申込み1件につきHRポイント100P進呈!

特典無料

無料/コーポレートガバナンスからみた対応すべきサクセッションプラン(後継者育成計画)のポイントと事例

今、なぜ「サクセッションプラン(後継者育成計画)」が必要なのか?コーポレートガバナンスからみた対応すべき、サクセッションプラン(後継者育成計画)のポイントと事例をトップコンサルタント3名より解説!【無料/動画視聴版ウェビナー】コーポレートガバナンスからみた対応すべき、サクセッションプラン(後継者育成計画)のポイントと事例

無料/コーポレートガバナンスからみた対応すべきサクセッションプラン(後継者育成計画)のポイントと事例
費用: 無料
開催形式: オンライン(アーカイブ/オンデマンド)
視聴URL連絡方法: ・HRプロマイページ上でご案内
提供会社: 株式会社タナベコンサルティング
特典 ご参加者限定
1.【ご希望者のみ】講演レジュメ
2.【ご希望者のみ】個別相談も承ります。
など

このセミナーの主な対象者

経営者・経営幹部・事業部長・人事責任者・人事担当者など

対象職種: 人事・労務 経理・財務・税務 法務・コンプライアンス 総務・管理部門 その他職種
対象階層: 経営者・経営幹部 経営幹部候補 管理職

解決できる課題・このセミナーをおすすめしたい企業

日程・申込

2023/12/19(火) 10:00 〜 2024/04/26(金) 17:00

Googleカレンダーに登録
  • 対象:【ご都合の良いお時間で動画をご視聴ください】経営者・経営幹部・事業部長・人事責任者・人事担当者など
  • 申込締切:2024/04/26(金) 12:00
  • キャンセル不可(主催企業へ個別にお問い合わせください)
  • 定員:30名
申込む

セミナー概要

このセミナーのポイント!

本オンデマンドウェビナーでは、コーポレートガバナンス・コードにも、その必要性が言及されているサクセッションプランについて、サクセッションプランの意義や作成方法から、様々な事例を踏まえてタナベコンサルティングのノウハウをご紹介させていただきます。

●本ウェビナーのポイント

1.サクセッションプランが求められる環境や意義・メリットの紹介
2.サクセッションプラン(後継者育成計画)策定に関するポイント
3.上場企業における具体的な策定事例の紹介とポイントの解説

★人気コンテンツ再公開★
人気のWEBセミナーを動画視聴版説明会として公開いたします!
この期間内、いつでもご視聴いただけます!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
オンライン(動画視聴版)説明会(動画URL視聴版)
【お申込み後、視聴用URL送付いたします】
※1.ページ設定の都合上、開催日程・時間を掲載しておりますが、
   お申込み後、ご視聴いただけるURLは、適宜お送りさせていただきます。
(ご都合の良いタイミングでご視聴いただけます。)
※2.お申込み確認後、視聴用のURLをメールでお送りいたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



今、なぜ「サクセッションプラン(後継者育成計画)」が必要なのか?

コーポレートガバナンスからみた対応すべき、サクセッションプラン(後継者育成計画)のポイントと事例をトップコンサルタント3名より解説!


【無料・WEB講座/動画視聴版ウェビナー(お申込み後、視聴用URL送付)】
コーポレートガバナンスからみた対応すべき、サクセッションプラン(後継者育成計画)のポイントと事例


本オンデマンドウェビナーでは、コーポレートガバナンス・コードにも、その必要性が言及されているサクセッションプランについて、サクセッションプランの意義や作成方法から、様々な事例を踏まえてタナベコンサルティングのノウハウをご紹介させていただきます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●開催趣旨

企業が持続的に成長発展していくためには、事業ポートフォリオ再構築によるビジネスモデル革新と共に、後継者育成が必要不可欠です。

サクセッションプランの必要性については、コーポレートガバナンス・コードにも以下の通り言及されています。

「取締役会は、会社の目指すところ(経営理念等)や具体的な経営戦略を踏まえ、最高経営責任者等の後継者の計画(プランニング)について 適切に監督を行うべきである。」


コーポレートガバナンス・コードとは企業経営のルールを明確にするものですが、この中にサクセッションプランが含まれていることは、いかにこの点が取り組みべき重要事項であるかを表しています。

また、サクセッションプランは短期間の取組みではなく何年もかけて行われるものであり、かつ企業が存続する限り次の後継者を選任することは常に課題となり続けることからすれば、社長・CEOのみならず、次の社長・CEO候補となり得る取締役や執行役員も含める必要があります。
本オンデマンドウェビナーでは、サクセッションプランの意義や作成方法から、上場企業における事例とポイントを解説し、タナベコンサルティングのノウハウをご紹介させていただきます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●こんな方におすすめです

・持続的成長を目指す経営者・経営幹部
・企業価値向上を目指す中堅・上場企業の経営幹部
・後継者計画のロードマップの立案を実施していない企業様


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●本ウェビナーのポイント

1.サクセッションプランが求められる環境や意義・メリットの紹介
2.サクセッションプラン(後継者育成計画)策定に関するポイント
3.上場企業における具体的な策定事例の紹介とポイントの解説


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご視聴プログラム

○講師:株式会社タナベコンサルティング 上席執行役員 コーポレートファイナンスコンサルティング事業部 福元 章士
 講演テーマ:「今、なぜサクセッションプランが必要なのか」~コーポレートガバナンスからみた対応すべきポイント~

○講師:株式会社タナベコンサルティング エグゼクティブパートナー 九州本部 副本部長 古田 勝久
 講演テーマ:サクセッションプラン(後継者育成計画)の事例紹介【1】

○講師:株式会社タナベコンサルティング 執行役員 コーポレートファイナンスコンサルティング事業部 齋藤 正淑
 講演テーマ:サクセッションプラン(後継者育成計画)の事例紹介【2】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●無料の個別相談承ります

個別相談をご希望の方は、お申込み時の備考欄にご記載ください。
(1)個別相談を希望する(タナベコンサルティングが訪問)
(2)個別相談を希望する(電話やWEB会議など)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●こちらのウェビナーでございますが、

1.コンサルティング業関連・研修教育業関連等、同業の方々
2.個人事業主様
3.学生様
につきましては、お断りさせていただいております。
また、事情によりお申込みをお受けできない場合がございます。予めご了承ください。

登壇講師

  • 福元 章士

    福元 章士氏

    株式会社タナベコンサルティング 上席執行役員 コーポレートファイナンスコンサルティング事業部

    収益・財務戦略構築を専門分野として、建設、住宅、製造、小売業など幅広い業界でコンサルティングを実施。企業再生、組織再編、事業承継などのターンアラウンド支援も 数多く手掛けてきた。「1社でも多く企業の成長を誠心誠意サポートする」をモットーに、様々な経営課題を解決に導く経営者のパートナーとして高い信頼を得ている。

  • 齋藤 正淑

    齋藤 正淑氏

    株式会社タナベコンサルティング 執行役員 コーポレートファイナンスコンサルティング事業部

    会計事務所業界で監査・会計指導業務を経て、当社に入社。経営ビジョン・戦略策定、組織体制デザイン、財務・資本政策立案、事業承継戦略の構築を得意とするタナベ屈指のコンサルタント。中堅企業の総合的な経営基盤強化を、収益構造の再構築により実現すると共に、その推進を支えるマネジメントシステム構築、経営人材の育成で数多くの実績を持つ。事業承継では『経営者のプライベートな悩み(同族問題)』も同時に解決する。

  • 古田 勝久

    古田 勝久氏

    株式会社タナベコンサルティング エグゼクティブパートナー 九州本部 副本部長

    自動車部品メーカー、食品メーカーの人事部門にて採用・人材育成・人事労務業務を経て、当社へ入社。現場で培ったノウハウをもとに、戦略的な人事・組織の実現に向けて経営的視点からアプローチし、九州の上場企業・中堅企業の成長を数多く支援している。

    主な実績
    ・上場企業におけるサクセッションプラン策定・運用支援
    ・中堅メーカーにおける人事制度再構築支援等、人事システム構築多数
    ・サービス業における組織風土改革プロジェクト推進
    ・上場企業の中期経営計画策定プロジェクト推進

会社情報

社名 株式会社タナベコンサルティング
住所 東京本社
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-2鉃鋼ビルディング9F

大阪本社
〒532-0003 大阪市淀川区宮原3-3-41
代表者 代表取締役社長 若松 孝彦
資本金 17億7,200万円
売上高 92億13百万円 (2021年3月期)
従業員数 576名(2022年4月1日現在)(グループ全体)

  • 労政時報
  • 企業と人材
  • 人事実務
  • 月刊総務
  • 人事マネジメント
  • 経済界
  • マネジー