HR総研:2018年卒就活生に聞いた「優秀な学生が内定を取るイメージの企業」1位電通、2位伊藤忠、3位三菱商事

HR総研では今年3月、「楽天みんなの就職活動日記」と共同で、2018年卒の就活生へアンケート調査を実施した。そのなかで「あなたの志望の有無に関わらず、優秀な学生が内定を取るイメージが最も強い企業を1社お選びください」という質問を投げかけた。全体で約1000人の回答のうち、140人以上が「電通」を選び、第1位となった。

トップから65社までのリストをご紹介しよう。

「電通事件=東大生」により優秀な学生でないと内定がもらえないイメージが定着か

第1位の電通を選択した理由としては、電通事件の影響が濃く見られ、「東大卒の女性が就職という報道があったから」(熊本大学、理系)、「東大卒の人が多いイメージ」(長崎大学、文系)などの理由が挙げられている。

第2位の伊藤忠商事は、2016年3月決算で当期純利益が他の商社を抜いて第1位になったことが、就活生に優秀でないと内定がもらえないイメージになっているようだ。「総合商社のトップであり、高い能力が求められるから」(一橋大学、文系)という声だ。

第3位の三菱商事は財閥系であり、長い歴史をもつ企業であることが「優秀」のイメージになっている。「財閥の中でもトップの地位と商社という高学歴でエリートがよく行きそうな業界だから」(立命館大学、文系)と学生は見ている。

第4位の全日空は、「人気だから」(筑波大学、理系)といった声が多い。知名度、学生への人気により優秀な人が集まるイメージなのだろう。

第5位のトヨタ自動車は「世界にも名が通る超有名企業だから」(三重大学、文系)といった、世界的な有名度合が挙げられている。

第6位は三菱東京UFJ銀行で、「官僚的で、東大志向な雰囲気を感じる」(慶應義塾大学、文系)、「金融は学歴が必要というイメージがあるため」(近畿大学、理系)など、学歴で採用しているイメージがあるようだ。

第7位にはいったのは 博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ。「高学歴しかいない感じがするから」(青山学院大学、文系)、「東大などの有名大学が多いから」(筑波大学、文系)で、電通と同様のイメージだ。

第8位の野村総合研究所(NRI)については、「ホームページの社員紹介を見てそう思うから」(早稲田大学、理系)、「説明会の人数が多かった。バリバリ働く意識高い系じゃないとついていけないイメージ」(東北学院大学、文系)という声で、社員を見て優秀と感じている。

第9位は、東京海上日動火災保険。「インターン行くのにも大変だから。」(熊本大学、文系)、
「選考倍率が高いから」(慶應義塾大学大学院、理系)で、難関ぶりが際立っているようだ。

第10位は、サントリーグループ(サントリーホールディングス・サントリー食品インターナショナル)。「難関だと聞くから。様々な事業展開を行っている他、良い製品が多く、優秀な社員が製作や研究、企画に携わっていると感じるため」(立命館大学、文系)、「応募数に対する内定者数の割合が極端に低いときいたことがあるから。」(明治大学、文系)とあり、企業内容や入社選考での状況が優秀でないと採用されないイメージとなっている。


【「優秀な学生が内定を取るイメージの企業」65社】

【調査概要】

調査主体:HR総研(ProFuture株式会社)
調査協力:楽天「みんなの就職活動日記」
調査対象:2018年卒の大学生・大学院生
調査方法:webアンケート
調査期間:2017年3月21日〜3月29日
有効回答:1,026名(文系:661名,理系:365名)

この先は、会員の方だけがご覧いただけます。会員の方はログインを、会員でない方は無料会員登録をお願いします。

HRプロ会員の方はこちらから

まだ会員でない方はこちらから

登録無料!会員登録された方全員に 「人材育成マニュアル」をプレゼント!

HRプロとは