インフルエンサー

「インフルエンサー(influencer)」とは、「影響、感化」を意味するinfluenceを語源とする言葉で、世間に与える影響力が大きい人物を指します。

近年では、ブログやSNSなどインターネットメディアを通じてほかのユーザーへ口コミを広げ、消費者の購買意思決定に大きな影響を与える人を、インフルエンサーと呼ぶ場合が多くなっています。企業がこうしたインフルエンサーを起用して自社の商品やサービスなどを体験させ、ほかのユーザーに紹介してもらうマーケティング手法は、「インフルエンサーマーケティング」と呼ばれ、狙ったターゲット層に訴求したい情報を伝える有効な施策として、注目を集めています。

かつてインフルエンサーと呼ばれてきたのは、人気や発言力の高いタレント、モデル、芸能人、スポーツ選手、政治家、さまざまな分野の専門家といった著名人が中心でした。しかし近年は、ブログやSNSで手軽に発信を行えるようになったことで、アクセス数の多いカリスマブロガーなど、一般人のインフルエンサーが増えています。こうした特定の層に対して強い拡散力を持つ人たちは「マイクロインフルエンサー」と呼ばれ、狭い分野で高い影響力を持つとして、企業から熱い視線を集めるようになってきました。

インフルエンサーの種類には、ブログで日記などを発信するブロガー(Blogger)、YouTubeで動画を発信するユーチューバー(YouTuber)、Instagramで写真を発信するインスタグラマー(Instagramer)のほか、TwitterやFacebookで情報を発信するツイッターユーザー、フェイスブックユーザーがあります。

インフルエンサーという言葉は、ブログサービスが始まり、その利用者が急増したころから頻繁に使われ始めましたが、テキスト主体のブログよりも、特に若い世代を中心に、写真や動画を主体としたインスタグラムやYouTubeに人気が集まっているのが最近の傾向です。