20代の約半数が「仕事で評価されている」と実感できず。テレワークでの評価における課題とは

株式会社学情は2021年9月8日、「20代の仕事観や転職意識に関するアンケート」における「評価」に関しての調査結果を発表した。調査期間は2021年7月30日〜9月1日で、同社が運営する転職サイトの利用者303名から回答を得た。これにより、20代会社員の「企業からの評価に関する意識」や、「テレワークでの評価において課題に感じること」などが明らかとなった。

「仕事で評価されている」と実感できている20代は2割程度

新型コロナウイルス感染症拡大により、テレワークの導入や定着が進む一方で、業務プロセスが見えないことから、仕事への評価が難しいとも考えられる。20代の若手世代は、自身の評価に関してどのように感じているのだろうか。

はじめに「仕事で評価されていると実感できているか」を尋ねた。すると、「実感している」が5.9%、「どちらかと言うと実感している」が16.8%となり、「実感している」と答えたのは合わせて22.7%だった。一方で、「実感していない」が23.8%、「どちらかと言うと実感していない」が24.4%となり、合計48.2%に。約半数が「仕事で評価されていると実感していない」ことが判明した。
仕事で評価されていると実感できているか

半数以上が「上司から褒められたとき」に「評価されている」と実感

続いて、「仕事で評価されていると感じるとき」について尋ねた。すると、「上司から褒められたとき」が53.1%で最多に。次いで、「昇給したとき」が31%、「責任ある仕事を任されたとき」が28.1%、「仕事のフィードバックを受けたとき」が25.1%と続いた。上司とコミュニケーションをとった際や、評価が給与や業務内容に反映された際に、「評価されている」と感じるケースが多いようだ。
仕事で評価されていると感じるとき

約4割がテレワークでの評価に課題を感じている

次に、「テレワークにおいて『どう評価されているかわからない』など、評価に関して課題を感じているか」を尋ねた。すると、「感じていない」が59.1%、「感じている」が40.9%となった。

「課題を感じていない」という人の自由回答からは、「電話やチャットでコミュニケーションが取れている」、「業務内容が明確なので、進捗や達成度に応じて明確に評価されている」といった声があがった。一方、「課題を感じている」と回答した人からは、「テレワークでは明確な評価制度が必要だと思う」、「業務の指示を受ける場面は多いものの、フィードバックを受ける機会が少ない」といった声があがった。テレワークでの評価においては、上司と部下との積極的なコミュニケーションや、明確な評価基準の設定が必要であるといえそうだ。
テレワークで評価に関して課題を感じたことはあるか
本調査により、20代社員にとって、上司とのコミュニケーションや昇給などが「仕事での評価の実感」につながることがわかった。特に、対面してのコミュニケーションがとれないテレワークでは、意識的にフィードバックの機会を設けるなど、20代社員のモチベーション向上につながる評価の仕方を改めて検討してみてはいかがだろうか。