第6話:インドネシアでの急成長を支える強い企業文化

海外進出企業の「人と組織の活性化」〜インドネシアに架ける熱き想い〜

文化とは何だろうか。辞書によると「社会を構成する人々によって習得・共有・伝達される行動様式、ないしは生活様式の総体」とある。出身地などの文化的影響を受けていないという人は皆無だろう。日本には日本の、インドネシアにはインドネシアの文化があり、さらに、同じ日本でも東京の文化、大阪の文化がある。文化は地域で区切られるだけではなく、信仰・世代・趣向など、様々なコミュニティごとに文化が存在する。企業という組織もそうだ。稼働している会社の数だけ「企業文化」が存在する。

ゼロから強い企業文化を作る挑戦

皆さんの会社には、強い企業文化があるだろうか。これはただ単に理念・ビジョンや社内の決めごと等を設定しているかどうかではない。企業文化が強くしっかりしていると、メンバーが同じ方向を向き、コミュニケーションが円滑になる。また、メンバー間の価値観も近しくなり、意思決定が迅速化する。(反面、価値観が近しいため思考が停止する、という別のリスクが存在するが、ここではその話は割愛する。)

『ビジョナリーカンパニー』という名著では、3M、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ソニー、ウォルト・ディズニーなど、「最高のなかの最高」の優良企業18社を例に出し、その重要性を解説しているが、強い企業文化はこれらの会社しか持てないということではなく、どんな会社でも作る権利のある、組織マネジメントの重要なカギである。

世の中を一変させるイノベーションを生み出す企業は素晴らしいが、そのような奇跡的なプロダクトがなくとも、他社よりも優れた「何か」を大切にし、メンバーがその「何か」を持つ会社にいることに誇りを感じる力が、強い企業文化を作っていく。

強い企業文化を作るには「歴史」が必要だ。年月をかけて練り上げ、文化を組織の隅々まで行きわたらせる。だから、歴史ある企業文化は簡単には崩れない(逆も然り。悪い企業文化は隅々まで行きわたり簡単には改善できない)。

しかし、ウォルトディズニーも最初は存在しなかったわけで、どのビジョナリーカンパニーにも創業期がある。今日も明日も、様々なスタートアップがそのスタートを切ろうとしているのだ。今回は、私がインドネシアで出会った日系企業で「強い企業文化を作ろうとしている」と感じた1社をご紹介したい。共同代表の船瀬悠太さん率いる「PT Quipper Edukasi Indonesia」だ。

船瀬さんは京都大学を卒業し、マッキンゼーに入社。その後、ベンチャーのQuipperの門をたたき、インドネシア支部を立ち上げ、短期間で業界シェアNo.1に駆け上がった。ゼロから強い企業文化を作りあげようとしている船瀬さんの奮闘を紐解くことで、皆さんの日々の組織マネジメントの一助になればと思う。

著者プロフィール

株式会社エイムソウル 代表取締役 PT. Bridgeus Kizuna Asia Director 稲垣隆司

1975年大阪生まれ、同志社大学卒業。急成長したベンチャー企業で人事部責任者を務め、年間600名の新卒採用の仕組みを作る。その後人事コンサルティング会社でコンサル部門責任者として年間100社の採用をサポート。2005年株式会社エイムソウルを設立し300社を超える顧客の人事課題解決に取り組む。2014年インドネシアに進出し、現地でPT. Bridgeus Kizuna Asiaを設立。日系企業に特化して人事課題解決に取り組む。毎月日本とASEANを行き来しながら活動中。

●株式会社エイムソウル 概要
「すべての人に、生きがいを」をミッション(理念)として掲げ、採用・教育コンサルティングサービスを行う。
「活躍する外国人を見抜く適性検査」CQI(https://www.aimsoul.com/global/)のβ版を2019年4月にリリースした。また、マインドセット研修「TOP GEAR」やプロジェクト型研修「NEXT GATE」、ASEANローカルスタッフのスキル・マインドセットe-Learning
「Bridgeus」、インターン、選考、研修用グループワークのレンタルサイト「Groupwork.com(https://hr-groupwork.com/)」など課題解決を図るサービスを延べ1万人以上に提供している。
株式会社エイムソウル 公式サイト

関連リンク