人で勝つ

HRエグゼクティブフォーラムin大阪 講演録

多くの日本企業がさまざまな組織課題を抱え、変革を迫られている。そんな時代に必要とされるのは、一貫性のある思考で組織を導く力強いリーダーだ。組織に変革と創造をもたらし、最高のパフォーマンスを上げるために必要な「本物のリーダーシップ」とは? グローバル企業の経営幹部として、また人事責任者として数多くの戦略人事に携わってきた八木洋介氏に「人で勝つ」ための要諦をお話しいただいた。

講師

  • 八木 洋介氏

    八木 洋介氏

    株式会社people first代表取締役/
    株式会社ICMG 取締役/
    株式会社IWNC 代表取締役会長
    (元 株式会社LIXILグループ 執行役副社長)

    1955年生まれ。1980年に京都大学 経済学部 卒業、1992年にマサチューセッツ工科大学スローン経営大学院MS取得。1980年に日本鋼管株式会社(現JFEスチール株式会社)入社。1996年から1998年までNational Steel Corporationに出向(CEO補佐)。1999年に GE横河メディカルシステム株式会社入社。2000年から2004年までGE Medical Systems Asia、2005年から2008年までGE Money Asia、2009年から2012年までGE Japanにて責任者として人事などを担当。2002年より日本ゼネラル・エレクトリック株式会社取締役。2012年 株式会社住生活グループ (現 株式会社LIXILグループ )執行役副社長 人事・総務担当。2017年株式会社people firstを設立して、代表取締役(現任)。2017年株式会社ICMG取締役 及び 株式会社 IWNC 代表取締役会長(現任)。経済同友会幹事 雇用・労働市場委員会副委員長。著書に「戦略人事のビジョン」。講演、雑誌などに記事多数。

日本の抱える代表的組織課題

今はデジタルの時代。だからこそ、組織は「人」で勝たなければなりません。デジタルは、どんなデータや戦略ですらもコピーできます。ただそういう時代に新たな価値を生み出すのは、AIではなく、人です。過去のデータの延長線上から浮かび上がる価値観によって世の中を切り拓いていくことは、AIにはまだ不可能なのです。

最初にお話ししたいのは、日本の代表的組織課題についてです。各国の労働生産性を比較した2016年の調査では、日本はドイツより2ヶ月分も長く働いているのに、GDPはドイツの方が2割ほど高い。エンゲージメントの高さについては、日本は139ヶ国中132位。女性の活躍ぶりを示すジェンダーギャップ指数を見ても、日本は153ヶ国中121位です。約6,500万人いる日本の労働者のうち、女性の比率は40%超ですが、女性の管理職比率はわずか10%ほどでしかありません。

生産性が低い、エンゲージメントが低い、ダイバーシティが進んでいない。こうして並べると「日本人は能力が低いと言いたいのか」とお思いになるでしょう。ただ私はこれまで16ヶ国の人たちを部下に持ちましたが、彼らと比べて日本人の能力が低いと思ったことはありません。すべての原因は構造にあるのです。

そして構造的に最も大きな問題は、残念ながら人事にあると私は思います。1969年、当時の日経連(※日本経営者団体連合。現在は経団連と統合)が能力主義を唱道する論文を発表しました。能力主義とはいえ、中身は職能資格制度、つまりは年功序列のベースになった考え方です。50年前に提示された制度を、今も日本のほとんどの会社が適用しており、その結果世界基準から取り残されてガラパゴス化しています。この50年間、我々は多くの環境変化に直面しながらも、仕組みを変えることができませんでした。今こそ襟を正し、それぞれの環境に適合した戦略を立てる時期が来ているのです。

そして5年後、10年後、30年後、何が起こるかは分かりません。「シンギュラリティが起こる」と言う人がいれば、「起こらない」と言う人もいる。「起こさない」と言う人もいるし、「どう起こすかを考えている」と言う人もいる。ただひとつだけはっきりしているのは、「必ず変化は起こる」ということです。ですから変化に対してネガティブな国や組織、人が成功するはずがありません。「変わりたくない人」を守り、その人にしかるべきポジションを与えてしまっていれば必ずその国や組織は衰退します。変化をしなければ勝てません。

最初に申し上げたように、今はデジタルの時代です。どこにも正解はなく、先も読めません。誰も予想しなかったことが、どんどん現実になっていく。それはテクノロジーだけではなく、政治や経済でも同じです。だからと言って手をこまねいていても当然勝つことはできません。そんな先の読めない時代だからこそ、一貫性のある思考で皆を導くリーダーが必要とされています。キーワードは「変化と創造」です。

この先は、会員の方だけがご覧いただけます。会員の方はログインを、会員でない方は無料会員登録をお願いします。

HRプロ会員の方はこちらから

まだ会員でない方はこちらから

登録無料!会員登録された方全員に 「人材育成マニュアル」をプレゼント!

HRプロとは

著者プロフィール

HRプロ編集部

採用、教育・研修、労務、人事戦略などにおける人事トレンドを発信中。押さえておきたい基本知識から、最新ニュース、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届けします。

HRサミット2019/HRテクノロジーサミット2019 アフターレポート公開中

関連リンク