブ・クラフティング適性検査『Q1』のサービス提供は、2021年7月15日より開始する。

会社概要

会社名株式会社ヒューマネージ
業務内容HCM(ヒューマン・キャピタル・マネジメント)事業
●採用ソリューション事業
●適性アセスメント事業
●EAP (Employee Assistance Program=従業員支援プログラム)事業
URLhttps://www.humanage.co.jp/

お問い合わせ先

本件に関するお問い合わせ
株式会社ヒューマネージ
経営企画本部 広報グループ 担当:山口
e-mail :contact@humanage.co.jp
tel :03-5212-7170
fax :03-5212-7180

株式会社ヒューマネージ その他のリリース