新卒採用での内定辞退、また入社直後の退職を減らすためには、どのようなフォローやオンボーディングが必要なのだろうか。本講演では、神戸大学大学院経営学研究科 准教授 服部泰宏氏が匿名アンケート『2021年4月入社予定の内定者の意識調査』及び『2021年4月入社の新入社員の6月意識調査』の結果を紐解き、これからの企業に求められる効果的なフォローと育成方法について解説。HR総研 主任研究員 久木田 亮子がファシリテーターを務めた講演の後半では、服部氏とのトークセッションの中で、より具体的な施策もあがった。

講師

  • 服部

    服部 泰宏 氏

    神戸大学大学院経営学研究科 准教授

    神戸大学大学院経営学研究科准教授。神奈川県生まれ。 国立大学法人滋賀大学専任講師、同准教授、国立大学法人横浜国立大学准教授を経て、 2018年4月より現職。 日本企業における組織と個人の関わりあいや、ビジネスパーソンの学びと知識の普及に 関する研究、人材の採用や評価、育成に関する研究に従事。 2010年に第26回組織学会高宮賞、 2014年に人材育成学会論文賞、2020年に日本労務学会学術賞などを受賞。



  • 久木田

    久木田 亮子

    ProFuture株式会社 HRサポート部 / HR総研 主任研究員

    2009年建設系企業に入社。研究開発および設計職に従事。2015年以降、シンクタンクにて地方創生に関する幅広い分野で調査研究を行う。2019年にHR総研(ProFuture株式会社)主任研究員に着任。人事関連分野に関する幅広い調査・分析を行う。企業動向だけでなく、新卒採用においては就活学生を対象とした調査の設計から分析までも担当する。

内定者・新入社員が抱える不安の「本音」に迫る。匿名調査の結果を紐解き、効果的なフォローや育成法を考える

データで見る2021年内定者・新入社員の本音とは? データ分析結果から企業側に求められる施策を考える

久木田 私どもHR総研は、2021年4月入社予定の内定者と新入社員に対し、2021年3月と6月の2回にわたって意識調査を実施しました。さまざまな企業様にご回答いただきましたが、すべての回答を匿名とした点が今回の調査の特徴です。会社や人事の耳目を気にすることなく、内定者・新入社員が本音を言える心理的安全性を考慮する。そうすることで、より実情を捉えた効果的な内定者フォロー、新入社員育成の施策検討にご活用いただける調査結果が得られたのではないかと考えております。調査全体の監修と分析は、神戸大学大学院の服部准教授にお願いしました。それでは服部先生、調査結果についての解説をよろしくお願いいたします。

服部氏 よろしくお願いします。今回の調査は内定者・新入社員の皆さんが現在どのような状況にあるのかを本音で吐露していただくため、回答者の心理的安全が得られる中で実施いたしました。もちろん特定の企業様における調査結果ではありますが、内定者・新入社員の気持ちを推測し、施策を練るための資料としてご活用ください。

働くことに対する内定者が抱く不安の割合とは

服部氏 まずは、2021年4月に入社を控えた内定者に対して同年3月に行った調査結果を見てみましょう。「働くことに不安があるか?」という質問に対し、1,542件の回答をいただきました。その内訳は、「全く不安でない」が111件、「どちらかと言えば不安でない」が381件、「どちらとも言えない」が430件、「どちらかと言えば不安」が481件、「非常に不安である」が139件となりました。

「どちらかと言えば不安」と「非常に不安である」が合計620件と、約40%の内定者が、これから会社で働くことに対していくらかの不安を抱えていることになります。回答分布は業種によってかなりばらつきがありましたが、「百貨店・ストア」といった小売業、また「不動産」、「フードサービス」など、顧客や同僚と対面する機会の多い業種に不安要素を感じる内定者が多い傾向が見られました。

内定者の内々定獲得時期も調査しました。こちらに関しては、従来の同趣向の調査と結果が大きく異なるものではありません。学部2年あるいはそれ以前〜学部3年3月までに内々定を獲得した「早期内定者」、学部4年4月〜7月に内々定を獲得した「標準的内定者」、学部4年8月〜10月以降に内々定を獲得した「後期内定者」の3つに分けて見てみましょう(図1)。やはり学部4年4月〜6月で獲得のピークを迎えており、「標準的内定者」の割合が多いことが分かります。その後、学部4年7月・8月・9月と減少し、10月に再度増えるという傾向も従来の調査結果と同じです。

図1

内定者・新入社員が抱える不安の「本音」に迫る。匿名調査の結果を紐解き、効果的なフォローや育成法を考える
気になる続きは、下記をダウンロードの上ご覧ください!

  • 1

この記事にリアクションをお願いします!