キャリア・アンカー

「キャリア・アンカー」とは、MITのエドガー・H.シャイン教授(組織心理学者)が提唱しているキャリア形成の概念です。キャリアにおけるアンカー(錨=不動点)を指しています。

犠牲にすることができない3つの要素(コンピタンス、動機、価値観)が組み合わさり、8種類のカテゴリーが形成されています。どのような職種についても基本的に該当し、ほとんどの社会人は8カテゴリーのいずれかのどれかにあてはまります。

就活学生は自己分析を曖昧なままに行うことが多ですが、キャリア・アンカーを使えば、もっとリアルな自分を見つけられると言われています。

このキーワードに関するサービス情報