「プロフェッショナル人材のセカンドキャリア形成」支援でクラウドワークスとNH社が協業

株式会社クラウドワークス(以下、クラウドワークス)は2021年11月10日、同社が運営する副業マッチングサービス「Crowd Links(クラウドリンクス)」において、ニューホライズンコレクティブ合同会社(以下、NH社)と協業し、NH社に集う個人事業主や法人主とともに、事業課題を持つ企業や公的機関のマッチングによる「プロフェッショナル人材のセカンドキャリア形成」につなげる新たな取り組みを実施すると発表した。これにより、退社後のミドル・シニア世代の人材の新しい働き方を支援したい考えだ。

プロフェッショナル人材と地方中小企業などをマッチングし、課題解決支援へ

クラウドワークスでは、クラウドソーシングサービスや副業マッチングサービス「クラウドリンクス」など6つのサービスを展開している。一方のNH社では、電通を退職した個人事業主や法人代表が、「ライフシフトプラットフォーム」という仕組みを活用し、個人が社会において長く価値を発揮できる新たな選択肢として、ミドルおよびシニア世代の「学び直し」の機会と、自由に挑戦する環境の構築を目指して活動している。

今回の協業では、NH社に所属する電通出身の専門的知識と技能を有するメンバーが、副業人材やフリーランスと企業や公的機関をつなぐプラットフォーム「クラウドリンクス」に登録。同サービス内で、人材確保や事業運営に課題を持った企業とのマッチングを行うことにより課題解決を図りたい考えだ。

サービスに登録したNH社のメンバーは、電通での業務経験を活かしたプロフェッショナル人材(ITコンサルタント、人材採用スペシャリストなど)として、広告やマーケティングなどをはじめ、ビジネスデザイン、新規事業開発、人材育成などに携わる。大企業で培ったさまざまな知識と経験を活かし、「スタートアップ企業向けの事業開発支援」や「地方中小企業向けのマーケティングPR支援」といった企業課題の解決をサポートするという。

クラウドワークスとNH社は、共同で取り組みを実施することで、「大企業出身のプロフェッショナル人材のセカンドキャリア形成」というミドル・シニア世代の新たな働き方につなげたい考えだ。

このような人材と企業をマッチングする“場”は、スタートアップ企業や採用力に乏しい中小企業は、豊富な知見を持った人材と接点を作る足がかりとなり、ミドル・シニア世代にとっては、企業で培った経験を活かして活躍できる機会を得られる。企業とミドル・シニア人材の双方にメリットがある取り組みといえる。