第104回 学生が選ぶ「印象の良かったセミナー・面接」ランキングから見えてくること ── ポイントは“傾聴力”

採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント

味の素は「福利厚生」をきちんと説明

3位は味の素(同1位)。食品・飲料系は就職人気企業ランキングの人気業種ですが、今回の好感度ランキング20位以内に入ったのは味の素とキリン(10位)の2社だけでした。

味の素では「規模の大きさ」や「雰囲気」を挙げるコメントが多く、下記のコメントからは丁寧に説明していることが分かります。人事担当者の中には、福利厚生に強い関心を持つ学生を嫌う人もいます。しかし、福利厚生は労働環境に関する事項であり、コンプライアンス重視の姿勢を示す意味でも、十分に説明する必要があるでしょう。年々、学生の福利厚生への関心度は高くなっており、2020年卒学生の応募先企業の選社理由では、文系・理系ともに「仕事内容」「給与・待遇」に次ぐ3位となっています(2019年9月の本稿参照)。

・社員の方の人柄の良さと仕事にかける情熱を感じられたから(文系・早慶大クラス)
・入社後の福利厚生をきちんと説明してくれた(文系・中堅私立大)
・一対一で話す時間が長かった(理系・旧帝大クラス)
・どんな質問にも答えていただいた(理系・旧帝大クラス)

>>参考:第102回 人事担当者の人柄や対応の良さで志望度は上がる ── HR総研「2020年卒学生 就職活動動向調査」

NTTデータは女子学生限定の説明会を実施

味の素と同数25ポイントで3位となったのはNTTデータ(同3位)。味の素のポイントが文系11ポイント、理系14ポイントに対して、NTTデータも文系10ポイント、理系15ポイントと文理の比率もほぼ同じです。2社とも文系よりも理系の支持が高いことが特徴です。

コメントを読むと、何度もセミナーを実施しており、しかもいろんな種類がありそうです。OB・OG主催のセミナーを大学ごとに実施するほか、女性限定の説明会もあるようです。男子学生が出席していると、女子学生が聞きづらい質問もあるはずでしょうし、女性限定の説明会は有効だといえます。

・単体だけでなくNTTデータグループの説明会もしてくれたため(文系・早慶大クラス)
・女性限定の説明会があり、育休や産休について質問しやすかったから(文系・上位国公立大)
・大学ごとにOB・OGが主催してくれたから(理系・旧帝大クラス)
・何度もイベントの案内をしていただき、何度も違う社員さんとお話しする機会があったから(理系・上位私立大)

外資系コンサルのアクセンチュアは「知るカフェ」活用

5位はアクセンチュア(同13位)。外資系コンサルの代表的な企業であり、近年、働き方改革の成果もあり、上位校学生からの人気が高まっています。コメントを読むと、旧帝大クラス、早慶クラス、上位国公私立大クラスがほぼ3分の1ずつの割合になっています。

就職偏差値が高い企業と考えられているアクセンチュアですが、セミナーはオープンな雰囲気が支持されているようです。「きれい」「丁寧な対応」「明確」などの言葉が並んでおり、学生には総じてスマートな印象があるようです。

「知るカフェ開催」とも書かれていますが、「知るカフェ」とは上位校大学近辺に立地する、大学生と大学院生限定のカフェの一つです。企業がスポンサーになり、学生は無料で利用できます。近年はこういった新卒採用を意識したカフェが、新たな採用プロモーション手法の一つとして増えてきています。エリート企業の印象があるアクセンチュアですが、社員と学生が話すセミナーはカジュアルに運営されているようです。

・ラフな感じだったから(文系・旧帝大クラス)
・知るカフェ開催。OBの人と直接話せ、企業の印象が上がった(文系・早慶大クラス)
・キャリアプランの透明性が高かったから(文系・早慶大クラス)
・社員さんが輝いている雰囲気を感じた(文系・上位国公立大)

著者プロフィール

ProFuture代表 HR総研所長 寺澤 康介

1986年文化放送ブレーン入社。2001年文化放送キャリアパートナーズを共同設立。常務取締役を経て、07年採用プロドットコム株式会社(10年にHRプロ株式会社、15年にProFuture株式会社に社名変更)設立、代表取締役社長に就任。2012年、HR総研所長に就任。
著書に『みんなで変える日本の新卒採用・就職』『経営と人事 対話のすすめ』、編著に『経営を変える、攻めの人事へ』(いずれもProFutureより出版)などがある。

※『採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント』は、WEB労政時報に寄稿した原稿を約2週間遅れで転載しておりますので、内容的に時差が生じる場合があります。ご了承ください。
WEB労政時報体験版はこちら

関連リンク