【本資料の概要】
コロナ禍でテレワークの導入が加速する一方、従業員一人ひとりの状態が見えにくくなるなど、マネジメントに不安を感じる管理職が増えてきている。そうした課題を解決させる取り組みとして注目されているのが、セプテーニ・ホールディングスの「個別マネジメントシステム」だ。従業員のコンディションや成長の度合いをレビューシステムによって可視化。一人ひとりに合った施策へと繋げることで、従業員の安全衛生や成長はもちろん、管理職の不安解消やマネジメント力向上にも貢献するという。一体どのような経緯で生まれ、どのように活用されているのか。トライアルで導入を進めているSepteni Japan株式会社 代表取締役社長 清水 雄介氏と株式会社セプテーニ・ホールディングス採用企画部 部長 江崎 修平氏にお話を伺った。

【目次】
●従業員一人ひとりのマネジメントが必要になった背景とは…2p
●従業員1名に対して2名のコーチが個別最適化したマネジメントを実施…4p
●分析データは意思決定をするうえでの参考材料に…5p
●従業員のパフォーマンスが向上し、活躍する事例も…6p
●取材を終えて…7p

解決できる課題

人材育成の体系を見直したい

研修内製化・研修開発をしたい

管理職の能力を高めたい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 ProFuture株式会社
住所 〒100-0014
東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル514
代表者 寺澤 康介
資本金 3,015万円
売上高
従業員数