新型コロナウイルスの感染が拡大する以前、研修や講演など企業のセミナーはリアルの場で盛んに行われていた。しかし、感染が拡大し、多くの企業がリアル開催のセミナーを休止や延期せざるを得なくなった。ここで、一気に採用が増えたのが「ウェビナー」や「Webセミナー」、「オンラインセミナー」などと呼ばれるWeb上のセミナーだ。新たな社内研修や講演、セミナーの手法として、注目を集めるオンラインセミナー(ウェビナー)について紹介する。

「オンラインセミナー(ウェビナー)」ってどういうもの?

「オンラインセミナー」とは、Web上でセミナーを視聴者に配信するセミナー形式を意味する。「ウェビナー」や「Webセミナー」とも呼ばれ、自宅やオフィスから参加できるため、3密を防ぐセミナー手法として、導入する企業が増えている。

オンラインセミナーの配信方式は、大きく「リアルタイム配信型(生放送配信)」と「録画配信型」の2つ。リアルタイムの場合は、視聴者のレスポンスを確認しながら進められ、録画の場合は、自分の好きなタイミングでセミナーを視聴することができる。

メリットは「集客のしやすさ」や「コストカット」

オンラインセミナーには、リアルの場で開催されているセミナーにはない特徴があり、主催者側、参加者側でそれぞれいくつかメリットがある。

●主催者側のメリット
・オンラインのため集客しやすい
・オフラインでのセミナー開催よりコストを削減できる
・双方向に情報をやりとりできて信頼関係を築ける


主催者側は、場所や交通費の制約がなくなる分、幅広いターゲットに対してアプローチすることができる。オンラインのため、会場費、準備などのコストがかからず、費用も抑えられる。また、投票やチャット機能を活用することで、参加者とコミュニケーションを取る機会が増え、信頼関係も築きやすい。

●参加者側のメリット
・参加する時間と場所にとらわれない(録画配信型の場合)
・気軽に参加でき、移動の制約を受けない(リアルタイム配信型の場合)
・双方向性が高く、講師に直接質問できる


参加者側は、会議室やイベント会場に足を運ぶ必要がないため、インターネット環境さえ整っていれば、場所や時間に関係なくセミナーを視聴することができる。交通費や移動時間の負担もなく、忙しいビジネスパーソンでも利用しやすい。また、リアルの場にありがちな質問しづらい雰囲気はなく、チャット機能を使うことで気軽に質問でき、内容の理解が深まるメリットもある。

「配信環境や設備の不具合」、「リアクション機会の減少」には要注意

オンラインセミナーには、デメリットもいくつか存在する。参加者と主催者の双方に言えることだが、利用するうえで、「配信環境や設備による不具合」、「リアクション機会の減少」には気をつけないといけない。配信環境や設備に不具合が生じることで、参加者に不信感を与える恐れがある。また、オンラインセミナーの形式によっては、リアルタイムでのリアクションが取れないこともあり、参加者の満足度を下げることがある。

オンラインセミナーは正しく運用することで、リアルの場にはないメリットを生み出すことができる。しかし、オンラインセミナーの仕組みを理解していなかったり、運営の準備が不十分だったりした場合、期待している効果を得ることはできない。そうならないためにも、オンラインセミナーを開催するうえでのポイントを押さえておく必要があるだろう。
この先も新型コロナウイルスと共に生きていく「withコロナ」を前提とした社会に変わるとみられている。そうなると、企業もwithコロナを見据え、テレワークを前提とした働き方や事業活動へのシフトが加速するはずだ。そのような中で、対面による感染リスクがないばかりか、双方向性を活かしてそれ以上の効果を期待できるオンラインセミナーは、ビジネスや人材育成などさまざまな場面で利用が進むはずだ。

【関連リンク】
テレワーク時のコミュニケーションをスムーズにする5つのポイント
  • 1