パフォーマンス・マネジメント 〜ビジネスと働く人の成果を最大化させるために〜

HRサミット2017/HRテクノロジーサミット2017講演録

従来の人事考課においては、一般的に目標管理制度(MBO)を導入し、年次ごとの査定やフィードバックが行われてきました。しかし、最近ではその弊害も指摘され、新たなパフォーマンス・マネジメントを取り入れる企業が増えています。そこで、3年ほど前に制度改革を行い成功させているギャップジャパンとアクセンチュアのケースを、それぞれの責任者の方に紹介していただきました。

講師

  • 志水 静香氏

    志水 静香氏

    元 ギャップジャパン株式会社 Gap人事部 シニアディレクター

    大学卒業後、日系ソフトウェア・サービス会社に入社。入社とともに米国転勤。その後、外資系IT企業を経て、米系自動車メーカーに転職。同社人事部にて職務評価、報酬制度設計などの主要業務を牽引。1999年ギャップジャパンに転じ、採用、研修、報酬管理などをはじめとする人事制度の基盤を確立。非正規社員のアセスメント制度、女性のリーダーシップ開発、WEAR(Working Environment Accelerating Results)、ダイバーシティ&インクルージョンなど先進的な人事施策を次々と導入し、2016年カタリスト受賞に貢献。2013年よりシニアディレクターに着任、Gap本社および店舗部門人事を統括。2013年3月、法政大学大学院 政策創造研究科修士課程修了。優秀論文賞を受賞。現在では大学での人材戦略、キャリア講義の実施、NPOと共同で体験型人材育成プログラム開発などに従事。

  • 武井 章敏氏

    武井 章敏氏

    アクセンチュア株式会社 執行役員 人事部長

    大学卒業後、大手自動車メーカーにて、営業、教育、海外事業を経験後、人事部にて20年振りの人事制度全面改訂に従事。その後、外資系コンピューター、SPA(製造小売業)を経て、2012年4月にアクセンチュア入社。会社組織はその最小単位となる上司と部下の集合体。近年、多くの企業で人不足、世代間ギャップが叫ばれる中、アクセンチュアではThink Globally, Act Locallyの考えの下、人と組織の活性化に取り組んでいる。

  • 須東 朋広氏

    須東 朋広氏

    多摩大学大学院 経営情報学研究科 客員教授

    2003年、最高人事責任者の在り方を研究する日本CHO協会の立ち上げに従事し、事務局長を経て、2011年7月1日より現職。 多摩大学大学院 客員教授、青山大学・専修大学 非常勤講師、HR総研 客員研究員を兼任。2012年より、経済産業省「人を活かす産業」懇談会の委員も務めるなど、様々な委員会で活躍。 著書に『CHO〜最高人事責任者が会社を変える』(東洋経済新報社、2004年共著)、『人事部の新しい時代に向けて』『人事部門の進化;価値の送り手としての人事部門への転換』『キャリア開発とその成果』(産業能率大学紀要、共著)など。学会発表や人材関連雑誌など寄稿多数。

この先は、会員の方だけがご覧いただけます。会員の方はログインを、会員でない方は無料会員登録をお願いします。

HRプロ会員の方はこちらから

まだ会員でない方はこちらから

登録無料!会員登録された方全員に 「人材育成マニュアル」をプレゼント!

HRプロとは

著者プロフィール

HRサミット2017/HRテクノロジーサミット2017 講演録

2017/9/19-9/22開催

HRサミット2017 アフターレポート一一覧はこちら

関連リンク