[階層別研修]新入社員研修

【2018年版】経営者・上司・人事が知っておくべき新入社員の特徴と指導ポイント



2018年4月、弊社では1149名の新入社員をお預かりして、新入社員研修を実施しました。

1.今年の新入社員は『水族館のヤドカリ』

特徴1 常に周りを窺い、自分にとって危険なこと、
都合が悪いこと、嫌なことがあると、殻に閉じこもる
・空気を読み、自分を守る
・彼らにとって最大の危険
 『周りから浮くこと』 
 『目立って周りから冷ややかな目で見られること』
・周囲に合わせて行動を柔軟に変える、
 『洞察力』『吸収力』『変化対応力』

特徴2 自分に合わない居場所は、すぐ変えられる
・「みんな違って、みんな良い」という倫理教育
・多様性を肯定できる美点
・キーワード『自分基準』

特徴3 整えられた環境にいながらも、不安を抱える
・不況生まれ、デフレ育ち。物質的な不満はないけど
 漠然と将来が不安。
・テクノロジーの発達と大量情報による変化

2.2018年新入社員の7つの傾向と対策

1)空気を読み、周囲に合わせることができる。
・目立つことのリスク
・日本経済の停滞と失敗のリスク
⇒当たり前の基準を上げる
⇒想像以上に重要な上司の人間性

2)日本語能力大幅低下。常識も変化
・中学レベルの漢字正答率 51.4%
・スマホゲームとYoutuber
⇒日本語能力伸ばす3つの方法
⇒思いのほか効果的な『社内図書館』

3)応用はきかないが、言われたかとはキッチリやる
・答えが“即座に”“無料で”得られる時代

4)打たれ弱い
・叱られ慣れていないため、対処できない
・LINEやSNSによるコミュニケーションの特徴

5)自分の中でOKであれば、OK
・自分なりに頑張って、自分なりにOKならOK
 他人はその多様性を認めるのが常識と教わる
⇒上司の基準の伝え方で、彼らは化ける

6)貢献したい気持ちが強い
・他者が褒められると、同じ行動をとる
・物欲よりも人とのつながりや精神的充足感
・先輩社員のお手伝いさんの危険あり

7)本音を隠すのが上手い
・他者が褒められると、同じ行動をとる
・「〜すべき」でストレスを溜め込む真面目タイプ
・表の顔とウラノカオ

3.意識調査から読み取れること

・上司に期待すること
・一緒に働きたくない上司/先輩のタイプ
・海外で働くことについて
・社会人生活において大切にしたこと、実現したいこと
・会社でどこまで昇進したい?
・就職活動における満足度
・入社の決め手
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

人材育成の体系を見直したい

新入社員の傾向を知ることで、適切な対策と体制が取れるようになります

新入社員の能力を高めたい

先輩社員・上司の目からは分からない新入社員の隠れた能力が知れます

OJT力を高めたい

「叱って伸びる」タイプか、「褒めて伸びる」タイプか、判断しかねる時の一助になります

会社情報

社名 株式会社ジェイック
住所 〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル6F
代表者 佐藤 剛志
資本金 7,700万円(平成25年3月現在)
売上高 非公開
従業員数 180名

「HRプロ」会員募集中!会員登録無料。

MYPAGE(マイページ)機能追加で よりご活用いただきやすくなりました!

新規会員登録(登録無料)

ログイン

今後、このメッセージを表示しない