ワクワクする職場、 イキイキ働く社員を創る

HRサミット2017/HRテクノロジーサミット2017講演録

昨今、会社全体に蔓延る閉塞感から、負のスパイラルに陥っている職場は少なくありません。そこで、不機嫌な職場を無くし、働く人たちが自信を取り戻し、組織全体が活力を取り戻すにはどうしたらよいか、企業変革を支援している東京理科大学高橋教授に解説を賜り、また実際に元気を取り戻したオリンパスの取り組みについて、森賢哉氏からお話を伺います。

講師

  • 高橋 克徳氏

    高橋 克徳氏

    東京理科大学大学院 イノベーション研究科 教授

    一橋大学大学院修士課程終了、慶應義塾大学大学院博士課程単位取得退学。野村総合研究所、ワトソンワイアットを経て、2007年「組織感情とつながり」を機軸とする組織開発コンサルティング会社ジェイフィールを共同で設立。2008年に出版した『不機嫌な職場』(共著、講談社)は、28万部のベストセラーとなり、職場に焦点を当てた組織変革への動きをつくり出す。2013年より東京理科大学大学院イノベーション研究科教授。ご機嫌な職場づくり運動実行委員長。『職場は感情で変わる』(講談社)、『潰れない生き方』(KKベストセラーズ)、『人がつながるマネジメント』(中経出版)、『ワクワクする職場をつくる。』(共著、実業之日本社)、『イキイキ働くための経営学』(共著、翔泳社)など著書多数。


  • 森 賢哉氏

    森 賢哉氏

    オリンパス株式会社 人事本部 教育統括部 キャリア開発グループリーダー/キャリアコンサルタント

    2002年にキャリア採用でオリンパスに入社。20年以上の人事経験の中で、10年以上に渡り、
    人事戦略・制度企画・労務統括に従事。
    6000名を動員した社内初の全社イベントを始め、経営支援と従業員支援のバランスを取りながら、
    様々な組織開発施策を提案・推進してきた。
    現在は、現部署で新たな研修体系を構築し、教育現場の改革に取組んでいる。
    仕事のポリシーは、「人の可能性、夢を見る力の開放」。

  • 須東 朋広氏

    須東 朋広氏

    多摩大学大学院 経営情報学研究科 客員教授

    2003年、最高人事責任者の在り方を研究する日本CHO協会の立ち上げに従事し、事務局長として8年半務める。 2011年7月からはインテリジェンスHITO総研リサーチ部主席研究員として日本的雇用システムの在り方の研究から中高年の雇用やキャリア、女性躍進、障がい者雇用、転職者、正社員の研究活動を行ってきた。 2016年7月から、今までの研究活動から組織内でなんらかの理由で声を上げられない社員が、イキイキ働くために、一般社団法人組織内サイレントマイノリティを立ち上げる。 同社代表理事として現在に至る。そのほか、専修大学 非常勤講師、HR総研 客員研究員を兼任。

この先は、会員の方だけがご覧いただけます。会員の方はログインを、会員でない方は無料会員登録をお願いします。

HRプロ会員の方はこちらから

まだ会員でない方はこちらから

登録無料!会員登録された方全員に 「人材育成マニュアル」をプレゼント!

HRプロとは

著者プロフィール

HRサミット2017/HRテクノロジーサミット2017 講演録

2017/9/19-9/22開催

HRサミット2017 アフターレポート一一覧はこちら

関連リンク