DXの意味・ニュース・サービス・セミナー・資料請求などの最新情報をご紹介

DXとは

「DX(デジタルトランスフォーメーション)」とは、スウェーデンの大学教授、エリック・ストルターマン氏が2004年に提唱した「デジタル技術が人々の生活を、あらゆる面でより良い方向に変化させる」という考え方を起源とする概念である。

もともと社会・人類全体を俯瞰した幅広いテーマとして生まれた考え方だが、昨今、メディアやビジネスシーンで一般的に用いられる「DX」は、「AIやIoT、ビッグデータなどのデジタル技術を活用し、ビジネスモデルや組織体制を抜本的に改革することで競争優位性の確立や外部環境への適応を目指す」という意味で使われるなど、企業を主体として語られるケースがほとんどだ。

このような企業の取り組み全般に対して使われる「DX」は、エリック・ストルターマン氏が提唱した「広義のDX」に対し、「狭義のDX」、あるいは「ビジネス文脈でのDX」と位置付けられている。企業の人事にとっても、組織や企業文化・風土に関わる「DX」は、重要な人事戦略の一つと言える。