[階層別研修]経営者・経営幹部研修

【有料セミナー参加者レポート】経営者・経営幹部1,740名が回答した経営課題に関するアンケート



タナベ経営主催「ファーストコールカンパニーフォーラム」に参加された経営者・経営幹部2,659名を対象に、「100年先も一番に選ばれる会社」を目指す上での経営課題等をお聞きしました。
==========
■ファーストコールカンパニーフォーラムとは
100年先も顧客から真っ先に声をかけられる会社。タナベ経営では、そうした会社を「ファーストコールカンパニー(FCC)」と呼びます。
そのような企業を研究し、その成果の集大成として、全国10会場で年に一度開催するのが「FCCフォーラム」です。

今回は、「FCCフォーラム2019」に参加された経営者・経営幹部2,622名を対象に、「100年先も一番に選ばれる会社」を目指す上での経営課題等をお聞きしました。
調査は、2019年6・7月にかけて、全国10カ所の会場にて実施されました。(有効回答数1,740名)

■成長するスタートアップ企業が実践する5つのテーマは次のとおり

1.「ミッション」 貢献をミッションの中心に据える
「あなたが今行っている事業、もしくは今後始めようとしている事業のミッションは何ですか?」という問いに答えられるだろうか。成長するスタートアップ企業には“私たちは何のために存在するのか”を表した明確で大きなミッションが存在する。スタートアップ・スピリッツの取り組みには、貢献を中心に据えた明確ミッション 使命 が必要であり、それを実現する為には、新しいビジネスモデルだけではなく、“新しい価値”を世の中に提供する大きなビジョンが必要である。

2.「カスタマー」 実在の顧客を幸せにすることへ取り組む
インパクトがある成果を出すためには、限定的かつ熱狂的な顧客をつくることから始める。その為に、不特定多数の顧客ではなく、実在する顧客を対象に「実際にこういうことで困っている」というリアルな課題の発見に注力することが重要である。そして顧客からのフィードバックを早く得て、仮説と検証を繰り返しソリューションの質を高めていくことが実在する多くの顧客を幸せにすることに繋がる。初めから多くの顧客を対象にするのではなく、実在する顧客を幸せにするにはどうしたら良いかを具体的に考え、真摯に向き合うことから始めるのである。

3.「テクノロジー」 に共感できる、パートナーと、進化する尖端技術で協働する
など

詳細は、ダウンロードしてご覧ください。
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

次世代経営者を育成したい

社員・組織のイノベーション力を高めたい

部長・役員の能力を高めたい

会社情報

社名 株式会社タナベ経営
住所 〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原3-3-41
代表者 代表取締役社長 若松 孝彦
資本金 17億7,200万円
売上高 87億9千7百万円(2018年3月期)
従業員数 411名(2020年4月1日現在)