[雇用管理・賃金]在宅勤務・テレワーク

テレワーク下のコミュニケーションは対話機会の確保と工夫が大切 〜楽天コミュニケーションズ事例〜


テレワーク下のコミュニケーションは対話機会の確保と工夫が大切 〜楽天コミュニケーションズ事例〜
資料種別: お役立ち
ジャンル: [雇用管理・賃金]在宅勤務・テレワーク
容量: 964KB(PDF形式)
提供: アデコ株式会社

コロナ禍に見舞われる前から、テレワーク導入に前向きに取り組み、オンライン会議システムやチャットツールなど、
さまざまなコミュニケーションツールを積極的に活用してきた楽天コミュニケーションズ株式会社。

コロナ禍においては在宅勤務を基本とし、以前から実施していた「1on1ミーティング」などの強化に尽力。
コミュニケーションの質を高める努力を重ねた結果、社員満足度はコロナ禍以前よりも高まっているといいます。

環境変化にいかに円滑に対応してきたのか。
派遣社員も含めた全社的なテレワーク状況下で、コミュニケーションの質をどのように維持してきたのか。
エンプロイー・エクスペリエンス部 部長の中丸博禎氏と、営業本部 パートナービジネス部 マネージャーの野田恵里氏に
話を聞きました。
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

組織を活性化したい

ワークライフバランスを推進したい

自社の生産性を高めたい

会社情報

社名 アデコ株式会社
住所 東京都千代田区霞が関3-7-1 霞が関東急ビル
代表者 川崎 健一郎
資本金 55億6,000万円
売上高 1,805億円
従業員数 34,000名(人財派遣、アウトソーシング等、登録型の就業形態で就業中の方の人数)