外国人労働者の“退職”と年金の手続き|採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 第7回チャレンジ大賞 応募受付開始!

外国人労働者の“退職”と年金の手続き

HRプロ編集部
2018/01/26

現在、外国籍者を雇用する日本企業は多数存在するが、そのような日本企業で勤務する外国籍者は「将来は母国に帰る」という方が少なくない。外国籍者が勤めていた日本企業を退職して母国に帰る際には、企業側は年金の取り扱い上、どのような点に注意をすべきだろうか。

日本で10年働けば、母国で“日本の年金”が受け取れる

日本企業が外国籍者を雇用する場合には、日本国籍者を雇用する場合とは異なる年金制度上の注意ポイントが存在する。外国籍者を“採用”する際の年金上の注意ポイントについては、平成29年11月27日付HRプロニュース『外国人採用と年金の手続き』で解説したところだが、外国籍者の“退職”に際しても、企業側が気をつけたい年金上の注意ポイントがある。

雇用していた外国籍者が退職する場合には、日本で掛けた厚生年金のメリットがどのように享受できるかを、ぜひ確認してほしい。たとえば、日本の年金制度に10年以上加入しているのであれば、母国に帰ってから日本の老齢年金をもらえることをキチンと説明したいものである。

平成29年7月までは、日本の老齢年金は25年以上加入しないと全くもらえなかったが、同年8月からは10年の加入で受け取れるように制度が大幅に変更されている。そのため、従来であれば日本の年金を受け取れるほどの長い期間、日本で働く外国籍者はかなりの少数に限られていただろう。しかし、10年の加入で老齢年金がもらえる現在の制度では、対象となる外国人労働者は少なくない。

たとえば、現在、日本の外国人労働者の約3割を占めるといわれる中国国籍者を雇用した日本企業のケースを考えてみよう。退職して母国の中国へ帰るまでその企業で12年間、厚生年金に加入して勤務をした中国国籍者がいたとする。この場合、日本の年金制度に加入した期間が10年以上あるため、老後は日本の老齢年金を、中国にいながら生涯受け取ることが可能になる。そのため、年金をもらえる年齢になったら忘れずに手続きをするよう、退職時にキチンと伝えてから母国に帰すことが大切である。

また、雇用した外国籍者が「年金の加入期間を通算する社会保障協定」を日本と締結している国の出身者の場合には、日本の年金制度の加入期間が短くても、母国と日本の両国の年金加入期間を足して10年以上あれば、日本の年金をもらうことが可能になる。現在、日本と「社会保障協定」を締結のうえ発効している国は17ヵ国あるが、そのうち14ヵ国は「年金加入期間を通算する協定」を結んでいる(平成29年8月現在)。

たとえば、日本企業がアメリカ国籍者を5年間、雇用したとする。この場合、このアメリカ国籍者は日本の厚生年金の加入期間だけでは日本の年金をもらうための10年という基準年数を満たしていない。しかしながら、日本はアメリカと「年金の加入期間を通算する社会保障協定」を締結しているため、日米両国での年金加入期間が合わせて10年以上あるのであれば、5年間という厚生年金の加入実績に応じた日本の老齢年金をアメリカに帰ってから受け取ることが可能になる。

短期加入の外国籍者には「一時金」が支給される

さらに、上記のいずれでもない場合であっても、日本の年金制度に6ヵ月以上加入した外国籍者であれば、帰国後、日本の年金制度から「脱退一時金」というお金を受け取ることができる。「脱退一時金」とは日本の年金制度に加入したものの、年金受給に結び付くほどの加入実績がない外国籍者に対し、掛けた保険料の一部を払い戻すような制度である。

たとえば、中国国籍者が3年間、日本企業で厚生年金に加入して勤務し、その後、中国に帰ったとする。厚生年金の加入は3年間なので、これだけでは日本の年金制度から老齢年金を受け取ることはできない。また、中国は日本と「社会保障協定」を結んでいないので、母国の年金制度の加入期間と合わせて日本の老齢年金の受給を判断されることもない。しかしながら、6ヵ月以上厚生年金への加入実績があるので、「脱退一時金」の受け取りは可能なのである。

この「脱退一時金」は日本に住所を有しなくなった日から2年以内に手続きをしないと受け取りができない。また、万一、老齢年金をもらえる条件を満たしているにもかかわらず「脱退一時金」の受け取り手続きをすると、老齢年金を受け取る権利は消滅してしまう。その結果、日本で掛けた厚生年金のメリットを十分に享受できなくなるので注意が必要である。

わが国の年金制度は「外国籍者である」という理由で加入を制限していない。また、外国籍者が加入中に掛けた保険料は、半年未満の加入のケースを除き、原則として年金または一時金としてメリットを享受できる仕組みになっている。外国籍者特有の年金制度上の取り扱いも存在するので、よく確認のうえ、外国籍者本人の理解を十分に得ることが大切である。


コンサルティングハウス プライオ
代表 大須賀信敬
(中小企業診断士・特定社会保険労務士)

プロフィール

HRプロ編集部

「採用」「教育・研修」「労務」「人事戦略」など、人事がイマ知りたい情報をご提供します。 押さえておきたい基本知識から、最先端のニュース関連情報、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届け。

2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中

関連リンク

  • こんな上司はいやだ?人が離れる職場のリーダー像

    『放射線治療部長・放射線治療医急募〈緊急募集〉』 地方独立行政法人神奈川県立病院機構のホームページに、大きくこのように掲載されてあった。(現在は削除) 神奈川県立がんセンターの医師が複数、一斉に退職するという報道があり、いわゆる「集団退職」としても話題になっている。県立病院という大きな組織であることに加え、医師という職業が職業なだけに注目を集め、大きなニュースになっているが、こうした集団退職あるいは連続退職といった現象は、その他の企業でも時折みられる現象である。決して対岸の火事ではない。このようなケースが後を絶たないのはなぜなのだろうか。

  • オフィス環境の改善で生産性の向上を!

    仕事空間としてのオフィスの在り方を考えたことはあるだろうか。ある時期から、いわゆる「オープンオフィス」が主流となっていることは、リアルタイムで働いている読者ならおわかりだろう。オープンオフィスとは、「壁や仕切りがなく、多くの社員が1つの部屋の中で机を並べて仕事をするようなオフィス」のことだ。 もちろん、メリットがあるためにそうした環境になっているのだろう。しかし、最近ではこれによる弊害も出ているようだ。 今回は、企業における仕事の変容とオフィス環境のあり方を考えてみよう。

  • 「みなし労働時間制」とは

    日に日に働き方改革の気運が高まり、労働時間についての世間の関心は、ますます高まっていくことが予想される。社員の定着や新規採用のためにも、労働時間の管理は労務管理上の重要課題だが、間違った認識で労働時間管理がされることが少なくない。以下、誤解が多い労働時間制度の一つである「みなし労働制」について解説する。

  • 研修だけでなく採用活動にも広がる、人事におけるVR技術の活用

    エンターテイメント分野を中心に活用が進むVR(Virtual Reality)技術が、人事の現場にも進出しつつある。これまでVRは、危険を伴う職種などにおいて実際の仕事の内容や危険な場面を体験できる研修の場でのみ使われていた。しかし最近は、VRで行える研修が多様化しているだけでなく、VRを使って企業訪問やオフィス見学をできるサービスの提供が始まるなど、採用活動にもVRの技術が取り入れられるようになっている。

  • 禁止から容認、推進へ!副業・兼業に関するガイドライン制定へ

    2017年12月、政府が進める「働き方改革」に関する検討会の報告書が発表された。その中で、柔軟な働き方を可能にするテレワークを適正に実施するためのガイドラインに加え、副業・兼業に関するガイドライン案が示されている。 副業に関する政府の意見が、2016年12月に「原則禁止」から「原則容認」に転換したが、2018年はさらに「推進」の方向へと動いていくようだ。

  • 育児休業法改正 ― 見落とされがちな復職後の話

    2017年1月の大きな改正に引き続き、2017年10月1日付で育児休業法が改正され、最長2歳まで育児休業が可能となった。まだまだ不十分という声もあるが、「一億総活躍社会」「待機児童問題」などが社会的に注目されていることもあって、着々と産休・育休の取得、その後の職場復帰がしやすい環境が整ってきている。