世代間ギャップを解消!他責思考から自立型社員へ!上司とのコミュニケーションを円滑にする方法とは

各世代のコミュニケーション上の課題を解決し、他責思考から自立型社員へ育成する手法をご紹介します。「若手社員と上司のコミュニケーションがうまく取れていない」などの課題をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

【2020年1月8日 TAC株式会社

各世代のコミュニケーション上の課題を解決し、関係を強化する

少子化、ゆとり教育、売り手市場で就職してきた平成生まれの部下と、第二次ベビーブーム、受験戦争、就職氷河期の中で仕事に就いた昭和生まれの上司の間には、コミュニケーションをとる言語や行動さらには価値観が違います。そのことに気づけず、いくらコミュニケーションをとるように促してもうまくいきません。いくら良い知識やノウハウを与えても職場に戻り活用できなければ意味がありません。活用するためには、部下、上司がお互いのことを理解することから始めないといけないのです。
本セミナーでは、各世代のコミュニケーション上の課題を理解・解決し、強化する方法をご紹介いたします。

【セミナー概要】
どうすれば世代間ギャップは埋まるのか!他責思考から自立型社員へ
『上司とのコミュニケーションを円滑にする具体策』

日時:2020年2月19日(水) 14:00-17:00
場所:TAC八重洲校(https://www.tac-school.co.jp/tacmap/yaesu.html)
費用:無料
講師:吉川 孝之
(講師経歴)
株式会社マナベル 代表取締役社長
厚生労働省主催全国高校生就職ガイダンスで講師としてのキャリアを積み、のちに高校生向けに“学べる”無料新聞を発行。全国の高校に毎号80万部年間5回配布する。
現在は新入社員から管理職を対象にした企業研修、都銀系シンクタンクや全国の商工会議所でのセミナー講師、国立大学の職員教育の講師として年間150日登壇している。

会社概要

会社名TAC株式会社
業務内容(1) 個人教育事業
「資格の学校TAC」及び「Wセミナー」のブランドで、公認会計士・税理士をはじめとして不動産鑑定士・中小企業診断士・社会保険労務士・公務員(国家総合職・一般職・地方上級等)・司法試験・司法書士などの資格試験に対する受験指導を行い、高い合格実績をあげています。
(2) 法人研修事業
企業・自治体・大学・専門学校・会計事務所等に対して社員研修プログラムの実施、企業の自己啓発援助制度に対するサービス提供、教材・会計ソフトの提供を通じてのコンサルティング事業、提携校への教材提供等を実施しています。
(3) 出版事業
(4) 人材事業
URLhttps://www.tac.biz/

お問い合わせ先

TAC株式会社 営業推進部
ヒューマンスキル系研修窓口
E-mail:tac-human@tac-schoo.co.jp

TAC株式会社 その他のリリース

【満員御礼!追加開催決定】『心理的安全性/サイコロジカル・セーフティ』のつくり方 (2019.7.29)
【8/20無料セミナー】やらされ感から働きがいへ!仕事を再創造する「ジョブ・クラフティング」 (2019.7.24)
【7/10(水)無料セミナー】エンゲージメント向上!主体性を引き出し変革をもたらす企業文化の醸成 (2019.6.24)
IT人材育成に役立つ情報処理技術者試験 2019年春本試験分析報告動画セミナー【無料限定公開】 (2019.5.31)
【大阪開催・無料セミナー】今の時代の若手社員の育成方法とは。世代間ギャップマネジメントセミナー開催 (2019.12.24)
【無料セミナー】生産性を向上する新しい目標達成マネジメント手法<OKR・OODA>とは (2019.12.17)
50代・シニア社員活性化プログラム「7values」体験セミナー開催 (2019.11.18)
IT人材育成に活用!『2019秋 情報処理技術者試験 本試験分析動画セミナー』お申込み受付開始 (2019.10.25)
チームの力を発揮!メンバー全員がマネジメント力を身につけるために最適な『Project+』教材刊行! (2018.6.28)
人材採用難時代の人材育成の進め方をご紹介!IT人材育成セミナー2018春開催【参加無料】 (2018.4.11)
『働き方改革実現の鍵となる従業員エンゲージメントを高める人材育成とは?』無料セミナー申込受付を開始 (2018.3.30)
TAC IT教育普及貢献で2年連続『CompTIA Outstanding Leader Award』 を受賞 (2018.12.21)
離職防止対策!!新入社員(中途採用も含む)180日間 自律化プログラム 無料説明会開催 (2018.1.12)
社員教育担当者必見!『マタハラ防止対策eラーニング用教材』販売のお知らせ (2017.12.15)