<概要>
ビジネス環境は予測困難な時代となり、リーダーの役割は増すばかりです。
MSC/DDIが発表した世界規模のリーダー調査「グローバル・リーダーシップ・フォーキャスト2021」では

企業が抱えるリーダー不足の問題や、過酷な働き方によって疲弊する
リーダーの現状など、深刻な課題が浮き彫りになりました。
そうした状況のなか、企業はどのように課題に向き合い、リーダーに対してどんな支援をすべきなのでしょうか。

今回は、日本におけるGLF調査を主体となって行った
マネジメントサービスセンターのコンサルタント
松榮氏、田上氏、梅村氏にインタビューを実施。

GLF2021のデータから読み取れる課題、企業がとるべき支援策など
リーダー人材の育成を課題に感じる経営者・人事の方々にとって大変参考になる情報をお届けします。

<注目トピックス>
●リーダーに心配される「燃え尽き症候群」解決の鍵は「共感力」にあり
●リーダー職への移行に伴う「3つの揺らぎ」をピンポイントで支援する
●企業が求めるリーダー人材を見極めるために「アセスメント」が有用
●「ありたい姿」と「求められる人材像」が重なり合うところに、能力開発のテーマを置く
●リテンション人材の早期発見に役立つ「Early Identifier🄬」について

インタビューの詳細については、下記よりダウンロードの上ご覧ください!

解決できる課題

人材育成の体系を見直したい

次世代経営者を育成したい

社員のリーダーシップを強化したい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社マネジメントサービスセンター
住所 (本社)
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-4-1 丸の内永楽ビルディング15F
代表者 代表取締役社長 遠山 雅弘
資本金 1億円(MSCグループ)
売上高 非公開
従業員数 正社員 196名(うちコンサルタント71名) 契約コンサルタント:234名 ※2021年4月現在