採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント第81回 学生の志望度が下がる最大のきっかけは?ほか、「2017 年度 新卒採用に関するアンケート調査結果」 | 採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 第7回チャレンジ大賞 応募受付開始!
採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント

第81回 学生の志望度が下がる最大のきっかけは?ほか、「2017 年度 新卒採用に関するアンケート調査結果」

ProFuture代表 HR総研所長 寺澤 康介
2017/12/26

ProFuture代表の寺澤です。
経団連が11月27日に発表した「2017 年度 新卒採用に関するアンケート調査結果」の中に、いくつか興味深い結果がありましたので、まずはそちらを紹介したいと思います。調査時期は2017年7月28日〜8月31日、調査対象は経団連企業会員1339社、回答社数は553社(回答率41.3%)で、昨年の709社(回答率52.9%)からは大きく減っています。

「維持」から「開始時期の規定削除」へ

最も興味深かったのは、中長期的な「指針」のあり方についての結果です。2017年度の調査では、「指針自体は残すが、広報活動や選考活動の開始時期の規定は削除すべき」が42.1%でトップ、次いで「選考開始時期等を含めた現行の指針の内容を維持していくべき」が26.9%、「指針を廃止し、自由な採用活動を認めるべき」が9.0%となっています[図表1]。一方、2016年度の調査結果を見ると、「選考開始時期等を含めた現行の指針の内容を維持していくべき」が27.4%でトップ、次いで「指針自体は残すが、広報・選考活動の開始時期の規定は削除すべき」が22.4%となっています[図表2]
「選考開始時期等を含めた現行の指針の内容を維持していくべき」の割合はそれほど変わっていませんが、「指針自体は残すが、広報活動や選考活動の開始時期の規定は削除すべき」とする企業は2倍近くに増えています。昨年と回答選択肢に変更がありますので、単純に比較することは難しいのですが、昨年の選択肢の中で「開始時期」に踏み込んだ選択肢は他になく、この数字の変化はほぼこのまま受け止めてもよいでしょう。「指針を廃止し、自由な採用活動を認めるべき」とする割合は昨年とそれほど変化はなく、「指針」自体の意義は認めつつも、開始時期の規定には不満を持っている企業が多くなっていることが分かります。
インターンシップの名目で実質的な採用セミナーが広報解禁日である3月1日以前に横行しており、選考開始時期であるはずの6月1日に至ってはさらに守られておらず、大手企業ですら6月1日は実質的には内々定解禁日になってしまっています。「広報活動や選考活動の開始時期」は、あくまでも目安にされているだけで、ほとんど守られていないことを考えれば、昨年の結果よりも今回の結果のほうが企業の本音を反映したものになっているといえます。

経団連会員企業でも採用計画未達企業が増加

もう一つ興味深いのは、採用計画の達成状況の設問で、2018年4月入社対象について「計画に届かない」とする企業が30.7%と、昨年の24.5%に比べて6.2ポイントも増加していることです[図表3]。「計画より多い」は昨年の15.0%から11.6%へ、同じく「計画どおり」は60.0%から56.9%へとそれぞれ減少しています。
「計画より多い」とする企業の中には、優秀な学生が多かったため、採用計画以上の採用数になった企業もあるでしょうが、多くは内定辞退者が出ることを見越して多めの内定を出したものの、内定辞退者が想定よりも少なかった企業です。2018年入社対象で「計画より多い」「計画どおり」が昨年よりも減少しているのは、内定辞退者が想定よりも多かった企業が増えたということでしょう。経団連会員企業は大手企業の割合が極めて高いにも関わらず、今年の採用活動では苦戦した様子がうかがえます。
会員企業の中にも選考開始期日を守らなかった企業が多かったとはいえ、非会員企業のように早期から堂々と選考活動ができたわけではなく、会員であることを不利に感じている企業も少なくないでしょう。それが先に見た「広報活動や選考活動の開始時期の規定は削除すべき」につながっていると考えられます。

プロフィール

ProFuture代表 HR総研所長 寺澤 康介

1986年慶應義塾大学文学部卒業。就職情報会社に入社後、企画制作部長などを経て、2001年文化放送キャリアパートナーズを共同設立。常務取締役などを経て、2007年採用プロドットコム(現社名=HRプロ)を設立、代表取締役社長に就任、現在に至る。約25年間、大企業から中堅・中小企業まで幅広く採用、人事関連のコンサルティングを行ってきた。現在はHRプロ代表とともにHR総合調査研究所所長を兼任し、人事領域全般を対象にした調査、研究を実施している。
HRプロは人事担当者のポータルサイトとして約8千社、1万4千人の会員(2012年3月現在)を持ち、採用、人材育成、人事労務など、人事関連の最新情報を提供している。

<執筆、出演、記事掲載メディア等>
「週刊東洋経済」「東洋経済オンライン」「日経ビジネス」「日経アソシエ」「労政時報」「企業と人材」「人材教育」「人事マネジメント」「企業実務」「NHK(テレビ、ラジオ)」「朝日新聞」「読売新聞」 「日本経済新聞」「産経新聞」「文春」「アエラ」「サンデー毎日」など

※『採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント』は、WEB労政時報に寄稿した原稿を約2週間遅れで転載しておりますので、内容的に時差が生じる場合があります。ご了承ください。
WEB労政時報体験版はこちら

2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中

関連リンク

  • マネジメント、リーダーシップを超える力、「イノベーターシップ」

    第10回 イノベーターシップを実現するライフシフト(3)〜広い実践知を花開かせる40代〜

    この連載では、多摩大学大学院のキーコンセプトである「イノベーターシップ」について述べている。前々回からは「イノベーターシップを実現するためのライフシフト」について考えており、今回は40代での自分づくりだ。人生100年時代において、イノベーターシップを生涯現役として発揮し続けるためには、自分らしいライフシフトを実現し続けなければならない。そのためには、40代をどのように位置づけ、どんな風に過ごしたらいいのだろうか?

  • 人材育成コラム-プロが教えるコツとポイント-

    OJT研修を成功させるための3つの○○で、部下・後輩の成長を促す!

    部下育成・後輩育成に有効とされ、多くの企業が社員教育として取り入れるOJT(On-the-Job Training、オン・ザ・ジョブ・トレーニング)。本コラムでは、OJTにより部下・後輩の成長を促すためのポイントをお伝えします。

  • 特別読み切り

    キャリアコンサルティングのすすめ

    政府は2016年から雇用制度改革・人材力強化のための施策の一つとして、「セルフ・キャリアドック」導入を推進している。セルフ・キャリアドックとは、労働者にキャリアコンサルティング(以下CC)を定期的に提供する仕組みをいう。CCとは、職業能力開発促進法上、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うこと。つまり、人間ドックのように定期的にCCを受けることで自身のキャリアへの認識を深め、今後のキャリア形成の課題やプラン作成などを支援することが狙いだ。 筆者は2016年からこれに関わり、認識を深めてきた。今、時代は70歳定年、75歳年金支給へ突入しそうな雲行きであるが、長くなる個のキャリア形成において、その時々のチャンスやリスクと向かい合う体制づくりが、企業により求められるようになってきている。

  • 大学の就職支援室からみた新卒採用

    第62回 悪貨は良貨を駆逐する

    表題は「グレシャムの法則」の内容を要約した言葉で、もともとの語源は金本位制の金融政策下でイギリスが行なった政策に対してグレシャムが説明に用いた言葉のようです。しかし今、これと全く同様の状況が、地方の採用の現場で起きているような気がしてなりません。端的にいうと、優秀な学生が流出し、そうでない学生は地方に残るという図式になっていると感じずにはいられないのです。 先日、こうした思いをさらに深める出来事がありました。

  • 人材育成コラム-プロが教えるコツとポイント-

    組織で考えるメンタルヘルス対策

    多くの組織がメンタルヘルス対策として、OFF-JTの研修や、専任スタッフによる体制整備などの取り組みを徐々に始めています。従業員個人の問題と捉えられがちなストレス対処方法ですが、組織がサポートすることはできるのでしょうか?

  • 人材育成コラム-プロが教えるコツとポイント-

    英語学習だけでは終わらない「マインド」を鍛えるグローバル人材育成のための社員研修

    グローバル人材にとって大事なことは海外案件に立ち向かえる「マインド」にあります。人材育成で英語力を向上させキャリアプランの幅を広げるために必要な、英語スキルと仕事のノウハウを紹介します。